次の旅を夢見て。

旅好きには苦しい時期。
そんなときはさぼわーる。で空想トラベルはいかがでしょう。
海外観光スポットから名物グルメ、コラムまで情報たっぷりでお届けしています。
好きな国・テーマごとに記事のPick upもできますよ◎

みてみる

【世界のジャパレスから.2】モルドバ・キシナウで出会った、最強の日本食レストラン。

たべる × 世界のジャパレスから。

こんにちは!モルドバの首都、キシナウにて旅のエネルギーチャージ中の世界半周旅行者・のぶよです。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

海外在住6年目、現在絶賛世界半周中ののぶよが、色々な国の日本食レストラン(ジャパレスと略される)へ行って、その実情を探るというゆるいコーナーである「世界のジャパレスから」のコーナー

第一回目の前回は、ルーマニアの首都・ブカレストの日本食レストランをレポートしました。

第二回目の今回の記事では、モルドバの首都・キシナウで出会ってしまった、味良し値段良しの最強の日本食レストラン、“KOTOBUKI”を紹介します。

外国人に本場の料理を教わるレッスン・"Tadaku"

世界各国の料理に興味がある人におすすめなのが、Tadakuという料理教室検索サイト。 日本在住の外国人が自宅で開催している料理教室に参加することができます。 90か国以上の料理体験ができ、「料理」を軸に国際交流ができる素晴らしいサービスです。

Tadakuの詳細を解説した記事はこちら!

キシナウの中心街にある、隠れた人気店

キシナウのメインストリートであるシュテファン・チェル・マレ・シ・スフント通りから2ブロック西に入った、Strada Mihai Eminescu沿いにひっそりと佇むKOTOBUKI

入口は半地下のようになっていて少しわかりにくいですが、中に入ると意外に広い店内です。

バーカウンターとテーブル席があるのはもちろん、靴を脱いで上がる広々とした座敷席もあります。(写真奥)
モルドバでは珍しいためか、地元の人はほとんど座敷席についていました。

店員さんのユニフォームもなんだか日本風です。
一人のウエイターは袴のようなユニフォームを着ていました。(笑)

対面式のバーカウンターには、焼き物用らしい鉄板があり、調理している様子を見ることができます。
こんなところも日本っぽい。

内装にもこだわりを感じます。例えばこちら。

壁に描かれた「THE 日本」な絵はもちろん、奥の厨房と食事スペースを隔てる暖簾。

小さなことですが、かなり日本的な空間の使い方と言えるのでは。

奥の厨房で料理ができあがると、「チン」という懐かしいベルの音が。
日本のレストランや居酒屋で働いたことがある人ならおなじみ、呼び鈴です。効率の良さを重視する日本らしさがこんなところにも。

店員さんも皆キビキビと動いていて、まるで日本の居酒屋に来たような感覚になります。

断言します。ここは日本人オーナーの店です。

入口が少々わかりにくいにもかかわらず、多くの地元ビジネスマンで賑わっている店内。
おのずと、料理に対する期待も上がります。

おすすめはコスパ最強のランチメニュー!

メニューの種類はかなりたくさんあり、どれも純粋な和食。
日本でよく食べられているものです。

海外あるあるのなんちゃって和食はここには存在しません。

↑魚料理と揚げ物のページ。しめ鯖やあさりの酒蒸し、鯖のあんかけまであります。

ほんの一例ですが、酢の物や魚料理、焼き鳥などのサイドメニューから、とんかつ、寄せ鍋、かた焼きそばなど、海外ではほとんどお目にかかれないような料理まで。

物価の安いモルドバなので、料金が比較的抑えられているのも嬉しいところ。
居酒屋的な利用もできてしまいます。

平日のランチタイム (11:00~16:00)の間なら、ランチメニューがおすすめ。

日替わりで汁物 (もしくは麺類や鍋物)とメイン、サラダがついて60MDL (=¥390)という驚異の価格設定です。

この値段でちゃんとした日本の料理を食べられる店が、海外のどこに存在するんでしょうか。

というか、日本で食べるよりもかなり安いです
田舎の定食屋でも、400円以下で済ませることなんて不可能なのでは。

のぶよが訪れたのは木曜日。
ラーメン、鶏の甘辛煮、サラダのセットを注文しました。

この値段でこのクオリティー?!コスパの良さに驚愕。

待つこと10分ほどでまず到着したのがラーメン。

前菜のスープ的な扱いなのか、量は一般的なラーメンよりも少なめです。

具はチャーシューが二枚、玉子、海苔、ネギ。
スープはなんと豚骨しょうゆです。かなり手間がかかっているのでは。

スープを一口飲んで、感激。

日本の味です。かなり美味しいです。

麺は細麺の中華麺で、こちらもちゃんとしたラーメン。
まさかモルドバでこんなレベルの高いラーメンに出会えるなんて、思いもしませんでした。

正直、前回ルーマニアのブカレストで食べたラーメンの何倍も上です。
そして価格は半額以下。モルドバ、素晴らしい。

ラーメンを食した後にメインとして出されたのがこちら。鶏の甘辛煮と酢の物のようなサラダです。

味は少々薄めに感じましたが、こちらも相当高いレベル。
そして見てください、酢の物の盛り付けの美しさを。相当こだわっているのが伝わってきます。

これらが全部込みで400円以下ですよ。
信じられません。リピート決定です。(笑)

おわりに

量は比較的少な目なランチメニューですが、コストパフォーマンスは抜群です。
味もかなり本格的 (というか日本の味そのもの)で、サービスもかなり高いレベルだと感じました。

例えば、割り箸が入っていた袋をテーブルの隅に置いていたら、店員さんがすぐに片づけてくれます。ここは日本なのでしょうか?(笑)
英語もちゃんと通じますし、かなり満足のいくランチを味わわせていただきました。

モルドバを訪れる日本人がいったいどれほどいるのか未知数ですが、滞在中一度は行ってみるべきおすすめの日本食レストランです。

インフォメーション

KOTOBUKI

住所:Strada Mihai Eminescu 44, Chișinău, モルドバ
営業時間:全日 11:00~23:00

追記:2019/3/16

キシナウ滞在中に、日本食欲求が爆発した結果、合計で3回もリピートさせていただきました(笑)

前回は撮らなかったメニューのページ。
本当にバラエティーに富んだメニューがあります。

広島風お好み焼き、70MDL (=¥455)

日本で食すよりも安い値段で、かなりのボリュームのお好み焼きを提供しています。
味はもちろん日本と同じで、中に中華麺が入っている立派な広島風お好み焼きです。

金曜日のランチメニュー時にも再訪しました。
メインのとんかつとわさびサラダ、豚汁という豚づくしのメニューで、60MDL (=¥390)

サクサクのとんかつと、甘めのソースは、日本の味を思い出させること間違いなしです。
ごちそうさまでした!

キシナウの見どころを全部まわってみました。
キシナウの宿泊なら!
キシナウ旧市街


キシナウ中心街は、市内交通はもちろんモルドバ国内移動の拠点でもある場所。
トロリーバスやマルシュルートカ(ミニバス)が縦横無尽に走っているので、どこにでも簡単にアクセス可能です。

キシナウの宿を料金確認・予約する!

他の国のジャパレスもみてみる

モルドバの記事をもっと見る

コメント

  1. ass より:

    すいません。面白すぎます。
    再来週行かせて頂きます笑

    • NOBUYO より:

      ass様

      コメントありがとうございます。

      KOTOBUKIですね。是非いらっしゃってください。
      おすすめはとんかつと広島焼とラーメンと、とにかく全てです!

      実は、KOTOBUKIのオーナーさんから直接連絡をいただいたという後日談も。
      もしオーナーさんに会う機会があれば、よろしくお伝えください(笑)