エフェソス(エフェス)観光の拠点!セルチュクと周辺の見どころ【アクセス・おすすめレストラン情報】

エフェソス(エフェス)観光の拠点!セルチュクと周辺の見どころ【アクセス・おすすめレストラン情報】

こんにちは!トルコのエーゲ海沿岸を北上中、世界半周中ののぶよ(@taisuke5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

トルコ西部に位置するセルチュク(Selçuk)は、世界遺産のエフェソス(エフェス)遺跡の玄関口となる町。

よくあるトルコの地方都市といった感じのこぢんまりとした中心街は、世界的観光地・エフェソス(エフェス)遺跡のすぐそばにあるとは思えないほどにのんびりした雰囲気が特徴的です。

今回の記事では、エフェソス(エフェス)遺跡観光とセットで訪れたいセルチュク中心街&近郊の見どころと、おすすめのローカルレストラン、アクセス情報などを解説していきます。

Advertisement

セルチュク中心街の見どころ

↑絶妙なローカル感もセルチュクの魅力の一つ

セルチュク中心街はかなり小さく、徒歩で十分に観光することが可能です。

見どころの多くは中心街の西側に位置しており、エフェソス(エフェス)遺跡と関連がある場所がほとんど。

エフェソス(エフェス)遺跡観光を完璧なものとするには、これらのスポットの見学が欠かせません。

アルテーミス神殿

セルチュク観光で絶対に見逃せないのが、アルテーミス神殿(Artemis Tapınağı)

アルテーミスとはギリシャ神話の狩猟の女神のことで、紀元前8世紀頃にギリシャからこの地にやってきたイオニア人によって祀られ、以後古代都市エフェソス(エフェス)の中心としての役割を担いました。

当時の人々の信仰は多神教であり、異なる宗教の人が訪れる巡礼地として神聖視されてきたアルテーミス神殿ですが、紀元前356年の7月21日、一人の若い男によって放火され崩壊してしまいます。

その後幾度となく再建と崩壊を繰り返してきたアルテーミス神殿。

現在残るのは122本あった柱のうちのたった1本のみと、言われなければ通り過ぎてしまうほどに質素な姿となっているものの、エフェソス(エフェス)遺跡の始まりの地とも言える場所であることには変わりありません。

インフォメーション

アルテーミス神殿(Artemis Tapınağı)

料金:無料

聖ヨハネ聖堂

ビザンツ帝国時代のエフェソス(エフェス)を知る手掛かりとなるのが、聖ヨハネ聖堂(St. Jean Kilisesi)

セルチュク西側の小高い丘の上に築かれた巨大な聖堂は、ビザンツ皇帝ユスティニアヌスの統治時代(6世紀半ば)のものです。

当時は多くの巡礼者でにぎわった由緒正しき場所であったものの、現在残るのは土台部分のみとなっており、かつての素晴らしい姿を想像するのは難しいです。

インフォメーション

聖ヨハネ聖堂(St. Jean Kilisesi)

営業時間:全日8:30~18:30  (冬季:~17:00)
料金:18TL(=¥336)
※アヤスルク城と共通入場券

アヤスルク城

聖ヨハネ聖堂から続く坂道を上っていくと、セルチュクの町を見下ろすアヤスルク城(Ayasuluk Kalesi)が堂々と建っています。

ビザンツ帝国時代の建造で、その後オスマン帝国時代にも重要な防衛拠点として活躍してきました。

インフォメーション

アヤスルク城(Ayasuluk Kalesi)

営業時間:全日8:30~18:30  (冬季:~17:00)
料金:18TL(=¥336)
※聖ヨハネ聖堂と共通入場券

水道橋

セルチュク中心街にある数本のライムストーン&レンガ造りの柱は、ローマ帝国時代の水道橋の跡。

周辺はセルチュクで最もおしゃれな雰囲気のエリアで、オープンカフェなどが数軒点在しています。

エフェス考古学博物館

エフェソス(エフェス)遺跡の観光を完璧なものとしたいなら、エフェス考古学博物館の見学を外すことはできないでしょう。

エフェソス(エフェス)遺跡で発掘されたものが展示されており、その多くはヘレニズム時代~ローマ帝国時代のもの。

2000年前の人々が創り出した芸術作品の精巧さには、思わず息を呑むはず。

古代美術に興味があるなら、是非ゆっくりと鑑賞していきたい場所です。

インフォメーション

エフェス考古学博物館

営業時間:全日8:30~18:30  (冬季:~17:00)
料金:18TL(=¥336)

セルチュク周辺の見どころ

セルチュクの魅力は中心街だけにとどまりません。
むしろ、周辺に点在する観光スポットを訪れる拠点としても、かなり有能な場所なんです。

いずれの場所へのアクセスも簡単で、エフェソス(エフェス)遺跡とセットで訪れることも十分可能です。

エフェソス(エフェス)遺跡

セルチュクに来てここに行かない人はまず居ないと断言できるのが、世界遺産のエフェソス(エフェス)遺跡

セルチュクの南西3kmほどと比較的近い場所に位置しているので、徒歩でのアクセスも可能です。

七人の聖者の洞窟

セルチュクとエフェソス(エフェス)遺跡のちょうど中間地点に位置しているのが、「七人の聖者の洞窟」と呼ばれる場所。

一見何の変哲もない洞窟が並んでいるだけの光景ですが、この場所には不思議な伝説が伝えられているのです。

今から1800年ほど前、250年のローマ帝国時代のこと。
当時は禁止されていたキリスト教を信仰していた七人の男たちが、自分たちの信仰を守り貫くために、全ての富を貧しい人々に与え、この場所にあった洞窟に隠居することとなりました。

それから数世紀後のこと。
この土地の所有者が、偶然に洞窟内にいた七人を発見します。

彼らが洞窟にこもってから数百年が経っていたものの、彼らは生きた状態で眠り続けていました。
目を覚ました七人のいずれも、数百年もの時が経っていたことに気づかず、ただ一日眠っていただけだと思っていたそう。

彼らが眠っていた数百年の間に、ローマ帝国は東西分裂しビザンツ帝国になり、キリスト教が国教と認められ、領内には教会が建設されていました。

エフェソス(エフェス)の町へと出向いた七人はその変化に驚いたのはもちろんですが、それは町の人も同様。
七人が持っていた数百年前のコインを見た人々からこの話が町中に広まり、彼らは奇跡を起こした聖人として、洞窟は奇跡が起こる場所として語り継がれることとなったのです。

この奇跡のような話が話題となり、七人が眠り続けていた洞窟は、この地域を訪れる巡礼者が必ず立ち寄る聖地として有名になったそうです。

実際のところは、この洞窟はビザンツ帝国時代のネクロポリス(墓地)だという説が有力で、七人の聖者の話はあくまでも伝説に過ぎません。

しかしながら、奇跡が起こるミステリアスな場所として、多くの観光客でにぎわう場所となっています。

アクセス方法は、セルチュクかエフェソス(エフェス)遺跡から徒歩のみ。
いずれの場所からも1.5kmほど、20分の道のりなので、エフェソス観光の後にセルチュクに戻る途中に立ち寄るのがおすすめです。

インフォメーション

七人の聖者の洞窟

料金:無料

シリンジェ村

エフェソス(エフェス)で古代のロマンを感じた後は、中世オスマン帝国の雰囲気が感じられる場所へ足をのばしてみてはいかがでしょうか。

セルチュクの東の山の中に位置するシリンジェ村(Şirince)は、山の斜面にオスマン帝国風の民家が連なる小さな村。

かつてはギリシャ人が居住していたこともあって、半石造りの独特な建築様式の家々と、点在するキリスト教の教会が特徴的です。

中心部こそ観光地化されてしまっている感は否めませんが、村はずれまで歩いてみると、オスマン帝国時代にタイムスリップしてしまったかのような風景が至る所で見られます。

2時間もあれば十分に観光できるので、セルチュクからのデイトリップにはぴったりの場所です。

Advertisement

セルチュクのおすすめレストラン

セルチュクの中心街には、その規模の割に多くのレストランが点在しています。

どこも気取った雰囲気ではなく、地元の人が通うようなお店ばかりなのも嬉しい点。

のぶよがセルチュクに滞在した3日間通い詰めたお店が、Okumuş Pide Salonuという小さな食堂。

看板メニューのピデ(トルコ風ピザ)はもちろん絶品ですが、とにかく推したいのがキレミッテ・キョフテ(Kiremitte köfte)

キョフテ自体はトルコ全土で食べられるミートボールのことで、一般的には炭火でグリルしたものを指すのですが、キレミッテ・キョフテの特徴は野菜などと一緒に窯でじっくりとローストされること。

直火で焼かれていないため、中までフワフワの独特の食感が味わえます。

染み出した肉汁とこの地域名産のオリーブオイルが混ざって、なんとも言えない絶妙な風味になるのがポイント。

いわば、「ピデ屋のキョフテ」と言ったところなのですが、不思議なことに他の町では全く目にすることがないキレミッテ・キョフテ。
もしかしたらセルチュクのご当地グルメなのかもしれません。

↑ピデ用の窯で焼きあげる。

Okumuş Pide Salonuではベーシックなキレミッテ・キョフテの他にも、チーズをトッピングしたものや鶏肉を使ったものなどいくつかのバリエーションがあり、いずれにも窯焼きの手作りパンとサラダがついてきます

これで16TL(=¥296)というコストパフォーマンスの高さも魅力的。
エフェソス遺跡の周辺でぼったくり価格の微妙な料理を食べるよりも断然におすすめです。

インフォメーション

Okumuş Pide Salonu

住所:İsa Bey, Namık Kemal Cd. No:16, 35920 Selçuk/İzmir
営業時間:全日9:00~23:00

Advertisement

セルチュクの市内交通&他都市へのアクセス

↑セルチュクの小さなオトガル

多くの旅行者がエフェソス(エフェス)遺跡観光の拠点とするセルチュクはとても小さな町。

市内観光は全て徒歩で可能ですし、近郊の観光スポットへはオトガル(バスターミナル)からドルムシュと呼ばれるミニバスを利用してのアクセスとなります。

セルチュクには鉄道駅があり、トルコ第三の都市・イズミルや、世界遺産のパムッカレ観光の入口となるデニズリ(Denizli)を結ぶ鉄道も発着します。

セルチュク観光地図

黄色:鉄道駅/オトガル
青:見どころ
赤:おすすめレストラン
紫:ホステル

イズミル~セルチュク間のアクセス

トルコ第三の都市・イズミル(İzmir)~セルチュク間の移動には、鉄道利用が確実に便利です。

というのも、セルチュクこそオトガル(バスターミナル)と鉄道駅の両方が中心部にあるものの、イズミルのオトガルは中心街から離れており、アクセスが面倒(地下鉄とトラムの乗り換えが必要)なためです。

↑イズミルのバスマネ駅

セルチュク方面への鉄道が発着するイズミルのバスマネ駅(Basmane Garı)は市内中心部に位置しており、観光エリアからは十分徒歩圏内。

バスマネ駅~セルチュク駅間は、1日7本の列車が走っています。

イズミル~セルチュク間鉄道

所要時間:1時間15分
料金:9TL(=¥168)

※時刻表はトルコ鉄道の公式サイトでご確認を。

イズミル発セルチュク方面の鉄道は全て、イズミル空港を経由します。

他都市から飛行機でイズミルに入り、そのままセルチュク方面に向かう場合も、鉄道の利用が便利かつ最安の移動手段となります。

デニズリ~セルチュク間のアクセス

パムッカレ観光の玄関口となるデニズリ(Denizli)~セルチュク間は鉄道・バスで結ばれていて便利です。

実は、イズミルを出発した列車は全て、セルチュクを経由してデニズリへと向かうもの。

デニズリの鉄道駅とバスターミナルはいずれも中心街にあって隣接しているため、のぶよ的には料金が安い鉄道の利用をおすすめします。

デニズリ~セルチュク間鉄道

所要時間:3時間15分
料金:18TL(=¥336)~

※時刻表はトルコ鉄道の公式サイトでご確認を。

デニズリ~セルチュク間バス

所要時間:2時間45分
料金:43TL(=¥802)

エフェソス(エフェス)とパムッカレを1日でまわることは可能?

多くの日本人が、イズミル~エフェソス(エフェス)遺跡~パムッカレを一日で観光するコースを選択します。

普段は急ぎすぎる観光スタイルにはあまり賛成しないのぶよですが、このコースなら1日でも十分にまわることができると思います。

エフェソス(エフェス)遺跡の観光に必要な時間は2~3時間、パムッカレ観光は4時間ほどあれば十分なので、移動の時間を入れても一日で十分に観光を満喫することができます。

ただし、今回紹介したセルチュク中心部やエフェス考古学博物館、周辺の見どころまで足をのばすなら、日帰りは不可能。
セルチュクに1泊し、2日間に分けて観光することとなるでしょう。

エフェソス遺跡の現地ツアー

トルコの他観光地と組み合わせて効率良くエフェソスを観光するなら、現地ツアーの参加もおすすめ。
ガイドが付いているので、各スポットの歴史をより深く知ることができるのは大きな魅力です。

エフェソス遺跡の現地ツアーに関しては、近郊のシリンジェ村や聖母マリアの家などにセットで訪れるものも多く、1日で周辺の観光スポットを見学できるのが特徴です。


イスタンブールから2泊3日で!古代遺跡エフェソスと世界遺産パムッカレ&地中海リゾート・クシャダス 3日間<国内航空券込/日本語ガイド/食事付/イスタンブール発>
icon

トルコ感動旅!イスタンブール、カッパドキア、エフェソス、パムッカレ 6泊7日<イスタンブール発着>
icon

エフェソスの日本語現地ツアーを探す!

エフェソスの全ての現地ツアーを探す!

セルチュクのホステル情報

ANZ Guesthouse

料金:35TL(=¥646)
部屋:8ベッドドミトリー

この宿を料金確認・予約する (Booking.com)

この宿を料金確認・予約する (Agoda)

・立地:10/10

セルチュクのオトガル(バスターミナル)から徒歩5分ほどの場所にあり、どこへ行くにも便利な立地の宿です。

スーパーマーケットも近く、エフェソス遺跡(3km)までも徒歩でアクセスすることも可能です。

・アクセス:10/10

オトガルから宿までの道にはいくつか看板が出ているので、迷わずに到着することができます。

チェックイン対応時間には入口の扉は開いており、常に人がいるので、チェックインもとても簡単でした。

・スタッフ:4/10

悪い人ではないのですが、なんとなくビジネス臭ばかり感じられるような感じでした。

観光案内なども全くなく、ただお金のためにやっている感じです。

気に入らなかったのが、コーヒーを作るためのお湯をもらうのに3TLをとってくる所。
お金の問題ではなく、そういった考え方が受け入れられませんでした。

・清潔さ:6/10

汚くはないものの、とても清潔であるとは言えない状態です。

建物自体が古いこともあり、なんとなく薄暗い室内の雰囲気も相まって、場末感が漂っていました。

・設備:5/10

シャワーは2か所あるのですが、ホステルの規模を考えたら足りないと思います。

共用エリアは屋外のテラス部分しかないため、冬場は部屋に閉じこもるしかなくなってしまうのが残念。

先述の通り飲み物は有料なため、ゆっくりとくつろげる感じではなかったのも気に入りませんでした。

wi-fi:6/10

ドミトリーは地下にあるのですが、wi-fiのシグナルがかなり弱く、途中で途切れることもかなりありました。

受付に近い共用エリアでは問題なく接続できるものの、写真のアップロードには恐ろしいほどの時間がかかります。

・雰囲気:6/10

冬場は必然的に部屋の中で過ごすこととなるので、同じ部屋の宿泊客同士では自然とコミュニケーションが生まれます。

ただし、宿自体の雰囲気があまり良くないため、何となく気分的に盛り上がらない部分がありました。

総合:6.7/10

セルチュクで最安値で宿泊できることと、抜群のロケーション以外には何の存在価値もないホステルです。

1泊だけならまだしも、数日間滞在する場所としてはかなり微妙だと思います。

この宿を料金確認・予約する (Booking.com)

セルチュクの宿をすべて見る (Booking.com)

この宿を料金確認・予約する (Agoda)

セルチュクの宿をすべて見る (Agoda)

トルコ国内からBooking.comを利用しての検索・予約はできません。

トルコ政府によるインターネット規制によるものですが、旅行者にとってはかなり不便。

・Booking.com利用の場合はトルコ国外からあらかじめ予約しておく
・他の宿泊予約サイト(Agoda等)を利用する

などして、対応しましょう。

【詳細はこちらの記事で解説しています】

おわりに

エフェソス(エフェス)遺跡観光の拠点となるセルチュクと周辺の見どころを紹介しました。

正直なところ、町自体にはそこまで見どころはないセルチュクですが、パムッカレやイズミルからのアクセスがかなり便利なため、観光&移動のついでに数泊していくくらいのスタイルがおすすめです。

おすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article