一味違う旅行ブログ「さぼわーる。」へようこそ!

まだまだ海外旅行の見通しがたたない今。
さぼわーる。で海外情報を集めておくのはいかがでしょうか。

穴場スポットを中心に、各国の食文化やコラム、エッセイまで...色々な記事を書いています!

サイトのトップページをみてみる!

クタイシの名物グルメはケバブ!伝説の名店へ潜入してみた。

こんにちは!ジョージア中部のクタイシにのんびり滞在中、世界半周中ののぶよ(@nobuyo5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

首都・トビリシに次ぐジョージア二番目の都市・クタイシは、独特のカオス感とヨーロピアンな雰囲気の町並みが不思議に融合した町。

市内にも近郊にも見どころがあり、旅行者も比較的多く訪れる大都市なのですが、クタイシに来たなら絶対に挑戦したい名物グルメがあります。

それが、「クタイシ風ケバブ」。

初めに言ってしまいましょう。
数々のジョージア料理を食べてきたのぶよの中でも三本の指に入るほどの絶品でした。

このケバブの発祥の店と言われているのは、地元では知らない人は一人もいないほどの小さな酒場。

今回の記事では、クタイシ風ケバブの魅力を徹底解説していきます。

クタイシ&周辺エリアの観光情報総まとめ記事はこちら!

クタイシで知らぬ者はなし!超有名なケバブ専門店

クタイシの中心街に位置する、ビケンティア・サカバベ(Bikentia’s Kebabery / ბიკენტიას საქაბაბე)という小さな食堂兼酒場が、今回紹介するクタイシ風ケバブの名店です。

その知名度はとにかく抜群。
クタイシの人なら100%知っていますし、トビリシなど他都市出身のジョージア人の間でも「クタイシ=このお店のケバブ」というイメージがあるほどだそうです。

店内に入ってまず驚くのが、座るスペースが一切ない点。

ジョージアの昔ながらの酒場では立ち飲みが基本なことが多く、このお店も伝統的な立ち飲み&立ち食いスタイルを貫いているのです。

のぶよが訪問した時点では客は自分一人でしたが、堰をきったようにおじさん達がどんどんやって来て、入店から5分もしないうちに6卓あるテーブルは全て埋まってしまいました。

満席になると、他の人との相席(というか、椅子はないのでテーブルをシェアするだけ)となるのがこうした酒場の基本。

しかしこの時(2020年10月)はコロナウイルス対策のため、1つのテーブルに1グループのみと制限されていました。

クタイシ風ケバブは絶品だった

このお店の凄いところは、メニューがたった一つしかない点。

・ケバブ(2本入り) + パン(1斤) +飲み物(ビールかレモネード)

ケバブセット9GEL(=¥281)のみで、ケバブ単品での注文はできないという男気です(笑)

ケバブセット(一人前)

おわかりでしょうか。量がおかしいのです(笑)

ケバブは棒状に固められたものが2本も鎮座しており、かなりの肉肉しさ。
パセリ、コリアンダー、玉ねぎなどの薬味がたっぷりとのっていて、見た目も結構良い感じです。

クタイシ風ケバブを特徴づけるのが、肉がどっぷりと浸かった秘伝のソースの存在。

ジョージア全国で食べられる一般的なケバブにはソースは付けられず、下味がついた肉の旨味と薬味の風味を楽しむのが基本です。

一方で、クタイシのケバブはトマトやビール、スパイスを煮込んだソースに肉を泳がせるスタイル。
このソースの絶妙なピリ辛さと旨味が、肉の美味しさをさらに引き立ててくれるのです。

焼きたてで提供されるケバブはとてもジューシーで柔らかく、ピリ辛ソースによく合います。

提供時はかなり大量に見えたパンも、ソースとの相性があまりにも良すぎるので、気づいたら一斤食べつくしてしまっているかも…(笑)

もちろん、セットで付いてくるビールとの相性も抜群なので、立ち飲み的な感じで利用するのもアリだと思います。

おわりに

心からおすすめしたい、クタイシ風ケバブの名店を紹介しました。

観光客のにも知られる存在となりつつあるものの、いまだに完全なるローカル御用達な雰囲気だったのも良かった点。

なんと言っても、店内の貼り紙はジョージア語表記のみ&英語は全く通じないので(笑)

のぶよはもうこのケバブにどっぷりとハマってしまい、クタイシ滞在中に4回も訪れたほど。
この記事を書いていても、あの秘伝のソースと肉汁滴るケバブの美味しさを思い出して、よだれが止まらなくなりそうでした(笑)

こうした昔ながらの味を昔ながらの雰囲気&価格で提供してくれるお店は、ジョージアでも少しずつ減ってきているのが実情。

コロナウイルスの影響でどうなるのかはわかりませんが、人気ぶりを見る限りはきっと生き残ってくれるはず。そう信じています。

クタイシに到着したら、観光よりも何よりも先にケバブ
これだけは覚えておいて損はないですよ!

クタイシ&周辺エリアの観光情報総まとめ記事はこちら!

コメント