TOPページ大幅リニューアル!

さぼわーるのトップページをリニューアルしました。
知りたい国ごとに記事をピックアップできるので、ぜひご利用ください!

みてみる

【世界のジャパレスから.1】ブカレストで日本食!ラーメンのお味は…?

たべる × 世界のジャパレスから。

こんにちは!ルーマニア旅行中ののぶよです。

海外を旅していたり、長期に渡って海外に住んでいると、ふとした時に恋しくなる日本の味。
短期の海外旅行でも、現地のローカルフードはもう食傷気味になり、食べ慣れた日本食を食べたくなることもあるでしょう。

今や世界に広がった”Sushi”は、どんな国でも見つけられるファストフードのような感覚。(まだ値が張るのは事実ですが)
最近ではは”Ramen”、”Udon”、”Yakisoba”なんかも有名になってきています。

ひと昔前までは、海外の日本食レストランは中国人や韓国人が経営する、いわゆる「なんちゃって日本食」が多く、したがってクオリティーも微妙であることが多かったのですが、最近では日本の味を忠実に再現した日本食レストランも増えてきています。

そこで、考えたのが今回の企画、「世界のジャパレスから。」(あの有名な曲が頭の中で流れた人、正解です)

海外在住6年目、現在絶賛世界半周中ののぶよが、色々な国の日本食レストラン(ジャパレスと略される)へ行って、その実情を探るというゆるいコーナーです。

第一回目は、ルーマニアの首都、ブカレストにある小さな日本食レストラン、“Japanos”をレポートします。

2020年4月1日~5月31日まで!「地球の歩き方」シリーズ読み放題!自宅で次の旅行をイメトレできます◎

一人でも入りやすい!モダンで小さなブカレストの日本食レストラン

ブカレストの観光の中心である旧市街を始め、市内に数店舗を構えるJapanos。

アクセスしやすい旧市街店は、大きな看板などは出ておらず、気づかないと通り過ぎてしまいそうです。

平日の夜に行ったのですが、客層は若めのグループが多かったです。

豊富なメニュー

Japanosの売りはおそらくラーメン。

醤油、味噌、辛ネギ味噌、担々麺の4種類があり、サイズ&値段はMサイズ(300g)で25レイ(¥660)XXLサイズ(740g)で40レイ(¥1050)の2種類のみ。
結構いい値段します。

日本人的には、記載されたグラム数は麺の量だと思ってしまいますが、実はスープも含めた総量です。
なので、300gのMサイズは、もはやチキンラーメンのような小ささ。
普通のサイズが740gのXXLサイズだと思ってOKです。

ルーマニア人は、Mサイズのラーメンをサイドディッシュにして、他に寿司やご飯物を頼む人が多いようです。

ラーメン以外にも、充実したメニューを誇るJapanos。

寿司のメニューには、海外の日本食レストランで定番のカラフルな巻物からサーモン、まぐろ、うなぎやイクラの軍艦まであります。

蕎麦ややきそば、しまいには焼き鮭弁当なるものも。むしろサイドメニューのきんぴらが美味しそう。

担々麺を注文。そのお味は…

数多あるメニューの中からのぶよが選んだのは、担々麺XXLサイズ。39レイ(=¥1030)。

ルーマニアの物価を考えるとかなり高いと思います
ランチのコースメニューが20レイ(=¥530)で食べられる国ですから。

気になるルーマニアの物価を解説しています。

待つこと10分ほどで到着したのがこちら。

あれ?なんか写真と違う…?
写真では山盛りネギがあったのに、実際には申し訳程度に入ってるだけ。

そして盛り付けの雑さ
上の写真、まだ食べる前ですよ?もはや食べかけっぽい外見(笑)

しかし香りは担々麺そのもの。香ばしい胡麻の香りが食欲をそそります。

さっそくスープを一口。

ぬるい!

いや、決して冷たくはないものの、ぬるい!
40℃もないくらい。

しかし味は確かに担々麺そのものです。
欲を言えば、もう少し胡麻の濃厚な風味があればなお良し。

そして麺。

なんか固まってる。ほぐれてない。

麺自体はちゃんとした中華麺なんですが、どういう茹で方をしたのかほぐれずに固まってしまっています。
必死に箸でほぐして味わうものの、ぬるいスープと相まって、なんだか微妙。

具は豚ひき肉、ネギ、味付け玉子。

海外のラーメンで味付け玉子が乗ってるのって結構珍しいんです。だいたい普通のゆで卵が定番。手間かかりますもんね。

しかしこの味付け卵は、スーパーで売ってる真空パックに入った味付け玉子そのまんまでした。ぱっさぱさ(笑)
そんなものわざわざ買うより、自家製で醤油に漬けておいた方が安く上がるのに。

ネギはシャキシャキでしたし、豚ひき肉は生姜の風味がきいていて美味しかったです。

いや、総合的に言うと普通においしいんです!スープまで飲み干して完食しましたし。(もったいないですし)

でも、ルーマニアでこの値段なら2〜3食食べられるし(しかもレストランで)、サイズもXXLでは決してありません。至って普通のサイズ。

コストパフォーマンスでいえばあまり良いとは言えません。

↑レジ横の謎のデコレーション。こういうのが海外のジャパレスっぽい。

おわりに

総合的に、「まあ普通」だったJapanosのラーメン。
しかしちゃんと日本の味が再現されていて、なんだか落ち着きました。

寿司などの他のメニューは食べてないのでわかりませんが、隣の席の子が食べていたカツカレーはかなり美味しそうでした。

日本人が多く住む国の日本食と比べるとどうしても見劣りしてしまいますが、ルーマニア、特に地方ではなかなかこのレベルの日本食レストランは見つけられないと思います。

ブカレストで日本の味が恋しくなったら、訪れてみてはいかがでしょうか。

インフォメーション

Japanos

住所:Strada Lipscani 44, București 030036
営業時間:12:00〜22:00 (定休日なし)
ウェブサイト:https://japanos.ro/

他の国のジャパレスもみてみる

ルーマニアの記事をもっとみる

コメント