【NEW】アルバニア旅行・観光情報まとめページ、できました! ▶
さぼわーる。へようこそ!

今年こそ...今年こそは...世界の状況が落ち着いて、みなさんが行きたい場所に行けますように...!

穴場スポットや旅行に役立つ情報、各国グルメまで...
ヨーロッパ~コーカサス地域のニッチな情報多めの個人ブログ「さぼわーる。」へようこそ!

サイトのトップページをみてみる!

ジョージア料理で一番おすすめ!オジャフリのすべてを語りたい。【レシピ/美味しい店ランキング】

こんにちは!ジョージア滞在もまもなく2年半、世界半周中ののぶよ(@nobuyo5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

知っている人は知っているでしょうが、ここ最近のぶよが週に2回、いや3回以上のペースで食べているジョージア料理があります。

その名も「オジャフリ」!

オジャフリ(これを書いてる今まさに現在進行形で食べたい)

ビールのお供にも、ガッツリランチにも、禁断の夜食にも…
オジャフリはどんな食事のシチュエーションにも抜群に合う、定番のジョージア料理です。

しかしながら、日本ではまだあまり知名度が高くないよう。
「オジャフリ?何それ?」と聞かれることも多々…この状況、オジャフリ布教大使(自称)としては見過ごせません!

というわけで、今回はジョージア料理のオジャフリにスポットライトを当てた記事

オジャフリの基本情報から、ジョージア国内で「ここのオジャフリはとにかく旨い!」と胸を張っておすすめできるお店ランキング、日本でも再現できる基本の作り方・レシピまで…
オジャフリ愛好家にはたまらない内容となっています!

オジャフリには特別な材料は必要ないため、日本でも意外に再現しやすい点もポイント。
ジョージアの庶民的な料理の美味しさに、多くの人が夢中になってくれれば嬉しいです!(あわよくば日本でも提供する店が出てきてほしい…)

ジョージア料理「オジャフリ」とは?

そもそもオジャフリって何?

オジャフリが並ぶ食卓(インパクトすごい…)

オジャフリとは、ジョージア全国で定番メニューとして食される料理のひとつ。

油で揚げたじゃがいもと、スパイスやニンニクでマリネした豚肉のグリルを一皿に合わせたもので、「ジョージア風ジャーマンポテト」なんて表現されることもあります。(とはいえ、ジャーマンポテトとは似て非なる味わい)

オジャフリの味における最大の特徴は、大量に使用されるニンニクとハーブの風味
一度食べたら病みつきになってまた食べたくなること間違いなし!果てしなくビールと合うので、飲兵衛量産待ったなしのけしからぬ料理です(笑)

「オジャフリ」(Ojakhuri / ოჯახური)という料理名は、ジョージア語で「家族」という意味の「オジャヒ」(Ojakhi / ოჯახი)の形容詞形。
その名の通り、家族みんなで楽しめる家庭的な味わいの絶品料理です。

オジャフリ?オジャクリ?どちらの表記が正しい?

この料理を日本語で表記する際には、少し注意が必要。

カタカナ書きで「オジャリ」と「オジャリ」の2種類の表記が混在しているのですが、より現地の発音に近く、ジョージア語の表記に忠実なのは「オジャ」です。

ローマ字表記だとOjakhuliとなり、kの文字が入ることから「オジャクリ」の語表記が生まれたのでしょうが、ジョージア語のkhの音は日本語のハ行に近い発音

定番料理のンカリ(Khinkali)やチャプリ(Khachapuri)などにもこのkhが入っていますが、いずれも「キンカリ」や「カチャプリ」とは書かないのと同じ理屈です。

なので、オジャリ表記はとにかくもうさっさと絶滅して然るべき!
使われてるのを見つけ次第通報しますぞ!(過激派)

オジャフリに欠かせないソース「トケマリ」

オジャフリにはマストなソース

オジャフリの豚肉とじゃがいもにはすでに味がついていますが、ジョージアではさらにトケマリ(Tkemali / ტყემალი)というソースをかけながら食べるのが定番。

トケマリとは、梅の実を煮込んでハーブやスパイスで味付けをした、ジョージア独自のソースのこと。
甘酸っぱく爽やかな風味が特徴で、オジャフリとの相性はとにかくもう抜群です。

▼こんな感じで、トケマリの海にしながら食べるのがジョージア流!

オジャフリには必須なトケマリですが、日本ではまず手に入らないのが難点。

自作するのもなかなかハードルが高いですし、なくてもオジャフリはオジャフリなのですが…100%本場の味を求めるなら自家製トケマリ作りに挑戦してみるのも良いかもしれません。(需要あればのうちレシピ書こうかな…)

ジョージア料理に必須のスパイスやソース一覧はこちら!

ジョージアで一番美味しいオジャフリの店ランキング

オジャフリがどんな感じの料理なのか、ここまででお分かりいただけたのではないでしょうか。

オジャフリはジョージアではとてもポピュラーな料理で、どこのレストランや食堂でも置いてあるほど。シンプルな材料と調理法ですが、こうした料理こそ調理する人の腕が試されるもの。

そう、オジャフリのクオリティーは店によってピンキリなのです。

味付けが微妙だったり、肉が硬かったり、焼きすぎて焦げていたりすることもしばしば。
肉の調理法はもちろん大切ですが、じゃがいも本来の美味しさによっても大きく味わいが変わります。

個人的に、ジョージアで美味しいオジャフリが食べられる確率が高いのは、だんぜん西部地域
じゃがいもが美味しいことで有名な地域も多く、肉の調理法も抜群に良いように思います。

トビリシなど東部でも色々なお店をまわったのですが、「ここのオジャフリ、美味しすぎる…!」と感動した店にはまだ出会っておらず…どこか絶品オジャフリが食べられる食堂などあれば教えてください!

というわけで、この項ではジョージア各地に星の数ほど存在するオジャフリを提供するお店の中でも、「ここのオジャフリは絶対にハズさない!」とおすすめできるお店6軒をランキング形式で紹介していきます。

ジョージアの絶品オジャフリ店マップ

ジョージアの美味しいオジャフリ店第6位:Saxinkle Palmebi(クタイシ)

クタイシの地元民に絶大な支持を誇るローカルレストランが、Saxinkle Palmebiというお店。【マップ

観光の中心となる旧市街からはやや距離があり、徒歩20分ほどかかりますが、わざわざ足をのばす価値は十分にあります。

店名の”Saxinkle”=「ヒンカリ屋」の意味ですが、のぶよ的にこの店の真の看板メニューはオジャフリだと思います。

このお店のオジャフリの特徴

・じゃがいも:たっぷり油で揚げたホクホク系
・ハーブ:少なめ
・味つけ:こってりめ
・値段:10GEL(=¥500)

大ボリュームのオジャフリ

陶器の皿からあふれ出さんばかりにどーんと盛られたオジャフリは、豚肉の量もたっぷりの大ボリューム。
ニンニクが多めに使われたがっつり&こってり系の味つけが特徴的で、もはやビールを頼まないという選択肢は考えられません。

パクチーなどのハーブは豚肉とともにグリルされるスタイルで、ハーブ独特の主張は控えめ。
ほっくほくのじゃがいもと、じゅわりと柔らかい豚肉のハーモニーを存分に味わえます。

クタイシの地元の人から支持されるのも納得のオジャフリと、良心的な値段。
何度でも通いたくなる魅力があるローカル店です。

このお店の詳細情報はこちら!

ジョージアの美味しいオジャフリ店第5位:絶品のアジャリア風オジャフリ食堂(フロ)

もはや看板すらない店

ジョージア西部・アジャリア地方の山間部は、「ジョージアで一番美味しいじゃがいもの産地」と言われるエリア。
その中心的な町・フロにある名もなきローカル食堂は、一風変わった絶品オジャフリが食べられるお店です。【マップ ②】

このお店のオジャフリの特徴

・じゃがいも:大量の油でサクッと揚げたホクホク系
・ハーブ:なし
・味つけ:あっさりめ
・値段:10GEL(=¥500)

肉の量がおかしい…

この食堂で提供されるのがアジャリア風オジャフリ
その最大の特徴が、豚肉ではなく牛肉が使用される点と、パクチー等のハーブがいっさい入らない点。

ジョージア全国的には「オジャフリ=豚肉」なのですが、ここアジャリア地方の山間部ではイスラム教徒住民が多いため、豚肉が使用される料理のすべては牛肉で代用されるのです。
また、オジャフリに必須のパクチーが入らない理由は、ハーブ類が貴重品である山間部ならではでしょう。

トケマリソースとの相性の良さにびっくり。

目を疑いたくなるような爆盛りの牛肉とじゃがいも…豪快なビジュアルとは裏腹に、肉の味つけはとても繊細であっさりめ。
肉本来の旨味が全面に引き出されており、無料でついてくる自家製のトケマリソースの甘酸っぱさも、繊細な味わいを引き立ててくれています。

この食堂では、オジャフリはメニューには載っていない「裏メニュー」のような存在。
のぶよの場合、フロ滞在中にこの食堂に通うこと数回でようやくありつけました。(前日に肉をマリネするので、「明日また来るからどうしてもオジャフリが食べたい!」と念押ししておいた)

このお店の詳細情報はこちら!

ジョージアの美味しいオジャフリ店第4位:秘密の人情食堂(バトゥミ)

どローカル感の中で食べる絶品料理!

続いては、ジョージアで最も美味しいオジャフリ店がひしめき合う「オジャフリの聖地」バトゥミから。

ローカルエリアでひっそりと営業する、秘密の人情食堂です。

利用客の地元民率は限りなく100%に近く、メニューもジョージア語表記オンリー。
果てしない場末感がただよう酒場のようなお店なのですが、とにかく何を食べても美味しいのです。

このお店のオジャフリの特徴

・じゃがいも:クテっとしたソテー系
・ハーブ:普通
・味つけ:こってりめ
・値段:9GEL(=¥450)

この食堂でもオジャフリはメニューには書かれておらず、裏メニュー的な扱い。
表に出していないのがもったいなく感じてしまうほどに、絶品の極みなオジャフリが食べられます。

サツェベリソースが出される
味付けの上手さはダントツ一位!

この食堂のオジャフリが素晴らしい点は、味付けの秀逸さに尽きます。

薄すぎず濃すぎず、ほのかに香るスパイスのエスニック風味もちょうど良い感じ。
チャチャ(蒸留酒)に漬けこまれた豚肉の柔らかさとジューシーな味わいも感動的です。

また、いつ行っても同じ味を提供してくれる点も◎
ジョージアでは味付けが目分量でされることがほとんどであるため、どんなお店でも味にムラがある場合が多いのですが、このお店はいつでも安定した同じ味が楽しめるのです。

ジョージアの美味しいオジャフリ店第3位:Cafe Koshki(ウシュグリ)

外観

ジョージアの絶品オジャフリの第三位のお店は、スヴァネティ地方最奥部に位置する人里離れた村の食堂。
この地域伝統の中世の石塔を残した世界遺産の村・ウシュグリ村中心部の高台に位置するCafe Koshkiというお店です。【マップ ③】

世界遺産の村ということで、多くの観光客が訪れるようになったウシュグリ。
「観光地のレストラン=美味しくない」と思っていたのですが、大間違いでした。

Cafe Koshkiは、旅行者にもウシュグリの村人にも評判のお店。
内部はややがらんとした印象で、サービスはやや素っ気ないですが、リーズナブルな料金で美味しい料理が食べられることで人気です。

このお店のオジャフリの特徴

・じゃがいも:大量の油でサクッと揚げたホクホク系
・ハーブ:少なめ
・味つけ:あっさりめ
・値段:15GEL(=¥750)

オジャフリ。めちゃくちゃ量が多いので注意!

Cafe Koshkiのオジャフリは、「これ…一人前…?」と驚いてしまうほどのドカ盛り大ボリューム。
カラリと揚がったじゃがいもはホックホクの極みで、これでもか!とばかりにのせられた豚肉も、柔らかくジューシーです。

肉の味つけには、この地域特産の調味料「スヴァネティ塩」が用いられている点も独特。
エスニックで深い旨味が感じられ、大満足間違いなしの絶品です。

このお店の詳細情報はこちら!

ジョージアの美味しいオジャフリ店第2位:商売っ気ゼロの最強食堂(バトゥミ)

メニューはもちろん、ジョージア語オンリー(にっこり)

ジョージアの絶品オジャフリランキング第二位に輝いたのは、やはりバトゥミのお店。
ローカル感でいっぱいの町工場エリアでひっそりと営業するバトゥミ最強の食堂を推したいです。【マップ

営業時間はもはや適当、メニューはおばちゃんの気分で変わるという、ジョージアでも屈指の商売っ気のなさを誇るこの食堂。
何を食べても間違いない美味しさなのですが、ここのオジャフリはとにかくもう感動的です。

このお店のオジャフリの特徴

・じゃがいも:ソテーしたクタっと系
・ハーブ:大量
・味つけ:こってりめ
・料金:鶏肉10GEL(=¥500) / 豚肉12GEL(=¥600)

、見た目からして芸術的。

じゃがいもはソテーするスタイルの調理法で、クタっとした独特の食感。豚肉にはしっかり目に味付けがされており、ビールとの相性を考えて作られたかのような一品です。

若干油が多めで味付けもこってり系なのですが、仕上げにのせられる大量のハーブと玉ねぎスライスの爽やかさが中和してくれます。

特筆すべきが、無料でついてくる自家製トケマリソース。
酸味と甘みが絶妙なバランスで混ざり合っており、こってり系おじゃふりに華やかで上品な味わいを加えてくれます。

とにかく美味しいオジャフリが食べられるバトゥミの最強食堂ですが、おばちゃんの気分によって味に若干ムラがあるのがマイナス。(まあ、それもジョージアのローカル食堂の魅力ではあるのだけど)

おばちゃんの気分がノッているときを見計らっての訪問をおすすめします(笑)

このお店の詳細情報はこちら!

ジョージアの美味しいオジャフリ店第1位:Cafe Bar Zundaga(バトゥミ)

外観は安定の場末感。

お待たせしました…ジョージア全国のNo.1オジャフリを紹介しましょう…

のぶよ的最強のオジャフリが食べられるのは、やはり「オジャフリの聖地」バトゥミのお店。
ローカルエリアに位置するCafe Bar Zundagaという小さな食堂です。【マップ ⑤】

地元出身の姉妹が切り盛りする食堂で、何を食べてもかなりのハイクオリティー。
作り置きはせず、注文が入ってからひとつひとつ作るこだわりのお店で、価格帯も完全なるローカル食堂価格なのが嬉しいです。

このお店のオジャフリの特徴

・じゃがいも:大量の油でサクッと揚げたホクホク系
・ハーブ:少なめ
・味つけ:あっさりめ
・料金:10GEL(=¥500)

ゴロゴロ豚肉がたっぷりのオジャフリ

Cafe Bar Zundagaのオジャフリは、ニンニクはやや強めではあるものの、総合的にあっさり風味。

ごろごろと存在感のあるじゃがいもは完璧な揚げ具合でホックホク。丁寧に下味がつけてあることが舌で感じられるジューシーな豚肉に、ハーブに少し火を通すことで風味を最大限に引き出す調理法…
とにかく、すべてにおいてパーフェクトなオジャフリが食べられます。

日による味のムラがほとんどないのも素晴らしい点。
ここのオジャフリを一度食べてしまったら、もう他の店のオジャフリは食べられなくなるかも…!

このお店の詳細情報はこちら!

ジョージア本場の味を日本でも!オジャフリの作り方・基本のレシピ

さてさて…ジョージアの本場のオジャフリ情報と数々の写真で、みなさんお腹が空いてきたのでは?
お待ちかね、ここからはオジャフリのレシピ情報です!

「ジョージア料理」と聞くと、作り方がまったく見当つかなかったり、色々と未知の食材が必要そうに思えますが、実はオジャフリの作り方はとてもシンプル。特別な材料も必要ありません。

スパイスこそジョージア独自のものが用いられますが、日本で手に入れやすいスパイスでの代用も十分に可能。
日本のオジャヒ(家庭)でも再現しやすいジョージアの家庭の味、ぜひ一度挑戦してみてほしいです!

①豚肉をマリネする

オジャフリの調理法における最初にして最大のポイントが、豚肉に下味をつけてマリネしておくこと。

一人分200gほどの豚肉の赤味をひと口大に切り分け、以下の調味料やスパイスでマリネするのが基本です。

豚肉の下味づけに使われる材料(一人分/豚肉200g)

・ニンニクみじん切り:4~5片
・玉ねぎ薄切り:4分の1
・ワインビネガー:大さじ1
・塩コショウ:適量
・コリアンダーシードパウダー:適量
・フメリスネリ:適量
・ベルベリス:適量

コリアンダーシードパウダー

コリアンダーとはパクチーのこと。「コシアンダーシードパウダー」とは、パクチーの種を粉末状にしたスパイスで、日本でも手に入れやすいはず。
苦手な人も多いパクチーの葉のあの独特な風味とは異なり、柑橘系の香りただよう爽やかな風味が特徴です。

フメリスネリ

ジョージアのミックススパイスのこと。インドのカレーで例えるならガラムマサラのような存在で、華やかでエスニックな風味を加えてくれます。
日本では手に入りにくいので、クミンやカレー粉で代用可能です。

ベルベリス(バーベリーとも)

粉末状のものも、粒子は結構大きめ。

メギ科の木の実を乾燥させたスパイスのこと。甘酸っぱいフルーティーな風味を加えてくれます。
乾燥クランベリーの粉末で代用可能ですが、なくてもそれなりの味になります。

はじめて作る際は、ニンニクの量に驚くかもしれませんが、オジャフリとニンニクは切っても切れない関係。
「こんなに入れてもいいの?」と疑問に思うくらいに、たっぷりと入れましょう。

豚肉をマリネしたら、3時間~4時間ほど冷蔵庫で寝かせておくのがポイントです。(ジョージアでは一晩寝かせることもあります)

ジョージア料理に必須のスパイス一覧はこちら!

②じゃがいもを揚げる

豚肉に下味をつけ終えたら、じゃがいもを油で素揚げします。

切り方はフリーダム。薄切りでもごろっと大きめでも、お好みの形でOKです。

油の量が多めだとカラッと揚がってほくほくした仕上がりに、油の量が少なめだとソテーのようなクタっとした仕上がりになります。

ジョージアでも店によって、ほくほく系オジャフリ / クタっと系オジャフリの二系統があるので、お好みの油の量で調理するのが◎
(個人的にはほくほく&カラッと揚がった油の量多めのオジャフリが好み)

じゃがいもが揚がったら、塩コショウであっさり目に味付けしておきましょう。

③豚肉をグリルしてじゃがいもと合わせる

じゃがいもを油で揚げるのと同時進行で、マリネしておいた豚肉を調理していきます。

オーブンでじっくりグリルするのも、フライパンでサッと炒めるのも、どちらでもOK。
ジョージアでは豚の脂身を油代わりに炒めるのが基本ですが、一般的なサラダ油を使っても問題ありません。

④ハーブと玉ねぎをトッピング

「ケツィ」という陶器の器に盛り付ければ、さらにジョージア感UP!

じゃがいもが揚がり、豚肉に完全に火が通ったら、それぞれを一皿にどーんとのせます。

あとは仕上げにトッピングをすれば完成!

オジャフリのトッピングの定番

・薄切りの生玉ねぎ
・コリアンダー(パクチー)の葉を細かく切ったもの
・ざくろの実
・カイエンヌペッパー(赤トウガラシの粉末)
・緑&赤パプリカ(生でもグリルしたものでも)

トッピングは完全に好みとなりますが、個人的には大量のパクチーと生のパプリカ、生玉ねぎは欠かせません!

おわりに

好きで好きでたまらないジョージア料理のオジャフリについてのアレコレを、ものすごい熱量で語ってきました。

みなさん、ついて来られているでしょうか…?(笑)

知名度はイマイチなオジャフリではありますが、日本でも絶対に受け入れられる味であることは間違いなし。
「ジョージアのエスニックなじゃがいも料理」としての地位を確かなものにする日が来るのではないかとワクワクしています。

日本でも比較的作りやすい点も、のぶよがここまでオジャフリを推しまくる理由。
ぜひとも家庭でジョージアの味を再現してみてはいかがでしょうか。(そしていつかは本記事内で紹介した絶品オジャフリ食堂を訪問して、本場の味に感動してほしい!)

コメント

error: さぼわーるの全記事は保護されています。
タイトルとURLをコピーしました