TOPページ大幅リニューアル!

さぼわーるのトップページをリニューアルしました。
知りたい国ごとに記事をピックアップできるので、ぜひご利用ください!

みてみる

ジョージア料理が全てそろう!バトゥミのおすすめレストラン

たべる × コーカサス諸国

こんにちは!3ヶ月滞在したトルコを後にしてようやくジョージアに入国!世界半周中ののぶよ(@taisuke5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

ジョージアを訪れたなら絶対に挑戦したいのが、絶品ぞろいのジョージア料理

最近日本で話題のシュクメルリをはじめ、「ジョージア風小籠包」のヒンカリや、絶品ビーフシチュー・オーストリなど、独特の食文化に彩られたグルメは、どれも美味しくてリーズナブルです。

今回は、黒海沿岸のリゾート地・バトゥミ(Batumi)中心街にある、ジョージア料理のおすすめレストランを紹介します。

バトゥミでジョージア風ピザ・ハチャプリを食べるなら!おすすめローカル食堂情報はこちら!
2020年4月1日~5月31日まで!「地球の歩き方」シリーズ読み放題!自宅で次の旅行をイメトレできます◎

ジョージア料理は全てそろう?豊富なメニュー

旧ソ連とヨーロッパが融合したような町並みに、リゾートホテルが建ち並ぶ摩訶不思議なバトゥミの町。

観光の中心となるバトゥミ旧市街にあるのが、今回紹介するKizikiというレストランです。

表にメニューなどは出ておらず、知らないと通り過ぎてしまうような外観ですが、内部は意外と広々としており、木の温もりが感じられる雰囲気が特徴的です。

ジョージアの人々は、一人でこうしたレストランで食事をする習慣があまりないようで、店内は四人掛けのテーブル席が中心。

もちろん、一人でも何の問題もありません。
「ローカル食堂」といった雰囲気ではないKizikiですが、敷居は全く高くなく、気軽に食事することができます。

入店して驚いたのが、そのメニューの豊富

スープ、前菜類、メインなどとにかく豊富な品ぞろえで、主なジョージア料理は全て揃っているのではと思えるほどのラインナップです。

一部のメニューは写真付き&英語で解説されているので、ジョージア料理が初めてでも安心です。

料金の相場も、メインディッシュが8Gel~12Gel(=¥301~452)ほどと、激安とまではいかないもののリーズナブル。

注意したいのが、絶対に一品だけの注文にすること
とにかく一皿の量が多いジョージア料理、ここKizikiも例外ではありません。

欲張っていろいろと注文すると、後で大変なことになります(笑)

のぶよは普段、英語メニューがあるようなレストランとは縁がなく、地元の人が利用する食堂を訪ずれることがほとんどなのですが、ジョージアでは食事の場所が限られているのが現実。

地元の人が通う場所はファストフードのようなお店が多く、本格的なジョージア料理を食べるならこうしたレストランを利用するしかないのです。

おすすめはジョージア料理の定番三品!

バトゥミはトルコとの国境にほど近い町。

トルコから国境を越えてやってきた旅行者にとっては、初めて口にするジョージア料理となるでしょうし、逆にトルコへと旅立つ旅行者にとっては最後のジョージア料理となるかもしれません。

数々のメニューがあるKizikiで、のぶよがおすすめしたいのが、ジョージア料理を代表する三品。

ヒンカリ
オジャフリ
シュクメルリ

どれも注文を受けてから手をかけて作ってくれるので、きっと心に残る味となるはずです。

ヒンカリ

ジョージア全土で食べられるヒンカリは、もっちりとした生地の中に牛肉・豚肉の合いびき肉を包んで茹でたもの。

中にはたっぷりのスープが閉じ込められており、「ジョージア風小籠包」なんて呼ばれたりもします。

バトゥミで何回かヒンカリに挑戦したのぶよですが、ここKizikiのヒンカリ(0.8Gel=¥30)が最強でした。

たっぷりのスープはもちろんのこと、具のひき肉が固まっておらず、ポロポロとした本来の食感が楽しむことができます。

コリアンダー(パクチー)が多めに入っているのも、Kizikiのヒンカリの特徴。
苦手な人は抜いてもらうこともできるので、注文時にお願いしましょう。

変わり種として、地元産のキノコを入れたヒンカリ(0.7Gel=¥26)なんてものもあります。
中のスープにはキノコの旨味がこれでもかというくらいに溶け出していて、こちらもかなりの絶品。

ノーマルとキノコのヒンカリを一つずつ注文して、その豊かな風味を味わうのがおすすめです。

オジャフリ

続いてのおすすめが、「ジョージア風ジャーマンポテト」と呼ばれるオジャフリ

たっぷりのじゃがいもと炒め玉ねぎ、豚肉をニンニクで味付けし、オーブンでじっくりと焼き上げた一品です。

ジャーマンポテトのお肉はベーコンやソーセージが定番ですが、ジョージアのオジャフリは豚肉がそのまま入っているのが特徴的。
しかもかなり大きめの肉がごろごろ入っているので、とにかくボリュームがすごいです。

写真では伝わりにくいですが、直径20cmほどの器に山盛りで提供されるので、男一人でもなんとか食べきれるほどのボリューム。
これで10Gel(=¥376)はかなりお得だと思います。

理想は複数人でシェアすることですが、そうでない場合は大人しくこれ一品にしておきましょう。

肝心のお味ですが、玉ねぎとニンニクの風味が全体に行きわたった絶品でした。

特に濃い味付けがされているわけではなく、素材の旨味を引き出しながらじっくりと調理されたことが舌で感じられるはずです。

シュクメルリ

日本でも話題の「鶏肉のヨーグルト煮込み」、シュクメルリ
Kizikiでももちろんメニューにあります。

注文が入ってからオーブンで焼きあげるため、注文から提供まで20分~30分ほどかかるのが本場のシュクメルリ。

松屋のようなスピード感とは縁がありませんが、それこそがじっくり手をかけて作っている証拠でもあります。

のぶよは日本のシュクメルリを食べたことがありませんが、本場はボリュームが違います。
何と言っても、鶏一羽を丸ごと使っているのですから(笑)

Kizikiのシュクメルリ(20Gel=¥753)は、ニンニクの風味がたっぷりと効いたスープの中に、オーブンで表面がこんがりと焼かれた鶏肉が鎮座しています。

焼き加減の絶妙さは言わずもがな。
肉の旨味とヨーグルトの風味が融合したスープの奥深い味わいと、果てしないニンニクの風味は病みつきになってしまうこと間違いありません。

おわりに

何を食べても美味しかった、バトゥミのおすすめレストラン、Kiziki。

滞在中に4回ほど通いましたが、食べた料理の全てにおいて大満足でした。

店員さんも笑顔で対応してくれ、観光客の姿は皆無(時期的な問題化もしれませんが)と、一人で訪れてもなかなか居心地が良かったのも高ポイントです。

ジョージア的には中級レストランに分類されるのかもしれませんが、一人でメイン一皿+アルコールでも12Gel(=¥452)ほど、複数人で数皿注文しても一人25Gel(=¥941)ほどと、どんなに贅沢しても1000円以内で食事することができる(もちろんアルコール込み)点も素晴らしいです。

ジョージア滞在の始めにも、終わりにも。もはや毎日のランチにも(笑)
忘れられないような味と満足感が体験できることを保証します!

インフォメーション

Kiziki(ქიზიყი)

営業時間:全日9:30~22:30
予算:一人10~20Gel(=¥376~941)

※メニュー表示価格とは別に、サービス料10%が加算されます。

バトゥミでジョージア風ピザ・ハチャプリを食べるなら!おすすめローカル食堂情報はこちら!
バトゥミの宿泊なら!
バトゥミ旧市街

バトゥミの宿泊なら絶対に旧市街一択!
小奇麗にまとまった雰囲気の良いエリアで、飲食店も多くあるので便利です。
それ以外のエリアは完全にただの旧ソ連なので、短期間の旅行の宿泊には向きません。

バトゥミ旧市街の宿を予約する!

コメント