デニズリ~パムッカレの移動完全ガイド【ミニバス時刻表・荷物預かり所・名物グルメ情報】

デニズリ~パムッカレの移動完全ガイド【ミニバス時刻表・荷物預かり所・名物グルメ情報】

こんにちは!パムッカレで温泉三昧、世界半周中ののぶよ(@taisuke5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

トルコ旅行の三大ハイライトと言えば、イスタンブール、カッパドキア、そしてパムッカレではないでしょうか。

真っ白な石灰岩の崖に神秘的なブルーの温泉水が輝く風景は世界中で有名で、多くの観光客が訪れます。

知名度の割に、個人でのアクセスには少々クセがあるパムッカレ
というのも、トルコ他都市からパムッカレへの主な移動手段である長距離バスは、パムッカレまで乗り入れていないので、ほとんどの場合ミニバスに乗り換える必要があるためです。

今回の記事で解説するのは、イスタンブールやカッパドキアなどトルコの他都市からパムッカレへの詳細なアクセス方法

パムッカレへの玄関口であり、バスの乗り換え場所となるデニズリ(Denizli)のバスターミナル情報(荷物預かり所など)はもちろん、乗り換え時間で食べたいデニズリのご当地グルメも紹介しています。

記事後半では、パムッカレ観光に必要な日数とモデルプランも紹介しているので、プランニングの参考にしてください!

Advertisement

トルコ他都市からパムッカレへの直行バスはない:デニズリでのバス乗り換え情報

先述の通り、トルコ他都市からパムッカレまで直接乗り入れているバスは存在しません

パムッカレはとても小さな村で、大型バスが発着するようなバスターミナル自体存在しないためです。

ほとんどの旅行者にとってパムッカレへのアクセス拠点となるのが、16kmほど南に位置するデニズリ(Denizli)
デニズリには空港もあり、飛行機でパムッカレへとアクセスする場合も必ず経由することになる町です。

パムッカレの玄関口!デニズリのオトガル(バスターミナル)徹底攻略

デニズリは、特にこれといった見どころのない典型的な地方都市といった雰囲気の町ですが、この地方の交通のハブとして大きな役割を持っています。

トルコにしては珍しく、鉄道駅・オトガル(バスターミナル)・中心街が隣接しているので、旅行者にとってはかなり便利です。

他都市からのバスが到着するオトガル(バスターミナル)は巨大かつ近代的。
24時間開いており、敷地内に24時間営業のレストラン(しかも安い)があるので、早朝の到着や深夜のバス待ちなどでも困ることはありません。

明るくて安全な雰囲気でベンチもたくさんあるので、最悪の場合バスターミナルで寝ても問題なさそうです。

他都市から/への長距離バス発着フロア

デニズリのバスターミナルは、地上階と地下階の2階建てとなっており、地上階部分にあるのが他都市から/への長距離バスが発着するフロアです。

トルコ国内の多くの都市を結ぶバスがここを発着するので、デニズリに到着する際は必ずこのフロアに降り立つこととなります。

バス会社のチケットオフィスもこちらのフロアにあるので、パムッカレ観光後のバスチケットを購入しておくことも可能です。

デニズリ〜パムッカレ間のミニバス乗り場があるフロア

↑長距離バスフロアから1階下りてのアクセス

オトガルの地下階部分(長距離バスのフロアの一階下)は、デニズリ近郊の村や町を結ぶドルムシュというミニバスが発着するフロア

パムッカレ行きのミニバスが出るのはこちらのフロアです。

荷物預かり所があるのもこのフロアで、24時間5TL(=¥93)と格安の値段で大きな荷物を置いておくことができます。
24時間開いているので、早朝や深夜の利用でも問題ありません。

パムッカレ観光後には必ずデニズリへと戻ることとなるので、身軽に観光したい場合や日帰りでパムッカレ観光を済ませる場合は利用をおすすめします。

デニズリ〜パムッカレ間ミニバス情報(運行スケジュール・乗り場・料金)

ドルムシュ(ミニバス)フロアの外の駐車場スペースには、たくさんの乗り場があります。
この乗り場は行き先別に決まっており、パムッカレ行きのミニバスは常に76番プラットホームの発着です。

夏場は15〜20分に1本、冬場は30分に1本の運行で、朝6:30~夜23:30の間はずっと走っています。

デニズリ発パムッカレ方面行きのミニバスの最後の2便は1時間に1本の運行(22:30、23:30)なので注意。

大きな荷物がある場合でも、ミニバスの後ろ側には大きなトランクがあるので問題ありません。

デニズリ~パムッカレ間

所要時間:30分
料金:4.5TL(=¥84)

宿泊ホテルのシャトルバスがある可能性も

パムッカレである程度の規模(&価格帯)のホテルに宿泊する場合、ホテル側がデニズリ〜パムッカレ間の無料のシャトルバスを運行している可能性があります。

ホテル予約時にシャトルバスの案内があれば、それを利用しない手はないでしょう。

飛行機でデニズリの空港に到着する場合も、ホテル側のシャトルバスの運行があれば利用することができます。

ミニバスでパムッカレ到着

デニズリから30分ほどで、ミニバスはパムッカレの中心部に到着します。

パムッカレはとても小さな村で、すべての場所が徒歩圏内。
ミニバスが停車する場所から村の全ての場所まで最大で10分ほどです。

実は、このミニバスはパムッカレ終点ではなく、8kmほど北にあるカラハユット(Karahayıt)という村まで行って、デニズリ方面へと折り返します。

↑鉄分豊富な温泉が作り出した岩がシンボルのカラハユット村。

温泉保養地であるカラハユットに宿泊する場合は、パムッカレで降りず、さらに10分ほどバスに乗ることとなります。

Advertisement

乗り換えの町って言わないで!デニズリの名物グルメ

何度も書いたように、パムッカレへアクセスするには必ず通ることとなるデニズリの町。

特に何も見どころはない町ですが、この町に足を踏み入れるなら絶対に忘れてはいけない名物グルメがあることは、あまり知られていません。

それが、デニズリ・ケバブ(Denizli Kebabı)
トルコ広しと言えども、デニズリでしか食べることのできないご当地グルメです。

トルコでは「ケバブ=肉を焼いたもの」。
イスラム教なので豚肉はご法度ですが、鶏肉や牛肉、羊肉など地域やお店によっていろいろな種類のケバブがあります。

デニズリ・ケバブの特徴は、羊肉を用いること
しかも、ドネル・ケバブのように固められた肉を削ったり、キョフテのようにひき肉を丸めたりといった生易しい料理ではありません。

羊丸ごと一頭を解体し、そのまま専用の窯で焼きあげるという何とも豪快な(少々野蛮な)料理なんです。

デニズリの中心街には、このデニズリ・ケバブを出すお店が数軒あるものの、多くは昼のみの営業。
パムッカレ観光後にデニズリに到着しても開いていないことが多いです。

そんな中で、オトガル(バスターミナル)から徒歩3分の立地で夜11時まで営業しているお店を見つけました。

それが“Meşhur Denizli Kebapçısı”

愛想の良いおじさん家族が経営している小さなお店です。

このお店のすごいところは、デニズリ・ケバブしかない点
そんなんで儲かるのか不思議になりますが、地元の人が入れ替わりにやってきて繁盛しているようです。

デニズリ・ケバブ(35TL=¥658)を注文してしばらくすると、店の入口の窯付近から「ドンッ、ドンッ」ともの凄い音が聞こえます。

これは、窯で焼きあげた羊を、大きな包丁で骨ごと叩き切っている音。
その後、骨をとった状態で提供されます。

デニズリ・ケバブのもう一つの特徴は、数種類のスパイスをお好みでかけて食べること。
「お好みで」というか、もはや強制みたいなもので、店の息子が「いいからかけろ!あ、この唐辛子もね。」と色々出してくれた手前、拒否するわけにはいきません(笑)

肉の油が染み込んだ薄いパン(少なくなると次から次へと追加される。わんこパン)に、肉を挟んで食べるのが正しい食べ方だそうで、付け合わせのトマトや玉ねぎを挟むのは邪道だそう。(息子曰く)

野菜はあくまでも肉の味を堪能してからのお口直しといった扱いのようです。

数種類のスパイスが効いた羊肉はとにかく柔らかくて絶品。
臭みは全くなく、とろけるような味わいです。

そうして食事を楽しんでいると、別のおじさんが何やら大きな袋を運んできました。

なんとこちら、羊丸ごと一頭。
おそらく翌日に窯で焼かれる分でしょう。

色々と衝撃的なデニズリ・ケバブ。
満腹になってくつろいでいると、息子が何も言わずチャイ(紅茶)とデザートを運んできます。

「頼んでないよ」と言うと、「サービス」とのこと。
羊丸ごと一頭を見て衝撃を受けているアジア人が面白かったのでしょうか(笑)

名物のデニズリ・ケバブの味はもちろんのこと、経営している家族の温かさにもなんだかほっとさせられるデニズリの小さなレストラン。

バスターミナルからもすぐ近くで比較的遅い時間まで営業しているので、パムッカレ観光後の乗り換え待ちでの利用にはとてもおすすめです。

インフォメーション

“Meşhur Denizli Kebapçısı”

住所:Topraklık, Halk Cd. No:21, 20150 Pamukkale/Denizli
営業時間:全日9:00~23:00

Advertisement

バスの到着時間別・パムッカレ観光の所要時間&モデルルート

パムッカレの村自体には特に見どころはなく、観光の目玉となる石灰岩の丘と古代遺跡のヒエラポリスは隣接していて、チケットも共通券です。

遺跡を隅々まで見てまわったり、古代遺跡の上に湧いた温泉につかったりとゆっくり過ごしても半日もあれば十分に満喫できるパムッカレ観光

旅のスタイルと日程にもよりますが、「夜行バスで朝到着→観光→夜行バスで別の町へ」というスケジュールも全く無謀ではありません。

ここでは、

・パムッカレを日帰りで観光する場合(早朝着)
・パムッカレを日帰りで観光する場合(昼着)
・パムッカレに宿泊する場合

の三つの観光モデルルートを解説します。

パムッカレへのバスは夜行?昼行?出発地によって変わる滞在時間

かなり広い国土を持つトルコ。
有名な観光スポット同士の距離はかなり離れており、飛行機か夜行バスで移動することとなる場合がほとんどです。

以下は、トルコの主な都市や観光地からデニズリまでの距離とバスでの所要時間です。

イスタンブール:580km/10~12時間
カッパドキア:620km/10時間
アンタルヤ:250km/3時間半
イズミル:250km/3時間
セルチュク(エフェソス遺跡):200km/3時間半

イスタンブールやカッパドキアなど所要時間が長めの場所~パムッカレ間のアクセスは、時間節約のためにも夜行バス(もしくは飛行機)が便利です。

反対に、アンタルヤ、イズミル、エフェソス遺跡など所要時間が3~4時間ほどの場所~パムッカレ間のアクセスは、昼間のバスか鉄道を利用することとなるでしょう。

夜行バスで朝到着・パムッカレを日帰りで観光する場合

イスタンブールカッパドキアなど距離がある場所から、夜行バスでデニズリに到着後にパムッカレを観光。
同日の夜のバスで別の町へ(もしくは夕方のバスで所要時間3時間ほどの町へ)発つ場合のモデルプランがこちらです。

パムッカレに丸一日とっても時間を持て余してしまうので、近郊のカラハユット村とセットで観光することをおすすめします。

【早朝】
デニズリに到着。
ミニバスに乗り換えてカラハユット村へ

【朝】
カラハユット村観光、朝食。
(所要時間:1~2時間)

【午後】
パムッカレへ移動して昼食。

パムッカレ&ヒエラポリス観光
(所要時間:2~5時間)

【夕方~夜】

デニズリへ戻る。
バスで他都市へ

パムッカレの白い石灰岩と温泉がたまったプールが最も美しく輝くのが夕方の時間

あまり早めに入場してしまっても時間を持て余してしまう(パムッカレは再入場不可)ので、夕日の時間を計算して午後少し遅めにパムッカレ観光をスタートするのがポイントです。

パムッカレ観光後に夜行バスで他都市へ移動する場合は、少し早めにデニズリの町まで行って散策するのもいいかもしれません。
デニズリは特になにもない地方都市ですが、観光地とは別の「普通のトルコ」の雰囲気にあふれています。

↑デニズリは安定のトルコ感漂う町

先述のデニズリ名物グルメを味わってから旅立つのをお忘れなく!

夕方のバスで近場の他都市(イズミル、アンタルヤ、エフェソス遺跡など)へ移動する場合は、残念ながら夕日は諦めることになります。
どうしても夕日に染まるパムッカレの石灰岩が見たいなら、一泊するのもアリだと思います。

昼にパムッカレ到着・日帰りで観光する場合

イズミル、セルチュク(エフェソス遺跡)、アンタルヤなど、所要時間3~4時間の場所からパムッカレへとアクセスする場合、夜行バスの利用はなかなか難しいものがあります。

ほとんどの場合は午前中~昼頃にパムッカレ入りすることになるでしょう。

また、イスタンブールやカッパドキアなどから飛行機でアクセスする場合にも同じことが言えます。

昼から観光を開始する場合でも、カラハユット村とパムッカレの両方を観光することは十分可能です。
(夜行バスで早朝着に比べて若干忙しくはなりますが。)

その場合は、夕日の時間に合わせるため、先にカラハユット村までアクセス&観光し、パムッカレ観光
を午後の時間に回すのがポイントです。

【昼】

デニズリを経由してカラハユット村到着、昼食。
(所要時間:1~2時間)

【午後】
パムッカレへ移動、パムッカレ&ヒエラポリス観光
(所要時間:2~5時間)

【夕方~夜】
デニズリへ戻り、バスで他都市へ

もし同日の夕方発のバスや飛行機で他都市へと移動する場合は、カラハユット村まで観光するとかなり忙しくなってしまいます。
その場合は、パムッカレ&ヒエラポリスに絞るのがおすすめです。

パムッカレに宿泊する場合

夜行バスで到着したその日に夜行バスで移動するという荒業を避けたいなら、パムッカレに宿泊するのも一つの手です。

※パムッカレの宿情報は後述しています。

パムッカレはとにかく小さな村であるものの、観光客向けのレストランや商店はいくつもあるため、食事に困ることはありません。

パムッカレに宿泊する場合は、1日目(到着日)に観光は一通り済んでしまうので、二日目はかなり暇になります。

二日目の夜の夜行バスで他の町へ移動するのは、とにかく時間が有り余ってしまうため、午後~夕方に所要時間2~3時間程度の近場の町へと移動するのがおすすめです。

パムッカレから2~3時間でアクセスできる町

・エイルディル(デニズリから3時間)

のぶよイチ押しのエイルディル(Eğirdir)は、エイルディル湖の湖畔に位置する小さな町。

湖沿いの風光明媚な風景や、特徴的な地形が織りなす絶景はもちろんのこと。
とにかくスローで、観光地感とはかけ離れた本来のトルコの田舎町の雰囲気が一番の魅力です。

・イズミル(デニズリから3時間)

トルコ第三の都市であるイズミル(İzmir)は、港町らしい活気にあふれた美しい町。

ビーチリゾートも近く、エフェソス遺跡やベルガモ遺跡へのアクセスの拠点としてもとても便利です。

・セルチュク(デニズリから3時間半)

トルコ観光で多くの人が訪れるエフェソス遺跡の最寄りの町がセルチュク(Selçuk)

エフェソス遺跡観光の拠点として便利なのはもちろんのこと、「トルコのリビエラ」と呼ばれる南東部の海沿いの地域へのアクセスにも便利です。

・アンタルヤ(デニズリから3時間半)

年間晴天日数300日という驚異の気候の良さを誇るアンタルヤ(Antalya)は、地中海沿いの雰囲気色濃い開放的な町。

周辺には多くの遺跡が点在し、トルコで最も美しいと言われる地中海沿いのトレッキングコース、「リュキアの道」観光の拠点としても使える町です。

パムッカレの現地ツアー&アクティビティ


パムッカレは個人でのアクセスも簡単ですが、交通手段について考える手間を省くなら現地ツアー参加も一つの手です。

イスタンブールから飛行機で往復する日帰りプランから、カッパドキアやエフェソス遺跡とセットで訪れる数日間のプランまで選択肢は様々です。


イスタンブールから日帰りで!世界遺産パムッカレ遺跡と石灰棚 1日ツアー<国内航空券込/日本語or英語/昼食付/イスタンブール発>
icon

パムッカレの日本語現地ツアーを探す!

パムッカレの全ての現地ツアーを探す!

パムッカレの宿情報

パムッカレに宿泊してみようという物好きな旅行者は、一体どれくらいいるのでしょうか(笑)

ほとんどの観光客が日帰りでパムッカレとヒエラポリスだけを見てさっさと帰ってしまうため、数日間滞在が基本となるカッパドキアに比べると、パムッカレの村は観光地ながらもどこかのんびり。
のぶよは嫌いではありませんでした。

しかしながら、村に1軒あるドミトリー付きのホステルのクオリティーは微妙

隣のカラハユット村に行けば、数百円多く払うだけで、温泉付きのプライベートルームに宿泊できることを考えると、あまり満足のいくものではありませんでした。

「どうしてもパムッカレ村に宿泊したい!」という人(居るのかわかりませんが)のために、一応紹介しておきます。

Kale Hotel

料金:52TL(=¥978)
部屋:10ベッドドミトリー

この宿を料金確認・予約する (Booking.com)

この宿を料金確認・予約する (Agoda)

・立地:10/10

パムッカレ中心部に位置し、ミニバスが到着する場所から徒歩1分の好立地の宿。

パムッカレの石灰棚入口までも徒歩3分ほどです。

・アクセス:10/10

夜12時まで入口のドアは開いているので、問題なくチェックインできます。

オーナー家族の住まいが併設している(ホステルの受付部分とつながっている)のは大きなメリットです。

・スタッフ:5/10

愛想は全く良くなく、事務的な感じでした。
観光案内なども全くなく、ただお金のためにやっているような印象です。

・清潔さ:3/10

建物が古いのと、掃除が全くちゃんとされていないこともあり、とにかく清潔とは程遠い状態でした。

オフシーズンであまり人が来ないためか、前の日に他の人が使ったベッドがそのままになっている状態。

シャワー兼トイレもかなり汚く、全くメンテナンスされていません。

・設備:4/10

何もありません。
部屋にはエアコンがあるものの、それだけ。

電源コンセントの数も少なく、ハイシーズンにはきっと大変なことになりそうです。

1階部分は営業しているかどうかわからないような場末感漂うレストランになっており、そこが共用エリアとしての役割も果たしています。

最上階のテラスに至っては、全く掃除がされていない物置状態。
確実にやる気がありません。

wi-fi:9/10

wi-fiは特に問題なく使用できました。

部屋、共用エリアともにかなりのスピードです。

・雰囲気:3/10

先述の通り、もはややる気がないことがひしひしと伝わってくるのが残念過ぎる宿です。

ホステルというよりも、ドミトリーがある場末のホテルといった表現が正しいような雰囲気。

おそらく家族経営だと思いますが、アットホームさとは程遠い雰囲気でした。

総合:6.2/10

どうしてもパムッカレ村に、出費を抑えて滞在したい!という人にはアリかもしれませんが、基本的に全くおすすめしません。

「カレ・ホテル」の名前の通り、「枯れ」てしまっています(笑)
何だか気分まで落ち込むようなネガティブな雰囲気漂う宿でした。

繰り返しますが、あと数百円多く払ってでも、カラハユット村の温泉付きプライベートルームに宿泊することを強くおすすめします。

この宿を料金確認・予約する (Booking.com)

パムッカレの宿をすべて見る (Booking.com)

この宿を料金確認・予約する (Agoda)

パムッカレの宿をすべて見る (Agoda)

トルコ国内からBooking.comを利用しての検索・予約はできません。

トルコ政府によるインターネット規制によるものですが、旅行者にとってはかなり不便。

・Booking.com利用の場合はトルコ国外からあらかじめ予約しておく
・他の宿泊予約サイト(Agoda等)を利用する

などして、対応しましょう。

【詳細はこちらの記事で解説しています】

おわりに

「ローカルなミニバスへの乗り換えが必要」と聞くと、なんだか難しそうな気がしてしまうパムッカレへのアクセス。

実際はこれ以上に簡単なことはなく、1本逃してもすぐに次のミニバスが来る(しかも朝早くから夜遅くまで)ので、何の計画もしていなくても問題なくアクセスできます。

日帰りであっても十分に満喫できるパムッカレ観光ですが、近郊のカラハユット村の温泉付きの宿でのんびりしたり、最強の日本食レストランに入り浸ったりと、観光以外の部分でもなかなか楽しめた場所でした。

長距離移動が続くトルコの旅。
なんだかほっとするパムッカレ周辺の村でちょっと体と心を休めていくのもいいかもしれません。

パムッカレの宿泊先予約はAgodaがおすすめ!

ネット規制の影響で、Booking.comでの予約ができないトルコ。代わりの宿泊予約サイトではAgodaがおすすめです。

期間限定セールを利用すればかなりお得な料金で宿泊できるのもポイント。チャンスを逃さないで!

パムッカレの全てのホテルから検索&予約する!

おすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article