旧市街、グルメ、海!トルコ・アンタルヤ観光の7つの楽しみ方【市内交通・宿情報】

旧市街、グルメ、海!トルコ・アンタルヤ観光の7つの楽しみ方【市内交通・宿情報】

こんにちは!10日間滞在したカッパドキアをようやく後にした、世界半周中ののぶよ(@taisuke5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

トルコ南部、地中海に面するアンタルヤ(Antalya)は、その温暖な気候からバカンス客に人気の町。

なんとアンタルヤの晴天日数は、年間300日以上
一年中さんさんと降り注ぐ太陽の光は多くの人を魅了します。

ヨーロッパから多くのバカンス客が訪れるためか、トルコの中でもかなりヨーロッパの雰囲気が強いアンタルヤ。

町を歩く女性は髪を隠している人は稀で、言われなければギリシャの地方都市と間違えてしまうような開放的な雰囲気が特徴的です。

今回の記事では、まだまだ日本人が少ないトルコ観光の穴場・アンタルヤの観光スポットを、「アンタルヤの7つの楽しみ方」というテーマで紹介していきます。

少々厄介なアンタルヤの市内交通システムや宿情報も解説しているので、アンタルヤ滞在の参加にしてください。

Advertisement

アンタルヤの7つの楽しみ方&観光スポット

灰色:オトガル(バスターミナル)
黄色:トラム停留所
オレンジ:デューデンの滝行きKL08番バス停
青:観光スポット
緑:絶景ポイント
赤:おすすめレストラン
紫:ホテル

1.まずは旧市街(カレイチ)を散策

アンタルヤの観光スポットのほとんどが、カレイチ(Kaleiçi)と呼ばれる旧市街に位置しています。

カレイチとは、トルコ語で「城壁の中」という意味。
その名の通り、アンタルヤ旧市街は素晴らしい保存状態の城壁に囲まれています。

カレイチにはオスマン帝国時代の家々が建ち並び、その多くはリノベーションされておしゃれなレストランやブティックホテルとなっています。

カレ・カプス(旧市街入口)

アンタルヤ新市街から旧市街への入口部分にあたるのが、カレ・カプス(Kale Kapısı)と呼ばれる広場。

かつては城塞内に入るための門があった場所で、現在残るのは石造りの時計台のみとなっています。

イヴリ・ミナレ

アンタルヤのシンボルとなっているイヴリ・ミナレ(Yivli Minare)は、同じ名前のモスクのミナレット(尖塔)のこと。

13世紀のセルジューク朝時代に建設されたもので、当時の建築様式の特徴であるレンガ造りとなっています。

イヴリ・ミナレの下にあるイヴリ・ミナレ・モスクは、セルジューク朝時代の墓やセマー儀式(回転の舞)参加者の宿舎、ハマムなどが併設された複合施設のようになっています。

↑イヴリ・ミナレ・モスクは石造りの天井が印象的

ハドリアヌス帝の門

のぶよ的にアンタルヤ旧市街で最も素晴らしいと思ったのが、カレイチ東側の入口となるハドリアヌス帝の門(Hadrian Kale Kapısı)

城壁の塔の間に作られた三つのアーチを持つ美しい門が建設されたのは、ローマ帝国時代の130年のこと。

当時のローマ皇帝・ハドリアヌス帝がアンタルヤを訪問した際にこの門から入場したため、この名がつきました。

その建築の素晴らしさは素人目でもすぐに分かるほど。
まるでこの門の周りだけ1900年前から時が止まっているような、不思議な感覚になりました。

オスマン帝国調の可愛らしい町並みを散策

カレイチで是非のんびりと楽しみたいのが、オスマン帝国時代に作られた家々が連なる路地を散策すること。

ヘサプチ通り(Hesapçi Sk.)をメインストリートとして縦横無尽に走る狭い路地には、二階部分が出っ張った造りの典型的なオスマン帝国風の家々が並びます。

その多くは改装されており、観光客向けのバーやレストラン、ホテルなどになっています。

アンタルヤの旧市街の特徴は、ただ昔のままのオスマン帝国調の町並みが残っているだけではなくて、南欧風のポップでカラフルなエッセンスが感じられる点。

どこのお店も可愛らしくデコレーションされており、伝統とモダンが見事に融合しています。

可愛い雑貨を売る店や、伝統的な民家を改築したおしゃれなカフェなどが点在しているカレイチ。
是非のんびりと時間をかけて散策を楽しみましょう。

2.ローマ時代の港と絶景を堪能する

カレイチの散策を満喫したら、西側にあるマリーナへと足を伸ばしましょう。

紀元前2世紀のローマ帝国時代に整備されたもので、現在では観光用のボートツアー発着場として利用されています。

ここからアンタルヤ郊外のデューデンの滝まで船で行くボートトリップを利用できますが、正直、デューデンの滝へは自力で行けます。もちろん格安で。

行き方は後述しているので、わざわざ高いお金を払って滝を見に行くのもなあ…という人はそちらをご参考にしてください。

マリーナはカレイチの城壁の外側にあり、アンタルヤで最も低い場所に位置しています。
多くのボートが停泊するマリーナ周辺は、照り付ける太陽に潮風がとても心地よく、いつまでものんびりと美しい風景を眺めていたくなります。

また、マリーナ周辺にはカレイチの全体が眺められる絶景ポイントが点在しているのも見逃せません。

マリーナ南側の絶景ポイント

マリーナ南側の階段を登りきった先にあるのが、マリーナ全体とアンタルヤ湾を望める絶景ポイント

どこまでも青く澄んだ海の色がとても印象的で、まるでギリシャの島に来てしまったような気分になりました。

共和国広場

マリーナ北側の階段を登り、カレイチの北側の入口であるカレ・カプス(時計台がある広場)を目指して歩くと、アンタルヤ旧市街全体の絶景を望める場所が。

ここが共和国広場(Cumhuriyet Meydanı)と呼ばれる場所で、トルコ共和国建国の父・アタテュルク像が中央に堂々と立っています。

マリーナと地中海の絶景だけでなく、城壁に囲まれたカレイチ全体を望める独立広場。

アンタルヤのシンボルであるイヴリ・ミナレを中心に広がる赤い屋根の家々と青く輝く地中海の風景は、トルコというよりも南欧のような雰囲気です。

3.格別の夕日に感動する

アンタルヤで絶対に見逃せないのが、とにかく美しい夕暮れの風景

最もポピュラーな夕日スポットは、カレイチの南端にあるフドゥルルック塔(Hıdırlık Kulesi)付近です。

フドゥルルック塔付近は崖になっていて、下に下りられる階段が整備されています。

アンタルヤ湾の向こうにそびえる山々に沈んでいく夕日が作り出す風景は、まるで水墨画の世界のよう。

近くの商店でビールでも買って、ゆっくりと眺めるのがおすすめです。

夕日を満喫したら、徐々に明かりが灯っていくカレイチの町並みを散策しながら帰路につきましょう。

昼間見るのとはまた異なった静かな雰囲気の町並み。
アンタルヤは治安も良いので、暗くなってからの一人歩きでも全く問題ありません。

先に絶景ポイントとして紹介した共和国広場からの風景も素晴らしく、徐々に闇に染まっていく旧市街の風景はとてもロマンティックです。

独立広場周辺には、旧市街と海が望める抜群のロケーションのテラスを持つカフェが数軒あり、どこもチャイ(紅茶)が1.5TL(=¥28)とリーズナブル。

素晴らしい夕日の風景を望みながら、休憩していくのもおすすめです。

4.アンタルヤの名物グルメを味わう

広大な国土を持つトルコでは、日本と同様に、地域によって異なる食文化が見られます。
トルコ旅行でいろいろな町をめぐるなら、その土地のグルメを味わってみたいという人も多いのでは。

ここアンタルヤにも、ご当地グルメのようなものが存在します。

それは、ピヤス(Piyaz)

ピヤス自体はトルコのどこでも前菜(メゼ)として食べられる、豆や玉ねぎなどをマリネしたサラダのことを指すのですが、ここアンタルヤのピヤスは全くの別物です

もはやサラダというよりスープのような見た目のピヤス。
具材自体は通常のピヤスにゆで卵のスライスが加わったくらいですが、白濁色のスープが堂々の主体となっています。

地中海沿岸らしく、オリーブオイルがたっぷりかけられ、レモンを絞っていただくのもアンタルヤ風ピヤスの特徴です。

味はとてもさっぱりしており、白濁色のスープは、おそらく白いんげん豆を煮込んだ際の煮汁にゴマ油で味付けしたものだと思います。

Twitterでいただいた情報によると、アンタルヤのピヤスの白濁職のスープは

・ターヒン(ゴマのペースト)
・ブドウ酢orリンゴ酢
・レモン汁・塩・水

で味付けしたものだそうです。

ごま油ではなくゴマのペーストだったんですね。
情報ありがとうございました!

クリーミーでさわやかな風味のスープは、何となくギリシャ料理を思い起させるような味わいでした。
夏はかなりの暑さであるアンタルヤで、さっぱりした口当たりで栄養補給ができるように考え出されたのかもしれません。

トルコの他地域では前菜の扱いであるピヤスですが、アンタルヤでは堂々のメインディッシュの扱いで、必ずパンがついてくるのも面白い点です。

アンタルヤの食堂の看板で”Piyaz”と書かれているのを見かけたら、まず確実に置いてあるこの一風変わったメニュー。

のぶよがいただいたのは、こちらの”BOĞA KÖFTE PİYAZ ÇORBA“というお店。
店名にちゃんと”Piyaz”が入っています。

ピヤス(12TL=¥226)も美味しかったのですが、別の日に再訪した際に食べたキョフテ(12.5TL=¥236)もかなりの絶品でした

また、前菜として無料で出される冷やしトマトのドレッシングが最強の美味しさでした。(細かいけど結構嬉しかった)

裏道にあるせいかあまりお客さんが入っておらず、おじさんたちが暇そうにしているので、アンタルヤに滞在する際は是非行ってあげてください(笑)

インフォメーション

BOĞA KÖFTE PİYAZ ÇORBA

住所:Kızılsaray, 76. Sk. No:20, 07040 Muratpaşa/Antalya
営業時間:全日7:00~22:30

※おじさんの気分で早く閉まることあり

5.地中海に流れ落ちるデューデンの滝に圧倒される

アンタルヤの魅力は旧市街だけに留まりません。

アンタルヤ郊外にあるデューデンの滝(Düden Kıyı Şelalesi)は、崖の上から地中海に直接流れ落ちる迫力満点な姿が人気の観光スポット。

デューデンの滝周辺は公園として整備されており、風光明媚な地中海の絶景が広がります。

この地域はララ・ビーチというヨーロッパのバカンス客に人気のビーチリゾートがあり、夏場はかなり多くの人で賑わうそうですが、オフシーズンはとにかく静か。

流れ落ちる滝の音だけが辺りに響き渡っていました。

デューデンの滝への行き方

アンタルヤ中心街からデューデンの滝までは、路線バスを利用してのアクセス。

ノスタルジック・トラムのユチ・カプラル停留所(Üç Kapılar)の南100mほど、LUNA Gardenというレストラン前にあるバス停から、KL08番のバスに乗ります。

↑KL08番の停留所

KL08番バスは10分に1本走っており、デューデンの滝までは30分ほどです。

アンタルヤの路面電車・バスの利用には、チャージ式交通カードのアンタルヤカードの購入が必要です。

詳細は「アンタルヤの市内交通」の項で後述しています。

6.レトロなトラムに乗って絶景ビーチを訪れる

アンタルヤと言えば地中海、地中海と言えばターコイズ色の美しいビーチ。

アンタルヤ中心街からノスタルジック・トラムに乗って、終点のアンタルヤ考古学博物館前で降りた先に広がるのは、数kmに渡って続くビーチの絶景です。

水は驚くほどに透明で温かく、のぶよが訪れた12月でも普通に泳いでいる人がいました。(多分ロシア人)

夏場はリゾート客で埋め尽くされるのでしょうが、冬はとにかく静かなアンタルヤのビーチ。

12月でも日が差していると暑いくらいなので、オフシーズンでも行ってみる価値はあると思います。

ビーチ近くにあるアンタルヤ考古学博物館は、トルコ国内でもかなり高く評価されている場所。

アンタルヤ地域はもちろん、トルコ国内の古代文明に関する展示が充実しているので、興味のある人は是非訪れてみましょう。

ガタゴトと海を望みながら走るレトロなトラムの旅も楽しいもの。
晴れた日の午後数時間を過ごすには最高のプランです。

↑風情があるトラム車内

7.近郊の三大遺跡めぐり

アンタルヤを訪れる多くの人が、近郊に位置する古代遺跡へと足をのばすのではないでしょうか。

アンタルヤ近郊でポピュラーなのが、以下の三つです。

・ペルゲ遺跡
・アスペンドス遺跡
・テルメソス遺跡

三大遺跡とも呼ばれるこれらの遺跡は、それぞれ歴史的背景や建造した民族が異なるものの、いずれもローマ時代以前のもの。

テルメソス以外の二つに関しては、個人で公共交通手段を利用して訪れることが可能です。

テルメソス遺跡も含めて1日で全てをまわりたい場合は、アンタルヤ発の現地ツアー参加が最も現実的な方法。

アンタルヤの東に位置する古代遺跡の港町・シデ(Side)に訪れるものも多く、意外とリーズナブルなのも嬉しい点です。

アンタルヤ発の現地ツアー&アクティビティ


アンタルヤ周辺には、個人でのアクセスにやや難ありな古代遺跡が点在しています。
効率良く観光するなら、アンタルヤからの現地ツアーの参加が最も手っ取り早い手段。料金もリーズナブルなので、滞在日数に限りがある場合には考えてみてはいかがでしょうか。

アンタルヤ発の全ての現地ツアーを探す!

アンタルヤの市内交通

アンタルヤ市内の移動手段は、二路線ある路面電車か路線バスとなります。

オトガル(バスステーション)~中心部の移動や、近郊にあるペルゲ遺跡、アンタルヤ空港への移動に便利なのがアンタライ(Antaray)と呼ばれる新しくできたトラム路線。

もう一つのトラム路線であるノスタルジック・トラムは、アンタルヤ中心街~アンタルヤ考古学博物館の間を海岸沿いに走ります。

旅行者の敵?アンタルヤカード

アンタルヤの市内移動時に覚えておきたいのが、現金を使用して一回券などを購入することができないこと。

路面電車・路線バスのいずれも、アンタルヤカードと呼ばれるチャージ式の交通カードのみの対応となっています。

すでにイスタンブールを訪れた人は、イスタンブールカードと同じシステムと考えれば分かりやすいでしょう。

アンタルヤカードの料金体系は以下の通りです。

カード自体の代金:7.5TL(=¥142)
運賃:3.2TL(=¥60)

そう、アンタルヤカードはカード料金も運賃もなぜかイスタンブールカード(カード6TL、運賃2.6TL)よりも高いのです。

一回券の半額ほどの運賃となり、地下鉄や路面電車はもちろんフェリーにも利用できるという、お得感も利用頻度も高かったイスタンブールカードに比べて、アンタルヤカードが使えるのはたった二路線の路面電車と路線バスのみ
正直、アンタルヤ中心街の観光は徒歩だけで済んでしまうので、郊外に行かない旅行者はバスターミナル~中心街の往復2回しか利用しません。

それに加えて、各停留所にカード購入&チャージができる機械が一台しかないという不便さ。
当然のように、常に列ができています。

こうしてみると、旅行者にとってはあまり便が良いとは言えないアンタルヤカード。
それでも、これしかないので購入しないことには始まらないというジレンマに陥ります。

なんとなく失敗感が漂うアンタルヤの公共交通システム。
この先変更されるのか、このまま突き通すのか、見守っていきたいと思います。

アンタルヤのオトガル〜中心街の移動

↑巨大なアンタルヤのオトガル

アンタルヤのオトガル(バスターミナル)~中心街の間はアンタライ(Antaray)という路面電車で一本です。

オトガルからアンタライの”Otogar”停留所までは、標識に従って数百メートル(動く歩道あり)歩いてのアクセスです。

アンタライは深夜まで10分~15分に1本程度運行されています。

気を付けたいのが、アンタライはアンタルヤ旧市街内までは乗り入れていないこと。
旧市街北側の入口であるイスメトパシャ(İSMETPAŞA)停留所でなぜか進路を変えて別方向へと行ってしまいます。

source: http://antalyacentral.com/essentials/trams-in-antalya

赤線:アンタライ路線
緑線:ノスタルジック・トラム路線

旧市街内に宿泊する場合は、イスメトパシャ停留所が最寄り。
ここからノスタルジック・トラムのカレ・カプス(Kale Kapısı)停留所までは100mほどなので、乗り換えてアンタルヤ考古学博物館方面へ向かう場合にも利用できます。

ノスタルジック・トラムの運航頻度は30分に1本で、19時以降は走っていないという不便さなのでご注意を。

アンタルヤの宿情報

アンタルヤの宿泊料金はかなりリーズナブルです。

夏場のハイシーズンにはかなり値上がりすることも考えられますが、それ以外の季節には観光客の数は激減するため、どこもリーズナブルな料金で部屋を提供しています。

ERSOY EFE PANSİYON

料金:50TL(=¥944)
部屋:シングルルーム (バス・トイレ付)

この宿を料金確認・予約する (Booking.com)

この宿を料金確認・予約する (Agoda)

・立地:7/10

トラムの停留所から徒歩5分ほど、新市街にある小さなホテルです。

旧市街までは徒歩10分ほどと少々歩くものの、宿の周辺にはスーパーマーケットや飲食店があり不便は感じません。

・アクセス:10/10

看板が出ており、入口のドアは常に開いています。

フロントは24時間対応で常に人がおり、何の問題もなくチェックインできました。

・スタッフ:7/10

まあ普通。
英語も通じますし、愛想も良いですが特段温かいもてなし等はありません。

・清潔さ:4/10

とっても気になったのが清潔さ。
この激安な宿泊費なのであまり文句は言えませんが、部屋・シャワーともにかなり古く、汚れが目立ちます。

全面喫煙可能なのも、たばこを吸わない人にとっては厳しいかもしれません。

・設備:6/10

本当に質素な部屋で、特筆すべき設備はありません。

唯一、エアコンが部屋についていたくらい。

湯沸かし器等はフロントに1台しかないため、いちいちお湯をもらいに行くのもなかなか気が引けました。

wi-fi:8/10

フロントにwi-fiのルーターがあるため、離れた部屋だとかなり電波が入りにくいです。
のぶよの部屋はフロント近くだったため、問題ありませんでした。

・雰囲気:6/10

なんというか、場末感が漂う宿です(笑)

老朽化した設備、フロントには年寄りばかり、なんとなく薄暗い照明など、色々と不安になります。

まあ、それもこれもこの激安価格で個室(しかもバス・トイレ付)に泊まれるのですから、のぶよ的にはOKでした。

総合:6.8/10

間違ってもバケーションで宿泊するようなホテルではありませんが、できるだけ宿泊費を抑えたいならアリなホテルです。

中心街もすぐそばで、近くには大きなショッピングモールもあっていろいろと便利でした。

この宿を料金確認・予約する (Booking.com)

アンタルヤの宿をすべて見る (Booking.com)

この宿を料金確認・予約する (Agoda)

アンタルヤの宿をすべて見る (Agoda)

トルコ国内からBooking.comを利用しての検索・予約はできません。

トルコ政府によるインターネット規制によるものですが、旅行者にとってはかなり不便。

・Booking.com利用の場合はトルコ国外からあらかじめ予約しておく
・他の宿泊予約サイト(Agoda等)を利用する

などして、対応しましょう。

【詳細はこちらの記事で解説しています】

おわりに

トルコの中でも、温暖な地中海の雰囲気が色濃いアンタルヤ。

市内観光自体は丸一日もあれば十分なほどですが、周辺に点在する遺跡をめぐったり、ビーチでのんびり過ごしたりとその楽しみ方は無限大です。

旧市街の可愛らしさはトルコでも群を抜いているので、きっとこの先日本人旅行者にも人気の旅行先となる日が来るでしょう。

メジャーになる前に、穴場の地中海シティーの風を感じに来てみてはいかがでしょうか。

おすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article