2021年6月1日よりジョージアが日本人向けに国境開放へ!コロナ関連の現地最新情報はこちら!
あけましておめでとうございます!

2022年。今年こそは自由な旅ができる世界に戻ることを願いながら、各地の旅行情報を発信しつづけていきます!

今年も「さぼわーる。」をよろしくお願いします!

サイトのトップページをみてみる!

トビリシで評判の日本食レストラン”AKASAKA”で食すラーメン【メニュー・料金】

こんにちは!ジョージア滞在も5か月目、世界半周中ののぶよ(@nobuyo5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

海外在住7年目、現在絶賛世界半周中ののぶよが、色々な国の日本食レストラン(ジャパレスと略される)へ行って、その実情を探るというゆるいコーナーである「世界のジャパレスから」のコーナー。

「世界のジャパレスから。」バックナンバー

1.ルーマニア・ブカレストのラーメン店 “JAPANOS”
2.モルドバ・キシナウの日本料理店 “KOTOBUKI”
3.ウクライナ・キエフのラーメン店 “MENYA MUSASHI”
4.セルビア・ベオグラードの日本料理店 “Marukoshi”
5.ブルガリア・ソフィアのラーメン店 “Umamido”
6.トルコ・パムッカレの食堂 “ラム子のロカンタ”

番外編.ウクライナ・キエフの韓国料理店 “Arirang”

「世界のジャパレスから。」シリーズの記事一覧へ

今のところ、のぶよ的に最強だったのはモルドバの”KOTOBUKI”
コスパの良さ&料理のクオリティーに大満足でした。(3回くらい行きました)

次いで良かったのがトルコの”ラム子のロカンタ”
トルコの小さな町で食べた出汁が効いた親子丼の本物の味は、忘れることがないでしょう。

海外でも日本の味を気軽に味わうことができるなんて、良い時代になったものです。

さて。今回はジョージアに入って初めての日本食レストラン。
旅行者や在住者の間で噂になっている首都・トビリシにある“AKASAKA”というお店を紹介します。

5か月間の間、醤油の一滴すら味わっていなかったのぶよの舌に、ジョージアでの日本の味はどう感じられるのでしょうか。

トビリシで日本のラーメンが食べられる!AKASAKA

近年、旅行者や移住希望者の間で大きな話題となっているジョージアの首都・トビリシ。

各国料理のレストランも少しずつ目立つようになってきており、今後のインターナショナルな発展が感じられます。

今回紹介する日本の料理を専門に提供するレストランが、中心街北部のVake地区に位置するAKASAKAというお店。
日本語で書くなら「赤坂」でしょうか。

なんだか敷居が高そうな名前に聞こえますが、実際はとてもカジュアルな雰囲気で、一人でも気兼ねなく食事することができます。

Vake地区には地下鉄が通っていないため、アクセスは若干不便

トビリシ中心街からだと、地下鉄レッドラインのMarjanishvili駅かRustaveli駅に行き、路線バス59番に乗り換えるのが最短です。

AKASAKAがあるヴァケ地区周辺には、他にも見どころがたくさん!

AKASAKAのメニュー

平日の午後6時頃に訪れたこともあって、店内はとても空いていました。
先述の通り、敷居は全く高くなく、カジュアルで開放的な雰囲気の内装です。

メニューは結構豊富で、サラダや寿司、餃子などのサイドメニューも充実しています。

主食系はWOK(麺やご飯を炒めた海外のアジア系料理の定番)とラーメン類のいずれか。

ラーメンは醤油・味噌などの種類はなく、

・豚骨
・スパイシー(豚骨+辛いソース)
・ベジタリアン
・油そば

の4種類。
ベジタリアンを除いて、基本的に豚骨ベースのようです。

他にもトンカツや照り焼きなど、日本人の心をくすぐるメニューがたくさんありました。

「Noodle Bar」を謳っているお店なので、初めてならやっぱりラーメンを頼んでみるのが良いかもしれません。

というわけで、スパイシーラーメン(14.5GEL=¥505)を注文することにしました。

AKASAKAではお会計時に注文金額の10%がサービス料として追加されます。

これはジョージアの多くのレストランで見られるシステムです。

トビリシで初めて食べる日本食!ラーメンのお味は?

流暢な英語を話す店員さんに注文してから10分もしないうちに、ラーメンが到着しました。

み…見た目が…素晴らしすぎます!
白く濁った豚骨ならではのスープは臭みがほとんどなく、とても美味しそうです。

トッピングも充実していて、味玉、ノリ、青ネギ、キャベツ、チャーシュー2枚と結構な大盤振る舞い。
普通に日本のお店で出てくるような素晴らしい見た目のラーメンは、海外でなかなか出会うことができません。

まずはスープを一口。

ん…?

味が…ない?

豚骨らしい風味はするのですが、全く味がなくてただのお湯を飲んでいるよう。
「味が薄い」というレベルではなく、全く味がしません。

たまりかねてウエイターのお兄さんに醤油が塩をもらえるか尋ねてみると、青い顔をして調理場へと去っていき、何やらソースらしきものを持ってきてくれました。

「調理した人が今日初出勤で、豚骨スープと割るべきラーメンのベースのソースを入れ忘れたようで…」

なるほど。豚骨を煮込んだだけのお湯は、そりゃあ味がしないわけです(笑)

お兄さんが持ってきたソースを加えると、見違えるような美味しさになりました。
いやあ、コロナウイルスにかかって味覚を失ったのかと思いました(笑)

本物のAKASAKAのラーメンは豚骨醤油といった味わいで、日本でも通用しそうなスープ。
麺は自家製麺のようで、コシはいまいちだったものの、中華麺がないジョージアでこれなら大満足です。

何よりも感動したのが、チャーシューでした。
しっかりと味が染み込んでいるのはもちろん、柔らかい食感と脂の乗り具合も結構完璧。

厚みもほど良く、デフォルトでこれが2枚も付いてくるのはとても嬉しい点です。

「スパイシー」とは言え、のぶよ的にはそこまで辛味を感じなかったので、辛い物が苦手な人でも問題なく食べられると思います。

このクオリティーで500円ほどというのは、かなり良心的。
月に1度の自分へのご褒美として、リピート決定です!
(今度はラーメンソース入れ忘れないでね。笑)

おわりに

ちょっとしたハプニングがあったとは言え、総合的に大満足だったAKASAKAのラーメン。
在住日本人の間で話題になるのも頷けます。

お昼はさらにお得なランチメニューも取り扱っているそうなので、日本の味をお得にたくさん食べたい人には狙い目かもしれません。

一人でも気兼ねなく入れるカジュアルな雰囲気も嬉しい点。
トビリシ滞在中に日本の味が恋しくなったときのために、ぜひ覚えておくと良いと思います。

AKASAKA

住所:33a Zakaria Paliashvili Street, Tbilisi
営業時間:全日 11:00~23:00
予算:15GEL~20GEL(=¥522~696)

AKASAKAがあるヴァケ地区周辺には、他にも見どころがたくさん!

「世界のジャパレスから。」シリーズの記事一覧へ

ジョージアの記事をもっと見る

コメント