TOPページ大幅リニューアル!

さぼわーるのトップページをリニューアルしました。
知りたい国ごとに記事をピックアップできるので、ぜひご利用ください!

みてみる

コメント

  1. ミオ より:

    はじめまして、こんにちは!!!
    まさに私も同じ状況になってしまいました…
    EU261の請求フォームで、日本の口座を入れたらはじかれたのですが…
    日本の口座じゃ請求出来ないんですかね??
    はじめましてで図々しく質問してしまい、すみません…

    • NOBUYO より:

      こんにちは。コメントいただきありがとうございます!

      航空会社やどの請求フォームを用いるかによって変わってくるので一概には言えませんが、システム上EU内の銀行口座に対応しているものがほとんどだと思います。日本の口座情報がはじかれてしまった一番の理由は、IBANという銀行の口座番号のようなものがそもそも存在しないためではないでしょうか。(EUの銀行口座ならまずIBANに対応しています。)
      「日本の銀行口座にはそもそもIBANがない」という概念自体が相手側には無いため、個別にカスタマーサービスセンターなどに問い合わせをしなければならないのではないでしょうか。
      しかしながら、日本の銀行口座であろうとなかろうと、航空会社に返金義務があるのは事実。ですから、一度ご利用なさった航空会社のカスタマーサービスにお問い合わせされることをおすすめします。

    • ぷーんひる より:

      ミオ様、はじめまして。

      自分も今回同じ状況になりまして、Ryan airにEU261を申請しようとしましたが、swiftコードは無効で銀行所在国は日本が選択肢に無く、行き詰まってます。

      便乗で大変恐縮ですが、ミオ様は申請されましたでしょうか?

      申請されましたら、その方法をご教授いただけましたら幸いです。

      よろしくお願いいたします。

  2. あきこ より:

    こんにちは。

    お食事バウチャーの件ですが、各自勝手に自腹で食事などした上で、後からオンライン上のフォームからレシートのコピーなどを提出して補償を請求、実費を精算という形で運用されることも多いようです。後から精算だと請求が通る保証もないので、航空会社に自主的にバウチャーを出してほしいところですが、上記のような方法もあると覚えておいて頂ければ。

    ライアンエアの場合、Type of Claim:でEU261 Compensation and ExpensesかEU261 Expenses onlyを選択します。