パムッカレ宿泊におすすめ!温泉村・カラハユットで格安の癒しを。【温泉付きホテル・行き方】

パムッカレ宿泊におすすめ!温泉村・カラハユットで格安の癒しを。【温泉付きホテル・行き方】

こんにちは!パムッカレで温泉三昧、世界半周中ののぶよ(@taisuke5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

トルコにある世界遺産のパムッカレの観光自体は半日もあれば十分な規模なので、多くの旅行者が日帰りで訪れます。

のぶよ的にも、わざわざ1泊するまでもない(泊まってもやることがない)と思いますが、パムッカレに宿泊することにはあるメリットがあります。

それは、温泉付きの宿に格安で泊まれること

世界遺産のパムッカレを観光した後、源泉掛け流しの温泉につかってビールを一杯…。
これぞ、トルコ旅行の最高の悦びではないでしょうか(笑)

パムッカレの石灰棚の目の前にあるパムッカレ村での宿泊も良いのですが、残念なことにパムッカレ村には温泉が引かれていません
そもそもパムッカレの温泉は湯温36℃と日本人にとってはかなりぬるめです。

がっつり温泉を楽しみたい人におすすめなのが、パムッカレ村の北8kmのところにあるカラハユット村(Karahayıt)での滞在。

ここでは、パムッカレとは別の温泉が湧いており、鉄分豊富な泉質と50℃ほどの湯温はまるで日本の温泉のよう。

そして、パムッカレ村に比べて格安で、部屋に温泉が付いた宿に宿泊することも可能なのです。

パムッカレへのアクセスも超簡単なカラハユット村。
その見どころと行き方、宿情報を解説します。

Advertisement

カラハユットの見どころ

最初に言っておきますが、カラハユット村には大した観光名所はありません

あくまでもパムッカレ観光の拠点兼温泉地なので、色々見てまわるよりも温泉につかってゆっくりするタイプの滞在に向いています。

温泉公園

カラハユット村の北端に位置するのが、名物の赤い温泉が湧き出る温泉公園

パムッカレの石灰棚を思わせるような、巨大な天然の岩(温泉成分が固まったもの)が目を引きます。

温泉公園への入場は無料。
頑張れば入浴できそうな足湯などもあり、温泉地の雰囲気を感じるにはぴったりの場所です。

バザール通り

温泉公園から村の南側の入口まで続く500mほどの通りが、カラハユットのメインストリート

道の両側にはレストランや商店が並び、田舎の村にしてはかなり活気があります。

完全に観光客向けのパムッカレ村に比べると、多少地元感が感じられるのがポイント。
料金もトルコの一般的な値段設定の場所がほとんどで、トルコ人の温泉観光客向けの場所が多い印象でした。

パムッカレで割高の手抜き料理レストランに行くよりも、リーズナブルで地元の味が堪能できるのはカラハユットの大きな強み。

↑とにかく美味しかった、タウク・シシュ(鶏肉のグリル)

これも、パムッカレの宿泊先にカラハユットをおすすめする理由の一つです。

カラハユットへの行き方

カラハユットへの行き方はとても簡単で、デニズリ〜パムッカレ〜カラハユット間を結ぶドルムシュ(ミニバス)に乗って終点まで行くだけ

デニズリのオトガル(バスターミナル)では、地下階のドルムシュターミナルの76番乗り場の発着です。

夏場は20分に1本、冬場は30分に1本の運行で、朝6:30〜夜23:30の間走っているのでとても便利。

パムッカレの村の中心部(とても小さな村なので行けば分かります)を毎時20分頃と50分頃(冬場)に通過します。

デニズリ〜カラハユット

所要時間:40分
料金:5TL

パムッカレ〜カラハユット

所要時間:10分
料金:3TL

↑カラハユット村の入口には、シンボルの温泉成分によってできた岩が。

カラハユット村に入ったドルムシュは、村の北端に位置する温泉公園近くのロータリーでデニズリ方面へ折り返すルートを走り、希望すれば好きな所で降りることができます。

カラハユットからパムッカレ・デニズリ方面へ戻るドルムシュは、毎時10分頃と40分頃(冬場)の出発です。

カラハユットからヒエラポリスへのアクセスは、北入口が便利。

カラハユット村を拠点にパムッカレ・ヒエラポリスを観光する場合は、メインゲートとなる南側入口(パムッカレ村に面した方)ではなく、北側の入口が近くて便利です。

カラハユット村からドルムシュに乗車し「ヒエラポリス」と言うと、まず北側入口前で降ろしてくれます。

北側入口は石灰棚の上に位置するヒエラポリスに直通しているので、ヒエラポリス観光→石灰棚観光→パムッカレ村の順にまわって、パムッカレ村からカラハユット村(もしくはデニズリ)に向かうドルムシュに乗るのが効率的です。

カラハユットの宿泊先予約はAgodaがおすすめ!

ネット規制の影響で、Booking.comでの予約ができないトルコ。代わりの宿泊予約サイトではAgodaがおすすめです。

期間限定セールを利用すればかなりお得な料金で宿泊できるのもポイント。チャンスを逃さないで!

カラハユットの全てのホテルから検索&予約する!

カラハユットの温泉付き宿で癒される

カラハユットには大型ホテルは少なく(村はずれに数軒あるのみ)、村の中心部にある宿は小規模のパンシオン(家族経営のアパート風の宿)がほとんど。

どこの宿もカラハユットに湧く温泉が引かれていて、各部屋に温泉が付いている場合がほとんどです。

最安値で70TLほどで温泉付きの個室に宿泊できるという驚異のコストパフォーマンスは大きな魅力。

先述のバザール通りにはお酒を売っているお店も多くあるので、温泉&ビール三昧の滞在が楽しめます。

パンシオンの部屋の温泉は、どこも素朴な雰囲気なものが多いです。
スパのような雰囲気の温泉がある宿を希望する場合は、村の入口にあるスパを売りにするホテルの滞在もアリでしょう。
(かなりリーズナブルです)

ここではのぶよが宿泊した宿を紹介しますが、とにかくたくさんの宿があるので、予算と好みに合わせて選んでください。

Azim Termal Pansiyon

料金:70TL(=¥1317)
部屋:トリプルルーム (トイレ・温泉付)

この宿を料金確認・予約する (Booking.com)

この宿を料金確認・予約する (Agoda)

・立地:10/10

カラハユット村の中心街に位置する、アパートタイプの宿です。

商店やレストランが連なるバザール通りに面しており、かなり便利な立地です。

・アクセス:5/10

看板は出ているものの宿にはだれもおらず、近くに居る人に尋ねたところ、宿裏側のバザール通りにある布製品の店にオーナーが居るとのことでした。

正直そんなことわかるわけもないので、かなり難ありだと思います。

・スタッフ:7/10

まあ普通といった感じ。
わざわざ湯沸かし器を持ってきてくれたのにコップがなかったり、バスタオルはくれるのにトイレットペーパーはないなど、いろいろと抜けている人でした(笑)

・清潔さ:8/10

部屋、お風呂ともにまあまあきれいに保たれています。

建物自体は新しいものではありませんが、きちんと掃除されているのであまり気になりませんでした。

・設備:7/10

部屋にはエアコンと温泉を利用した床暖房がついています。

広々としたテラスもあって、温泉の後に涼むには最適でした。

部屋についている温泉はいつでも何度でも入り放題。
これが一番のポイントです。

wi-fi:6/10

wi-fiはあるものの、電波があまり強くなく、写真のアップロードなどはほぼできない状態でした。

普通にネットにつなぐくらいなら問題ないと思います。

・雰囲気:8/10

おそらく他の宿泊客がいなかったので何とも言えませんが、温泉付きのプライベートルームでのんびり過ごすには最適の場所です。

夜はかなり静かで、とにかくゆったりとした滞在ができます。

総合:7.2/10

この低価格で温泉付きの個室に泊まることができるのが最大のメリットの宿です。

のぶよは当日に予約したのであまり他の宿と比較して選ぶ時間がなかったものの、カラハユット村には同じような価格帯の宿も数軒あるので、色々と吟味して予約してみるのもいいかもしれません。

この宿を料金確認・予約する (Booking.com)

カラハユットの宿をすべて見る (Booking.com)

この宿を料金確認・予約する (Agoda)

カラハユットの宿をすべて見る (Agoda)

トルコ国内からBooking.comを利用しての検索・予約はできません。

トルコ政府によるインターネット規制によるものですが、旅行者にとってはかなり不便。

・Booking.com利用の場合はトルコ国外からあらかじめ予約しておく
・他の宿泊予約サイト(Agoda等)を利用する

などして、対応しましょう。

【詳細はこちらの記事で解説しています】

おわりに

ほとんどの観光客が日帰りで訪れるパムッカレ。
そのすぐ近くにあり、滞在の穴場とも言えるカラハユット村を紹介しました。

長距離移動や夜行バスを利用する機会も多いトルコ旅行では、気づかぬうちに旅の疲れが溜まっていることも。

個人でのアクセスもとても簡単で、好きなだけ温泉につかりながらのんびりした滞在ができるカラハユットで、1泊のんびりしていくのも良いのではないでしょうか。

ちなみに、カラハユット村からミニバスで15分のパムッカレ村には、日本人経営の小さな食堂があります。

ほっとできる家庭的なメニューばかりですごく美味しかったので、おすすめです。

温泉、日本食、世界遺産と観光にものんびり滞在にもぴったりなパムッカレ。
是非1泊して、旅のエネルギーをチャージしていってはいかがでしょうか。

パムッカレの現地ツアー&アクティビティ


パムッカレは個人でのアクセスも簡単ですが、交通手段について考える手間を省くなら現地ツアー参加も一つの手です。

イスタンブールから飛行機で往復する日帰りプランから、カッパドキアやエフェス遺跡とセットで訪れる数日間のプランまで選択肢は様々です。


イスタンブールから日帰りで!世界遺産パムッカレ遺跡と石灰棚 1日ツアー<国内航空券込/日本語or英語/昼食付/イスタンブール発>
icon

パムッカレの日本語現地ツアーを探す!

パムッカレの全ての現地ツアーを探す!

おすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article