複雑すぎるアルバニアのバス利用方法&ティラナのバスステーション攻略法

複雑すぎるアルバニアのバス利用方法&ティラナのバスステーション攻略法

こんにちは!アルバニア旅行を満喫中、世界半周中ののぶよ(@taisuke5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

「ヨーロッパの秘境」とも言われるアルバニア

共産主義時代を経て、つい最近まで鎖国していたほどの国です。

観光業はまだ始まったばかりで、インフラなどは整っているとは言い難いのが現状です。

今回の記事では、旅行者の多くが頭を抱える、複雑なアルバニアのバスの利用方法や、首都のティラナのバスステーションとアクセス情報について解説します。

Advertisement

アルバニアのバスの種類

アルバニアの主な移動手段はバスです。

鉄道も走ってはいるものの、インフラの老朽化に伴って多くの路線が廃止されたままになっている状態なので、旅行者にとってはかなり利用しにくいです。

アルバニアのバスには、正規のバス会社が運行している大型バスと、個人が勝手にミニバンを改造して運行している乗り合いバスのフルゴン(furgon)の二種類が存在します・

大型バス

アルバニアの都市間を移動するメインの交通手段であるバス。

決められた時間に出発するので、人が集まるまで待ったりすることはありません。

アルバニアのバスはとても安くて利用しやすいのですが、正式なバスステーションが存在しないのが難点。
あらかじめ自分が乗るバスがどこから発着するのか把握しておく必要があります。

フルゴン(乗り合いバス)

バスに次いで利用機会が多いのがフルゴン(furgon)と呼ばれる乗り合いバス。

15~20人乗りのミニバンのようなバスで、そのほとんどは個人が勝手に営業しているものです。

なので、通常のバス以上に乗り場が複雑で、どのフルゴンがどこから発着するのかは地元の人だけが知っています。

バスが走っていない地方部や山間部の町へ行く際は、フルゴンを利用することになるでしょう。

都市間の移動ではバスよりも短い時間で移動できますが、バスよりも100Lek(=¥100)ほど高いのが難点。

区間によっては、事前に電話でドライバーに直接連絡して席を確保してもらわなければならないフルゴンもあります。
アルバニア語で電話なんてできるわけがないので、ホステルのスタッフ等にお願いして予約してもらいましょう。

アルバニアでのバスの利用方法

1.自分が乗るバスがどこから出るのか調べる

最初のステップであり最大の難関が、どこからバスが出るのかを調べること。

公式なバスステーションが存在しないアルバニアでは、各バスが行き先やバス会社によって異なる場所を発着します。

首都のティラナでは、行き先別に四つの非公式バスステーションがあり、ある程度は分かりやすいのですが、地方都市ではバスステーションそのものが存在しないため、その辺の道端をバスが発着します。

また、アルバニアのバス路線はオンライン検索や予約に対応していないものがほとんどです。

インターネットでバスの時刻を調べても、全くあてになりません。

最も確実なのは、地元の人に尋ねることです。

バス停の場所やおおまかなスケジュール、料金などを確認しておきましょう。

また、個人営業のフルゴンの場合はさらに複雑で、地元の人でも把握しきれないほどに乗り場やスケジュールが変わるので、より難易度が高いです。

2.バス停でバスを探す

地元の人から情報収集をしたら、当日バス停へと向かいましょう。

ティラナのインターナショナルバスステーションでは、バス会社のオフィスが並んでいて、そこでチケットを購入することとなりますが、それ以外の場所ではバスに直接乗り込んで料金を支払います。

↑バス会社別にオフィスが並ぶティラナのインターナショナルバスステーション

バスステーションやバス停となっている場所では、必ず呼び込みをしている人がいます。
行き先を大声で叫んでいるので、必ず目的のバスが見つけられるはず。

3.乗車・運賃支払い

運賃はバスに乗車した後、運転手が回収しに来るので、その際に支払います。

他のバルカン諸国では、バスステーション使用料や荷物代が別途かかるのがほとんどですが、アルバニアではバスステーション使用料はかかりません。
(そもそもバスステーションを利用していないため)

また、荷物代もかからないことがほとんど(一部バス会社はかかる)なので、決められた運賃だけ支払えばOKです。

運転手はお釣りを用意していない場合が多いので、小銭や小額紙幣を用意しておきましょう。
高額紙幣で支払うと、観光客だと思ってぼったくってくる場合もあるので、出来れば事前に地元の人に確認した料金ちょうどを渡すのがスムーズです。

Advertisement

アルバニアのバス利用時の注意点

バスの出発時間に注意

アルバニア国内をバスで移動する際に気を付けたいのは、遅い時間にはバスが走っていないことが多い点です。

区間にもよりますが、早いもので14時、遅くとも17時台には最終バスが出てしまうため、旅行の計画をする際には注意が必要です。

午前中に観光して、お昼を食べてから夕方に移動するという効率の良いスケジュールがかなり組みにくいのがアルバニア。

一日に複数の観光スポットを移動しながら観光するのも、最終バスの時間が早いため難しいです。

あまり計画を詰め込みすぎず、のんびりと旅するのが一番です。

インターネットの情報は信頼できない

インターネットでアルバニアのバスの乗り方情報を解説しているのぶよがこんなことをいうのもおかしいのですが、アルバニアのバスに関してはインターネットの情報はほとんど信用できません

バス予約サイトなどで検索したバスが実際には存在しない、その時間にはバスはないなんてことは日常茶飯事です。

また、個人の乗り合いバスであるフルゴンの停留所や時間はコロコロと変わるそう。
ネットで書かれていた場所で時間通りに待っていたのにバスがやって来ない、なんてことも十分に考えられます。

最も確実なのは、宿泊先の人など地元の人に最新のバススケジュールを確認することです。

ティラナのインターナショナルバスステーションに限っては、バスステーションにバス会社のオフィスがあるため、そこでチケットの予約や購入ができますが、そのほかの都市ではその辺の道端がバスステーション代わり。

もちろんチケットの予約なんてできるはずもないので、当日の出発時間少し前に到着しておくようにしましょう。

当ブログ、さぼわーる!では、アルバニアの各記事内でバスでのアクセス情報を載せていますが、これは全て2019年8月現在のものです。

先述の通り、バスの本数や出発時刻、出発場所等は変わる可能性もあるので、あくまでも参考程度に考えてください。

飲み物を持参する

夏は灼熱となるアルバニア。

バスには一応は冷房はついているものの、ものすごく弱いです。

乗り合いバスのフルゴンに関しては、ガソリン代節約のためか全く冷房をかけないなんてこともしばしば。

窓を開けることができないバス車内は、夏場は地獄のような暑さになります

熱中症になっても不思議ではない暑さの中で何時間も移動することになるので、バス利用前には必ず飲料水などを購入しておきましょう。

Advertisement

ティラナと各都市間のバス移動

バスステーションが存在しないことが多いアルバニアの都市ですが、首都のティラナでは少し状況が異なります。

公式なバスステーションではないものの、ティラナを拠点としたバス会社のオフィスが集まった「バスステーションらしきもの」が存在しており、普通のバスステーションと同様に、オフィスでチケットを購入してバスに乗車することができるのです。
(インターナショナルバスステーションに限っての話)

しかしながら、そこはアルバニア。
そんなに一筋縄でいくわけがりません。

ここでは、利用する旅人も多いであろうティラナのバスステーション情報と、ティラナから行くことができる主な都市(アルバニア国内・外)間のバス情報を解説していきます。

Advertisement

ティラナのバスステーション

青:北方面バスステーション
赤:南方面バスステーション
黄色:インターナショナルバスステーション 

ティラナの三つのバスステーションは、市内中心部から北西に2km~3kmほどの幹線道路沿いに位置しています。

これらのバスステーションがなかなかの曲者。

というのも、どこの都市に行くかによって、1kmほど離れたところに位置する三つのバスステーションを使い分ける必要があるためです。

大まかに分けると、

・ティラナ以北の都市を結ぶバスのバスステーション:中心部から2km、インターナショナルバスステーションの通りを挟んだ向かい側

・ティラナ以南の都市を結ぶバスのバスステーション:中心部から3kmのロータリーそば

・ティラナと周辺諸国の都市を結ぶバスのバスステーション:中心部から2km、”Ring Center”というショッピングセンター裏

ここでは、ティラナ以北へのバスステーションを北方面バスステーション、ティラナ以南へのバスステーションを南方面バスステーション、国際路線が発着するバスステーションをインターナショナルバスステーションと呼ぶこととします。

ティラナ南東部には、エルバサンやコルチャなどアルバニア東部の都市へのバスが発着する「東方面バスステーション」なる四つ目のバスステーションも存在しますが、旅行者はあまり利用する機会がないと思うので、ここでは省略します。

ティラナ中心部・バスステーション間のアクセス

↑ティラナ中心部から最も遠い南方面バスステーション

ティラナ中心部から最も近い北方面バスステーションまでは2.5kmほど、南方面バスステーションまでは3.5kmほどと、歩けない距離ではありません。

しかし、大きな荷物を持って歩くのはかなり大変ですし、夏場はかなり熱くなるため徒歩で移動するのは賢明ではありません。

ティラナの中心に位置するスカンデルベグ広場北側の路線バス停(歴史博物館脇)から、北方面&インターナショナルバスステーションを経由して南方面バスステーションへと走る路線バスを利用しましょう。

ティラナの路線バスには番号が振られていないものが多いのですが、バス前方の行き先表示に”INSTITUT”、もしくは”KAMEZ”と書かれているものが三つのバスステーション方面へ向かいます

反対に、各バスステーションからティラナ中心街までは、バスステーションを出た幹線道路沿いの路線バス停から“Qentar”(ツェンタル=中心街)と表示されたバスに乗ります。

アルバニア国内の都市とティラナ間のバス移動


↑北方面バスステーション

アルバニアの首都であるティラナは、国の中央に位置しており、アルバニアの他都市へのバス移動の拠点です。

ここでは、アルバニア国内の他都市のうち旅行者が利用する機会が多い都市とティラナ間の移動情報を解説します。

アルバニア国内&周辺諸国へのバス路線を大まかな図で表すと、以下のようになります。

黄線:ティラナ~シュコドラ~モンテネグロ方面
オレンジ線:デュラス~ティラナ~マケドニア方面
緑線:デュラス~ティラナ~コソボ方面
青線:ティラナ~デュラス~ヴローラ~ヒマラ~サランダ
灰線:ティラナ~デュラス~ジロカストラ~サランダ
赤線:ティラナ~ベラト

ティラナ・シュコドラ間のアクセス

アルバニア北部のシュコドラと首都のティラナ間の距離は100kmほど。

北方面バスステーションからバスが出ています。(画像内黄線)

シュコドラ行きのバスは、1時間に1本程度走っていて便利ですが、最終のバスは17時発と早めなので注意しましょう。

それ以外の時間なら、フルゴン(Furgon)という乗り合い型のミニバンで移動することもできますが、バスより少々高めの400Lek(=¥400)がかかります。

ほとんどのバスはティラナ~シュコドラ間のみの運行ですが、中にはシュコドラ経由の後モンテネグロ方面へと向かう国際バスもあります。

所要時間:2時間
料金300Lek(=¥300) ※荷物代別途100Lek(=¥100)

ティラナ・ベラト間のアクセス

アルバニアに来た旅行者の多くが訪れるベラトへは、南方面バスステーションからバスが出ています。(画像内赤線)

7:00~17:00の間、30分に1本ほどの頻度で出発しているのでとても利用しやすいです。

所要時間:2時間半
料金:400Lek(=¥400)

ティラナ・デュラス間のアクセス

ティラナから最も近いビーチリゾート・デュラスへも、南方面バスステーションからバスが出ています。

7:00~19:30の間、30分に1本の割合での運行です。

所要時間:1時間
料金:150Lek(=¥150)

また、ティラナ中心街に近い北方面バスステーションの外側から、デュラス行きのフルゴンが出ています。

料金・所要時間はバスと同じですが、フルゴンは人数が集まり次第の出発です。

デュラスはティラナと並ぶ国内交通の中心的存在の町。

マケドニア方面やコソボ方面へ向かうバスはデュラスが始発でティラナを経由する形です。

アルバニア南部各都市へのバスは、ほとんどがティラナ始発でデュラスを経由します。

ティラナ・ヴローラ間のアクセス

アルバニア南部へのゲートウェイとなる港湾都市・ヴローラへは、南方面バスステーションから30分に1本ほどの頻度でバスやフルゴン(乗り合いバス)が走っています。(画像内青線)

所要時間:3~4時間
料金:バス 500Lek(=¥500)
フルゴン 600Lek(=¥600)

ティラナ・サランダ間のアクセス

アルバニア南部の観光の拠点となるサランダへは、南方面バスステーションから1時間に1本ほどバスが運行しています。

ほとんどが午前中の出発となり、午後は本数が激減するので注意が必要です。

所要時間:5~7時間
料金:1100Lek(=¥1100)

ティラナ・サランダ間のバスには二つのルートがあり、大半は内陸部を走るもの。
その場合は、ジロカストラを必ず経由します(画像内灰線)

1日に1~2本ほど、ヴローラ、ヒマラなど海岸沿いの町を経由してサランダへと向かうバスが走っています。(画像内青線)

ティラナ・ジロカストラ間のアクセス

アルバニア南部の世界遺産の「石の町」、ジロカストラへは、南方面バスステーションから多くのバスやフルゴンがでています。(画像内灰線)

ほとんどの便はジロカストラが終点ではなく、サランダ行きのものを途中下車することとなります。

所要時間:4時間
料金:1000Lek(=¥1000)

周辺諸国とティラナ間のバス移動

ティラナからは、国境を越えて周辺の国々を結ぶ長距離バスも運行されています。

国際バス路線のほとんどは、北方面バスステーションの道路を挟んだ向かい側にあるインターナショナルバスステーションを発着します。

スコピエ(マケドニア)とティラナ間のバス移動

ティラナからマケドニアの首都・スコピエへは、インターナショナルバスステーションから1日3本(09.00、16.00,、21.00)のバスが出ています。(画像内オレンジ線)

いずれもデュラスが始発のバスがティラナのインターナショナルバスステーションを経由してマケドニア方面へと向かうものです。

最新の時刻表はこちらのサイトでご確認を。(アルバニア語のみ)

※アルバニア語でスコピエは”Shkup”と言います。”Skopje”と検索しても表示されないのでご注意を。

所要時間:8時間
料金:€20(=¥2440)~

オフリド(マケドニア)とティラナ間のバス移動

ティラナからマケドニアの一大観光地・オフリドへの移動は、少々難易度が高め。

というのも、二都市を結ぶ直行バスはなく、マケドニア側のストゥルガ(Struga)という町で乗り換えが必要になるためです。

ティラナからStrugaまでは、スコピエ行きのバスを途中下車する形です。(画像内オレンジ線)

ティラナ・Struga間

所要時間:4時間
料金:€13~(=¥1573)

Strugaからオフリドまでは30分に1本ほどの頻度で路線バスが走っています。

Struga・オフリド間

所要時間:45分
料金:50MKD(=¥99)

モンテネグロ各都市とティラナ間のバス移動

ティラナとモンテネグロの各都市間は、1日3本のバスがインターナショナルバスステーションから出ています。
(時刻表はこちらのサイトで確認できます。)

モンテネグロ入国後はポドゴリツァ、ブドヴァ、コトルの順に停車していき、どこの都市へ行く場合も同じバスに乗車することになります。(画像内黄線)

ティラナ・ポドゴリツァ間

所要時間:3時間半
料金:€15 (=¥1815)~

ティラナ・ブドヴァ間

所要時間:5時間半
料金:€22 (=¥2662)~

ティラナ・コトル間

所要時間:6時間
料金:€25 (=¥3025)~

※全て荷物代別途€1(=¥122)

プリシュティナ/プリズレン(コソボ)とティラナ間のバス移動

コソボの都市であるプリシュティナとプリズレンには、インターナショナルバスステーションから1日9本のバスが出ています。(画像内緑線)

いずれのバスも、デュラスが始発のものがティラナのインターナショナルバスステーションを経由するものです。

所要時間:4時間~5時間
料金:€10 (=¥1220)~

アテネ(ギリシャ)とティラナ間のバス移動

ギリシャの首都・アテネへは、インターナショナルバスステーションから1日5本のバスが出ています。

所要時間:10時間
料金:€25 (=¥852)~

おわりに

かなりトリッキーな、アルバニアでのバスの利用方法。

出発する場所さえわかってしまえば、あとは当日バスに乗り込むだけなので難しすぎることはありません。

アルバニアを旅行するなら必ず利用することになるバス。
現地で戸惑わないためにも、バスステーションの場所や出発時間など、事前に情報収集しておくのがポイントです。

この記事に関連したおすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article