次の旅を夢見て。

旅好きには苦しい時期。
そんなときはさぼわーる。で空想トラベルはいかがでしょう。
海外観光スポットから名物グルメ、コラムまで情報たっぷりでお届けしています。
好きな国・テーマごとに記事のPick upもできますよ◎

みてみる

コメント

  1. めんこ より:

    美味しいと紹介してるモノは既にサバサンドじゃ無い
    サバタコスじゃないか。しかも醤油で味付けって…
    大阪で美味しいからって広島焼き食べてる様なもん。
    例え味が合わなくても、普通のサバサンドを食べるかな
    あの雑に置いてる感じ最高に美味しそうだし。炭火焼とかに拘るなら最初から家で食べる。

    • 小山 のぶよ より:

      めんこ様

      コメントいただきありがとうございます。
      ご存じないようでございますので、僭越ながら「サバサンド」の定義についてお話させていただきます。

      そもそも、トルコには「サバサンド」というものはなく、日本の旅行会社や旅行者の間で俗称として呼ばれていたものが定着したもので、現地トルコでは通じません。(英語で”Mackerel sandwich”と言っても、ほとんど理解してもらえないでしょう。)

      日本人が「サバサンド」として話題にしているものは、Balık ekmek(パンに魚を挟んだもの)やBalık Dürüm(当記事で紹介しているロールタイプのもの)などの種類がございまして、店によって通常のパンを用いるか薄いピタパンを用いるかは変わります。英語名は”Fish kebab”となり、魚を焼いたものを何らかの生地に挟んだものということとなります。
      また、トルコ語のBalıkは「魚」という意味なので、原則どんな魚を使ったものでも「サバサンド」と呼ばれ得るのです。
      イスタンブールの金角湾周辺は古くからサバが良く取れて安価だったため広がっているだけであって、私たち日本人がイメージする「サバサンド」の中身はイワシやアジ、カレイであることもあるほどなので。

      ですから、「これはサバサンドだ/ではない」という議論は、「サバサンドたるもの」の前提が成り立たない詭弁となってしまいます。(そもそも私たち日本人が、現地トルコに存在しない「サバのサンドイッチ」という概念を勝手に内輪で広げたものにに過ぎません)

      また、おっしゃっている「タコス」の定義がよくわからないのですが、メキシコ料理のタコスのことでしたら、あちらではタコス=生地に具が巻かれた状態で提供されるものではありません。おそらくブリトーか何かとお間違えになっているのではないでしょうか。一度「普通のタコス」についてお調べになることをおすすめさせていただきます。

      先述の通り、「普通の」サバサンドというものは存在しませんし、どのような味を好むかは人それぞれ変わります。
      イスタンブールは本当に素晴らしい町です。ぜひ、めんこさまがご希望のように、屋台で雑に焼き置かれた骨だらけの、生ぬるくて生臭い「普通の」サバサンドを食べて、楽しいイスタンブールの思い出がより彩り深いものとなりますよう、心からお祈りしております。

  2. とおりすがり より:

    この情報は凄く良いですね。名物うまいものなし、と言いますが、要は評判にあぐらをかいて努力をしなくなった、というだけですからね。
    私としては小山さんのお考えに完全に同意で、しょせん(って言ったら怒られるか?)、B級グルメの類なので、醤油を導入しようが何しようが、美味しいことが第一です。こんなもん(ってのもまた失礼?)に伝統求める方がバカ、本末転倒です。魚介類+醤油(およびそれに類した発酵調味料)があうのは万国共通。勝手な想像だけど、ローマ伝統のガルムを使ったらさらに地中海風味になるかもしれないですね。

    • 小山 のぶよ より:

      とおりすがり様

      コメントありがとうございます。

      トルコあるあるなのかもしれませんが、「有名になる→手を抜き始める→それを真似た他のお店の方が安くて美味しいものを提供するようになる」という流れがあるように感じます。
      言ってしまえば、その辺で大量にとれるサバをどこにでもあるパンに挟んだだけの料理(と呼べるのか微妙ですが)なので、同じ値段を出すなら美味しい方が良いと思います。

      「ガルム」という調味料を知らずに調べたのですが、魚醤のようなものだということで…絶対に合いますね(笑)
      アジアでよくある魚醤とは風味が異なるということなので、個人的にとても興味があります。