【ルーマニア】ブカレスト~シナイア~ブラショフの移動は鉄道が便利。乗り方・料金など解説。

【ルーマニア】ブカレスト~シナイア~ブラショフの移動は鉄道が便利。乗り方・料金など解説。

こんにちは!世界半周中ののぶよです。

ルーマニアに旅行に来た多くの人が訪れるであろう首都のブカレストと、トランシルヴァニア地方の古都ブラショフ。
全く雰囲気の異なるこの二都市間の移動は、電車が断然便利です。

今回は、ルーマニア国鉄(CFR)を実際に利用して、ブカレスト-ブラショフ間を移動したので、列車の種類、チケットの買い方、列車の乗り方、料金などの情報をメモしておきます。

のぶよの場合は、途中のシナイアという小さな町で途中下車・半日観光しました。

Advertisement

ルーマニアの鉄道:列車の種類

他の国と同様、ルーマニアの鉄道にもいくつか鉄道の種類があります。ブカレスト – ブラショフ間の列車は以下の二つ。

IR:日本でいう「快速」や「急行」に当たり、停車駅は少ない。1等と2等があり全席指定。目的地に速く着くが、料金は2等でも下のRの倍以上する。

R:。日本でいう「各駅停車」に当たる。席は自由席で、もちろん時間はかかる。格安の料金が魅力。

曜日や時間帯によって変わることがあるのですが、ブカレスト – ブラショフ間の所要時間と料金の目安は、

IR:1等70LEI (=¥1850)/2等40LEI(=¥1050) / 2時間40分
R:24LEI (=¥630) /3時間20分
といったところ。

スケジュールや予算と相談して好みの列車を選べばいいと思います。
のぶよ的には、Rで十分だと思います。なんといっても安いし、トイレ、充電用のコンセントまでちゃんと設置されています。時間に余裕があればかなり快適に移動できますよ。

ルーマニアの鉄道:チケットの買い方

ブカレストからブラショフ方面への電車は、すべてブカレスト北駅(Gara de Nord)を発車します。まずは北駅へ向かいましょう。

治安が悪いと言われる北駅周辺ですが、昼間の間は特にそんな感じはしませんでした。よくあるターミナル駅と言った感じです。

鉄道のチケットは、自動券売機(クレジットカードのみ)か、有人のチケットオフィス(カード、現金)で購入します。
自動券売機は英語に対応していて、クレジットカードさえあれば簡単にチケットを購入できるのでおすすめ。

1.目的地、日付を選ぶ
2.該当する全ての列車と、出発時刻・到着時刻が表示されるので、お好みの列車を選ぶ
3.人数を選ぶ
4.クレジットカードで支払い

たったこれだけです。いちいち画像なんて乗せません。絶対にわかります。

それでも不安な人は、有人の窓口で購入してもいいでしょう。料金は同じです。

ルーマニア国鉄のサイトで事前にチケットを購入することも可能です。出発6日前の購入ならば割引があるとかなんとか。しかしながら、そもそものチケット代が安いので、そこまでオンライン予約に魅力があるかと言えば疑問です。旅程の変更がしづらくなりますし。

ルーマニア国鉄のサイトの発着地名入力時に「ブカレスト (英語でBucarest)」と入力しても結果が反映されません。
英語のページでも、ルーマニア語表記である”Bucuresti Nord”と入力する必要があるので注意。

ルーマニアの鉄道:列車の乗り方

日本の駅のように、「〇〇番線には〇〇行きの電車」というふうにホームが振り分けられていないヨーロッパの鉄道駅。ルーマニアも例外ではありません。
自身で出発案内の掲示板を見て、プラットホーム番号を確認しなければいけません。

チケットに書かれた出発時刻、目的地、列車番号を照らし合わせて、指定されたプラットホームへ向かいます。

ブカレスト – シナイア間の移動情報

IR:1等56LEI (=¥1480)/2等35.6LEI(=¥940) / 1時間40分
R18LEI(=¥470) / 2時間30分

ブカレストから夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして栄えるシナイアという小さな町までは、IRの2等で移動することに。
というのも、料金が安いRは、早朝に1本ある後は14時台までないという謎なスケジュールだったためです。

全席指定のIRではありますが、なんと満席で指定席が取れず。立ち乗りでシナイアまで行くこととなりました。正直1時間半以上立ち乗りでこの価格というのには納得いきません。

シナイア駅・荷物預かり所情報

雪の降りしきる2月に訪れたというのもありますが、「津軽海峡冬景色」の世界に感じたシナイア駅。(上の写真を撮った後から猛吹雪になる)
だだっぴろい待合所の一角にチケットオフィスと自動券売機があるので、ブラショフ行きやブカレストへ帰るチケットを問題なく購入できます。

のぶよのようにシナイアを半日観光する場合は、荷物預かり所を利用するのが便利です。
荷物預かり所はホーム上にあるのですが、利用するためにはいったん駅舎内のトイレにいるおばちゃんに声をかけて鍵を開けてもらうシステムです。

19時まで開いていて、料金は10LEI(=¥263)。利用の際にパスポートの提示が必要です。
荷物と引き換えにもらう手書きの番号札をなくさないように気をつけましょう。

シナイア – ブラショフ間

IR:1等24LEI (=¥630)/2等12.9LEI(=¥340) / 1時間
R6.80LEI(=¥180) / 1時間15分

距離がそこまでないので、2等で十分です。所要時間も15分ほどしか変わりません。
Rの列車には座席指定はありませんが、車内はガラガラ。180円で1時間半の距離を移動できるルーマニア国鉄は素晴らしい!

行きのIRが1000円近く払って立ち乗りだったことを考えると、なんだか悔しくなります。
これからはRひとすじでいこうと強く誓いました。

ブカレスト発の現地ツアー&アクティビティ

ブカレストを拠点に他都市をまわるなら、現地ツアー利用も一つの手。交通手段が確保されているので安心して旅行できるのがメリット。


カルパチア山脈の真珠シナイア&ドラキュラ城 日帰り観光ツアー<貸切チャーター/ブカレスト発>
icon

ドラキュラ城 日帰り観光ツアー<終日/日本語 or 英語/昼食/ブカレスト発>
icon

ルーマニアの日本語現地ツアーを探す!

ブカレストの全ての現地ツアーを探す!

おわりに

比較的安く鉄道で移動できるルーマニア。IRの1等でもかなりお得感のある料金設定です。
しかし格安のRでも十分すぎるクオリティーなのがすごいところ。

個人旅行者でも簡単・安全に移動できるので、是非鉄道を使ってルーマニアの小都市や田舎を巡ってみてください!

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article