ウクライナの物価はどれくらい安い?旅行スタイル別一日の予算。【2020年最新版】

ウクライナの物価はどれくらい安い?旅行スタイル別一日の予算。【2020年最新版】

こんにちは!ウクライナをまったり満喫中の、世界半周旅行者・のぶよです。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

滞在した国の物価から、旅行に必要な1日の予算を考えていくこのコーナー。
今回はウクライナ編です!

2014年に起こったウクライナ危機や、記憶に新しいロシアによる強引なクリミア半島編入などの政治的混乱が続きいたウクライナ。

その通貨であるフリブニャはかなり下落してしまい、5年前の半分の価値にまで下がってしまいました。

旅行者の間では、「東南アジアより安い国」とか「世界一物価が安い国」等言われることが多いウクライナの物価。

初めに結論を言ってしまうと、確かにウクライナの物価は格安。しかしそこまでではない。という感覚です。

これには、ウクライナの急激すぎる通貨価値の下落に反発した、急激すぎる物価の上昇が原因として挙げられます。
実はのぶよはウクライナウライナ危機直後の2014年夏にウクライナを訪問しているため、今回(2019年)が二度目のウクライナ訪問。

5年前と比べて、全ての価格がウクライナ・フリブニャ計算で2倍になっているように感じました。

5年前は4フリブニャで乗れた地下鉄が8フリブニャに、30フリブニャで食べられたランチが60フリブニャに…。

通貨の価値が5年前の半分になっているため、私たち旅行者にとっては結局同じ値段。
しかし現地の人々の給料は二倍になったわけではありません。

入ってくる給料は同じなのに、いつのまにか物価が2倍になっている。
この点だけで、ウクライナという国が現在どれだけ困窮した状況にあるのか理解していただけるのではないでしょうか。

↑多くの場所で、商品の料金が手書きで書き直されている。

話が少しそれてしまいました。
ここからは、2019年訪問時のウクライナの物価について、お伝えしたいと思います。

つい数年前の2017年、2018年のウクライナの物価についてのブログ記事をいくつか拝見しましたが、2019年現在のウクライナの物価に対するのぶよの印象とはかなり乖離しています。
それだけ、短期間でウクライナの物価が上昇しているのでしょう。

【追記:2020/01/06】

2020年の最新のウクライナの物価情報に更新するとともに、記事を大幅に加筆修正しました。

ウクライナの通貨はフリブニャ (UAH)
※1UAH=4.10円
で計算しています。

Advertisement

ウクライナの食費

ウクライナの食費は安いです。
安くてもある程度のクオリティーの食事ができます。

しかしながら、安いといっても隣国のモルドバよりほんの少しだけ安い程度で、モルドバから国境を越えてウクライナにやってきた旅行者はあまり差を感じないかもしれません。

ウクライナのファストフードの値段

↑ファストフードの代表格・ピロシキ

ファストフード文化があまり根付いていないウクライナですが、ベーカリーなどでは手軽に食べられる軽食類が売られています。

代表的なのはピロシキ(肉やポテトなどの具が入ったパン)で、1個12UAH(=¥50)ほどで購入できます。

ウクライナのレストランの値段

総じて外食費が安めなウクライナですが、特にその安さを際立たせるのがランチタイムの存在。

多くのレストランでは、昼12時~15時の間は食事代金が10%~15%割引になるサービスを行っています。

そもそもの値段が安いのに、そこからさらに割引って。なんだか申し訳ない気持ちになります。

ボルシチやキエフ風カツレツなどに代表されるウクライナ料理は、バラエティー豊富で、寒い国らしく濃いめの味付けが特徴。節約派バックパッカーの旅でも、気軽に名物料理を味わえるのはとても嬉しいポイントです。

ウクライナのレストランの予算

ランチタイム利用:100UAH~ (=¥412)
ディナー:150UAH~ (=¥617)

ウクライナの食堂の料金

作り置きのお惣菜がずらりと並んでいるウクライナの食堂は、言葉が分からない旅行者でも指差し注文ができるのでとても便利。

ウクライナ全土にあるチェーン店のプザタ・ハタが有名ですが、個人経営の食堂も多く点在しており、場所によってメニューも料金相場も変わってきます。

レストラン利用時よりもさらに安く済むのがポイント。

スープ、メイン、付け合わせで50~70UAH(=¥205~288)ほどで一食食べられる驚異のコストパフォーマンスが魅力的です。

ウクライナのコーヒーの値段

ルーマニア、モルドバともに高く感じた、カフェで飲むコーヒー。
ウクライナでも、コーヒーの値段は物価と比較して高めです確実にバーで飲むビールの方が安いです。

カフェでコーヒー1杯を頼むと25UAH~ (=¥103)ほど。
コーヒースタンドでコーヒーテイクアウトをするなら、半額ほどの14UAH~ (=¥58)ほどです。
(テイクアウトのコーヒーはあまり美味しくないものが多いのが残念。)

あまりコーヒー文化が定着しておらず、「コーヒー=おしゃれ」という感覚があるのかもしれません。
コーヒー1杯60円で飲めたポルトガル生活が恋しくなりました。(笑)

ウクライナのビール/ワインの値段

ウクライナのアルコールの価格はかなり安いです。

スーパーマーケットで購入する場合は1缶20UAH (=¥82)ほど。
バーでビールを1杯(500ml)頼んでも25UAH~ (=¥103)ほどとあまり変わらないので、多くの人が外に飲みに行きます。

ワインも1本100UAH (=¥410)ほどと安く購入できるので、お酒好きにはたまりませんね。

ウクライナのスーパーマーケットの食料品の値段

ウクライナが格安なのは外食費だけではありません。

さらに節約したいなら、スーパーマーケットで食料品を購入して自炊するという手もあります。

肉、野菜、主食などは激安で手に入りますし、お総菜コーナーでは出来合いのものを購入することも可能です。

スーパーマーケットの食料品の値段

水1本:10UAH (=¥41)
牛乳1リットル:22UAH (=¥92)
米1kg:25UAH (=¥104)
鶏肉1kg:92UAH (=¥385)
卵12個:30UAH (=¥123)
じゃがいも1kg:8UAH (=¥33)
トマト1kg:33UAH (=¥138)
リンゴ1kg:17UAH (=¥71)

Advertisement

ウクライナの移動費

食費と同様に激安なのが、移動費です。
国土が広いウクライナですが、交通費が安いので長距離移動もあまり負担になりません。

一般的に鉄道はバスよりもかなり安く、半額ほどの料金で移動できることも。

本数は少なくかなり時間がかかってしまいますが、格安でのんびり移動したい人には、かなりおすすめ。

ウクライナの長距離移動料金

先述の通り、ウクライナの長距離移動におすすめなのが鉄道
特に、夜行の寝台列車のコストパフォーマンスは素晴らしく、一人一台ベッドがあるため、横になった状態で移動ができるのです。

モルドバと同様に、バスでの国内移動はマルシュルートカと呼ばれるミニバスが主流で、大型バスはあまり目にする機会がありません。

ウクライナの長距離移動費

・寝台列車(2等)で、オデッサ~キエフ間移動(450km):342UAH (=¥1407)
・寝台列車(3等)で、イヴァノ・フランキーフスク~チェルニフチ間移動(110km):52UAH (=¥217)
・バスでキエフ~リヴィウ間移動(470)km:500UAH (=¥2055)

ウクライナの市内交通料金

ウクライナの市内移動に関しては、モルドバに比べると若干高めに感じました。

市内バスが2MDL(=¥14)で利用できたモルドバに比べて、ウクライナのバスは7UAH(=¥29)~と倍の値段。
まあ、いずれにしても激安であることには変わりないのですが(笑)

首都のキエフでは地下鉄網が発達しており、どこまで行っても8UAH (=¥33)という驚異の安さを誇ります。
リヴィウやオデッサなどの地方都市でも、路面電車やバスが格安で利用できるため、市内移動に関して不便を感じることはまずないでしょう。

ウクライナの市内移動費

路線バス:7UAH~ (=¥29)
路面電車:5UAH~ (=¥21)
キエフ地下鉄:8UAH (=¥33)
タクシー初乗り:50UAH (=¥209)

Advertisement

ウクライナの宿泊費

ウクライナがヨーロッパ一安いと胸を張って言えるであろうものが、宿泊費でしょう。

特に、ホステルは、1泊90UAH (=¥370)~と考えられないような値段で泊まることができます。
個室派の人にとっても、エコノミーホテルなら驚くような低価格で宿泊できます。

ウクライナのホステル料金

ヨーロッパで最も宿泊費が安いウクライナ。
キエフやリヴィウ、オデッサなどの大きな町では、1泊90UAH (=¥370)~200UAH (=¥823)ほどでドミトリーに宿泊することができます。

一般的には、都市部ほど安宿が集中していて、地方へ行くとホステル自体が存在しないことも多いのが普通なのですが、ウクライナの場合は少々事情が異なります。

観光客なんてほとんど来ないような地方の小さな町でも500円ほどで宿泊できる格安ドミトリーの安宿があるのです。

これこそが、ウクライナがバックパッカー旅にはもってこいな一番の理由。
出費の大部分を占める宿泊費を極力減らすことができるのは、心強いものがあります。

ウクライナのホテル料金

「ドミトリーはちょっと…」という方でも大丈夫。
ウクライナでは、エコノミーホテルの個室でも300UAH (=¥1235)~ほどで宿泊することができるのです。

節約重視のバックパッカー旅であっても、長く続くホステル生活に疲れてしまっうこともあるでしょう。
そんな時でも、気分転換を兼ねて気軽に個室に宿泊することもできるのが嬉しい点です。

Advertisement

ウクライナの観光費・その他雑費

ウクライナの観光地入場料

要塞やミュージアムなど、観光地への入場料は、ウクライナは意外と高めな印象。

いや、安いんです!格安なんですが、モルドバと比べるとやはり高く感じます。

↑是非訪れたい、キエフのチェルノブイリ博物館
ミュージアム内部の写真撮影は別料金なところがほとんどなのは、東欧あるあるの一つです。

チェルノブイリ原発への日帰りツアーは、2547UAH (=¥10,482)と、ウクライナの物価を鑑みるとかなり高額。
しかし、ツアーの内容やガイドの質、訪れる場所の特別性を考慮すると、これぐらい払って当然だと思います。

主な観光地の入場料

キエフ・チュエルノブイリ博物館:24UAH (=¥99)
※写真撮影料48UAH (=¥198)
キエフ・聖ソフィア大聖堂鐘楼:60UAH (=¥247)
チェルノブイリ日帰りツアー:2547UAH (=¥10,482)
リヴィウ・ビール博物館入場+試飲:115UAH (=¥475)
アッケルマーン要塞入場:80UAH (=¥330)

ウクライナのタバコの値段

ウクライナのタバコ一箱の値段は44UAH(=¥180円)ほどと、隣国モルドバとほぼ同等か少し高め、ルーマニアよりはかなり安いと言えます。

ウクライナの場合は、より安い国産銘柄もあるので、試してみるのもいいかもしれません。

ウクライナで格安のたばこを大量に購入して、ルーマニアで安く売るという人が少なからずいるようで、ウクライナ→ルーマニアの入国審査では、「シガレット?」としきりに聞かれました。

持ち込みは10箱までと制限されているので、罰金を支払わないためにもルールは守りましょう。

ウクライナの衣料品の値段

格安な物価のウクライナにおいてものすごく割高感があったのが、洋服や靴などの衣料品の値段

ショッピングセンターなどで洋服などを少し見たのですが、Tシャツ1枚300UAH (=¥1235)と、有名なブランドでもなんでもないのに結構な価格が付けられていました。

「いったいこの格安な国で、みんなどうやって服を買うお金を捻出しているの?」と不思議になるくらいの値段でした。

Advertisement

旅のスタイル別・ウクライナ旅行の予算

モルドバと並んで、ヨーロッパで最安の物価を誇るウクライナ。

旅行のスタイルにもよるものの、総合的にウクライナのほうが安く済むのではないかと感じました。

モルドバよりも国土が広いウクライナでは、移動費は格安であるといえども、どうしてもモルドバよりも多くかかってしまいます。
しかし、長距離移動なんてそう毎日するものではありませんし、ウクライナの鉄道は夜行のものが多いので、宿泊費を節約しやすいのがポイントです。

宿泊費の安さはぶっちぎりなウクライナ。思わず長期滞在してしまう旅人が多いのもうなずけます。(のぶよもその一人)

ここからは、節約型の「バックパッカースタイル」快適旅行型の「トランクで一人旅スタイル」の二つの旅行スタイル別に、モルドバ旅行で一日に必要な予算を考えていきます。

できるだけ節約しながら、名物は楽しむ!バックパッカースタイルの一日の予算

「宿泊は基本的にホステルのドミトリー、食事は自炊を中心としながらも時々名物を外食、移動は最安の手段で観光は有名どころを制覇しつつ無料スポットを中心に。」

そんな節約型のバックパッカースタイルの一日の予算がこちら。

朝食:パンとコーヒー/15UAH (=¥62)
昼食:レストランでビジネスランチ/110UAH (=¥453)
夕食:ホステルで自炊/20UAH (=¥83)
市内移動:基本は徒歩・遠いところはバス・地下鉄利用/15UAH (=¥62)
長距離移動:鉄道3等席利用/100UAH (=¥410)
宿泊:ホステルのドミトリー/120UAH (=¥493)
観光:有名どころだけ入場/60UAH (=¥246)
缶ビール1杯/20UAH (=¥83)

合計:460UAH (=¥1892)

まさかの2000円切り!
しかもこの予算モデルは、お昼は外食、長距離移動をして、観光地にも入場するという、最もお金がかかる一日のものです。

移動しなかったり、お昼を軽く済ませたり、無料の観光スポットだけを訪れればより予算を抑えられるはずです。

個人的な感覚としては、滞在中の平均で一日1500円くらい。
これってすごくないですか?移動・食事・宿泊・観光、全て込みの予算ですよ?

西ヨーロッパなら、ホステルの1泊分の宿泊代にすら及ばない金額で一日過ごせるウクライナは恐ろしい国です。
のぶよの場合は酒は飲むわタバコは吸うわなので、1日1800円くらいでした。

しかも、ウクライナに来て一度も自炊をしていないことを、今ここで宣言します(笑)
だってレストランや食堂が安すぎて、自炊するのが馬鹿らしくて。

そしてウクライナに来て確実に飲む量が増えたのは言うまでもありません(笑)

快適&自由にめいっぱい楽しむ!トランクで一人旅スタイル

「無駄な出費は押さえるけど、移動や宿泊はある程度快適にしたい。食事も現地の美味しいものをたくさん食べて、観光スポットも逃したくない。」

そんなエコノミー派の、トランクで一人旅スタイルの一日の予算がこちら。

朝食:宿泊費に込み
昼食:レストランでランチ/130UAH (=¥535)
夕食:レストランでディナー/200UAH (=¥820)
市内移動:バス・地下鉄利用/25UAH (=¥102)
長距離移動:ミニバスを利用/200UAH (=¥820)
宿泊:ホテルの個室/300UAH (=¥1235)
観光:有名どころは制覇する/150UAH (=¥617)
バーでビール一杯/25UAH (=¥102)
カフェでコーヒー一杯/30UAH (=¥123)

合計:1060UAH (=¥4346)

移動費や観光費は、毎日かかるものではないですし、食事も毎回レストランでとるわけではないでしょう。ランチをサンドイッチなどの軽食ですませることもあると思います。

これらを差し引くと、一日2500円くらいが目安でしょう。

おわりに

通貨下落の影響で、近年物価がものすごい勢いで上昇しているウクライナ。
政治的・軍事的状況による影響が未だ安定してはいないため、これからウクライナの物価がどうなっていくのか誰にもわかりません。

しかしながら、旅人にとっては格安でそれなりのクオリティーのものが得られる夢のような国であることには変わりありません。

数日間で駆け抜けてしまうなんてもったいない!
何をしても格安で済むので、是非暮らすようにのんびり滞在してみるのはいかがでしょうか。

 

Lonely Planet Ukraine (Travel Guide)【楽天海外直送】【英語の本】【洋書】

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article