センス疑う!コソボの首都・プリシュティナのヘンテコ建造物6選&観光スポット【アクセス・ホステル情報】

センス疑う!コソボの首都・プリシュティナのヘンテコ建造物6選&観光スポット【アクセス・ホステル情報】

こんにちは!コソボをのんびり旅している、世界半周中ののぶよです。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

ヨーロッパで一番若い国、コソボの首都・プリシュティナ(Pristina)は、コソボという国のエネルギーが感じられる町。

町は若者であふれ、おしゃれなカフェや洋服店も続々とオープンしています。

しかし、プリシュティナは90年代後半のコソボ内戦で焼け野原となった町

そのため、歴史的な見どころはほとんど残っておらず、中心街のほぼ全ての建物は紛争後に再建されたものです。

観光スポットはどうしても限られてしまうプリシュティナですが、コソボ人の微妙なセンスが感じられるヘンテコ建造物群が存在することをご存知でしょうか。

無駄に大きかったり、謎の形やデザインだったり、とにかく変なんです(笑)

普通に観光しても「ただのつまらない町」となってしまうプリシュティナ。
ここは視点を変えて、「変なセンスを持つ町」という視点で街歩きしてみましょう。

もしかしたら、そのヘンテコな魅力にはまってしまうかもしれません。
(絶対にないけど)

記事後半では、プリシュティナ~各都市間のアクセス、ホステル情報、近郊の観光スポットも紹介しています。

Advertisement

プリシュティナのヘンテコ建造物6選

1.スポーツセンター

初めに紹介するのが、プリシュティナ中心部にどんと構える巨大な建物。

どうしてこんなものを作ったのか首を傾げたくなりますが、作ってしまったものは仕方ありません。

新興宗教の施設のように見えなくもないですが、実際は、スポーツセンターとショッピングセンターの複合施設だったもの
かつては流行に敏感なプリシュティナの若者に絶大な人気を誇った場所です。

しかし、時の流れは残酷。

現在では閉鎖され、立ち入りできない状態になっています。

“Youth and Sports Center”という名前とは裏腹に、全く若々しさが感じられない廃墟となっています。

2.NEW BORNモニュメント

スポーツセンターの正面にあるのが、プリシュティナっ子の間で話題のインスタ映えスポットであるNEW BORNモニュメントです。

よく見かけるような町の名前のモニュメントや「I LOVE 〇〇」ではなく、あくまでも”NEWBORN”。

その名の通り、2008年に独立したばかり、いわば「生まれたばかり」のコソボという国を象徴するようなモニュメントとして、独立時に造られたものです。

このモニュメントには裏話が合って、コソボが独立を迎える一週間前まで、何のモニュメントにするか決定していなかったそう。
なんとか”NEWBORN”に落ち着き、一週間後の独立の日に合わせてやっつけ工事で作られたものなのです。

落書きばかりが目立つNEWBORNモニュメントですが、実はこの落書き、政府公認なんです

皆が自由にコソボの独立を祝う言葉を書いてもいいという新しいコンセプトのモニュメントですが、やはりというべきか、実際には卑猥な言葉のオンパレードでした。

そもそも、いつまでも”NEW BORN”の地位に甘んじていてはいけないと思うのですが、いかがでしょう。
普通に”PRISTINA”とかで良かったのでは。

3.コソボ共和国政府

プリシュティナのメインストリート、マザー・テレサ通りの北端に建つ、こちらのひょろ長い建物。

とにかく薄っぺらいのですが、こちらがコソボ共和国政府の建物です。

日本でいう国会議事堂に当たるのでしょうか。
とにかく貧相(笑)

建物の上にこそコソボ国旗が翻っているものの、その壁にはアメリカの独立記念日(7月4日)を祝う垂れ幕が。

いや、もう1ヶ月以上たっているんですが(笑)

アメリカの後押し(言い方によっては陰謀)によって独立を達成したコソボ。
多くの軍事的・経済的支援を受けていることもあり、アメリカを賞賛する銅像やポスターがよく見られるのですが、政府公認のアメリカ推しはなかなかすごいです。

国会議事堂にアメリカの独立記念日を祝う星条旗デザインの垂れ幕がかかることを想像してください。
絶対にありえないですよね(笑)

↑建物の前には、アルバニアの英雄・スカンデルベグの銅像が。

4.LEt’s GO! EUモニュメント

貧相なコソボ政府の建物のすぐそばにひっそりと建つ黄色のオブジェは、“LEt’s GO! EU”モニュメント

大文字の所だけ強く読んでみましょう。
このモニュメントの意味するところが想像できるはず。

そう、あの北欧デンマークの有名おもちゃメーカーの某ブロック玩具を模したものです(笑)

誰が、どうして、何を思って、こんなものを設置したのかは謎ですが、コソボのEUに入りたい気持ちはひしひしと伝わってきます。

ユーロを使っていることだし、入れてあげればいいのに。

5.コソボラジオ局

日本でいうNHKにあたるコソボの国営ラジオ局の建物は、なぜか正三角柱な共産主義臭がぷんぷんするもの。

古びた窓が並ぶ光景は、なんだか哀愁さえ感じさせます。

建物近辺ではフリーwi-fiが飛んでいるので、そのヘンテコさとは裏腹になかなか有難い存在でもあります。

6.コソボ国立図書館

お待たせしました。
プリシュティナを代表するヘンテコ建造物と言えばこちら、コソボ国立図書館の右に出る物はないでしょう。

中心街にあるとは思えないような巨大な建物は、鉄条網を彷彿とさせるデザインにぐるりと囲まれています。

↑パラボラアンテナの置き方(笑)まさか、卵型の屋根のオマージュ?だとしたらすごい。

何といっても不思議なのが、卵のような楕円形の屋根。
一体何の役に立っているのでしょうか。いや、ただのデザインでしょう。コソボですから(笑)

せっかくなので中に入ってみようとしたのですが、平日の午後早い時間にも関わらずなぜか閉鎖されていました。
まさか、潰れた?

Advertisement

プリシュティナの(ちゃんとした)観光スポット

というわけで、プリシュティナ名物(?)のヘンテコな建造物群を紹介してきました。

正直、プリシュティナ市内にはめぼしい観光スポットはあまりありません

ここからは、一応観光スポットと呼べそうな場所を紹介していきます。

プリシュティナ観光地図

黄色:バスステーション
紫:ホステル
緑:ヘンテコ建造物群
青:観光スポット

マザーテレサ大聖堂

マケドニア生まれのアルバニア人、マザー・テレサの功績を讃え、その死を悼む目的で建てられたのが、マザー・テレサ大聖堂です。

2010年8月26日、マザー・テレサ生誕100周年を記念して公開されました。

新しい大聖堂の内部はとにかくモダン。

中世の教会に見られるような重厚で厳かな雰囲気はなく、光が差し込む明るく開放的な空間となっています。

のぶよのおすすめは、大聖堂横にある鐘楼へ登ること

エレベーター付きの近代的な鐘楼への入場は€1(=¥118)。
頂上からは、ポドゴリツァの開発途中の町並みを一望することができます。

よくあるガラス張りの展望台ではなく、鉄柵があるだけの頂上では、風が直接吹き付けてきてちょっとしたスリルも味わえます。
高所恐怖症の人はちょっと厳しいかもしれません。

また、先述のヘンテコ建造物群に挙げた、コソボ国立図書館やラジオ局、スポーツセンターの全景も見られます。

ここへ登ることが、プリシュティナヘンテコ建造物群観光のフィナーレとも言えるでしょう(笑)

救世主キリスト聖堂

1995年に建設工事が始められたセルビア正教の聖堂は、ヘンテコ建造物であるコソボ国立図書館のすぐ近くに位置しています。

1998年に始まったコソボ紛争を経て、住民の対セルビア感情が悪化した影響で工事は中断され、現在でも未完成のまま、その朽ちていく姿を晒し続けています。

コソボ独立の家

プリシュティナ市内西部に位置するのが、コソボ独立の家

本当に普通の民家のような外観なのですが、内部はコソボ独立に関する展示がされたミュージアムになっています。

のぶよが訪れた際は、平日の真昼間にも関わらずなぜか閉まっていました。

プリシュティナ、こういうの多くないですか?
もうちょっとやる気を出してほしいです。

マザー・テレサ通り

プリシュティナ市内を南北に走る歩行者専用のメインストリートが、マザー・テレサ通りです。

先述の通り、マザー・テレサの出身が、当時のオスマン帝国のコソボ州のスコピエ(現在のマケドニア)だったという共通点だけで命名された通りなので、特にマザー・テレサの功績を感じられるものはありません。

通りの北端は、コソボ政府の建物が並ぶエリアで、殺風景な雰囲気。
南に歩いていくと、カフェやレストランが連なるメインストリートらしい光景になってきます。

オールド・タウン

マザー・テレサ通りを北に抜け、そのまま北東に歩いていくと、プリシュティナで最もコソボらしい雰囲気が残ると言われるオールド・タウンにたどり着きます。

中心街のような巨大な建物は見当たらず、モスクや普通の民家ががいくつか点在しているエリアです。

正直、コソボらしい風景を見るなら、古都・プリズレンやジャコヴァに行った方が確実に良いと思います。

それくらい、プリシュティナのオールド・タウンは中途半端。
というか、全く持って古さを感じません。

唯一面白かったのが、オールド・タウン北側に広がる市場(オールド・バザール)

野菜、電化製品、使用済みの靴などがとにかく格安で売られているカオスな空間。
観光客はほとんど来ないためか、行き交う人々にやたら声をかけられたり、手を振られたりします。

そうそう、これこそがコソボ。
のぶよが求めていたものです。

プリシュティナは大都市であり、国連やNATOの職員も多くやって来るため、中心街の人々はある程度外国人慣れしている感があります。

しかし、この市場では、良い意味で「コソボらしい」風景に出会うことができました。

ビル・クリントン像

アメリカ大好きなプリシュティナ。
バスステーションと中心街の間には、手を挙げて微笑むビル・クリントン元アメリカ大統領の銅像が設置されています。

コソボ紛争時に大きな援助をしたアメリカ。
当時のクリントン大統領への感謝の意を込めて置かれたものだそうです。

Advertisement

プリシュティナ近郊の観光スポット

プリシュティナ市内にあまり見どころがないことは、すでにお分かりいただけたと思います。

ここからは、プリシュティナを拠点に日帰りで訪れることができる見どころを紹介します。

グラチャニツァ修道院

コソボ唯一の世界遺産、「コソボの中世建造物群」の一つとして登録されているグラチャニツァ修道院

プリシュティナからバスで15分ほどでアクセスできるスポットです。

フレスコ画が圧巻の修道院敷地内の教会はかなり見ごたえがありますが、のぶよ的には修道院周辺のグラチャニツァの町もなかなか面白いところでした。

住民のほとんどがセルビア人であるグラチャニツァでは、店の看板や掲示物などの表記は全てセルビア語。
人々はセルビア語で会話をします。

コソボの中に息づくセルビア文化。
まるで違う国に来たように感じるかもしれません。

プリシュティナと各都市間のアクセス

↑プリシュティナのバスステーション

プリシュティナのバスステーションは、中心街の南西2kmほどの幹線道路沿いに位置しています。

国内のどこへでも2時間以内でアクセスできる小国・コソボ

プリシュティナに滞在しながら多くの町へ行くことができるのは大きな魅力です。

ここでは、プリシュティナからアクセスできる主な都市への移動情報を解説していきます。

プリシュティナ~コソボ国内各都市の移動

プリシュティナ~プリズレン間のバス移動

コソボ第二の都市・プリズレンとプリシュティナ間は、20分に1本ほどの頻度でバスが走っています。

日帰りでの往復も可能ですが、できれば滞在して、エキゾチックな町の雰囲気を満喫するのがおすすめです。

所要時間:1時間半
料金:€4(=¥472)

プリシュティナ~ペーヤ間のバス移動

コソボ第三の都市・ペーヤとプリシュティナ間は、20分に1本ほどの頻度でバスが走っています。

ペーヤ周辺には魅力的な観光スポットが点在しているので、できれば宿泊するのがいいでしょう。

所要時間:1時間半
料金:€4(=¥472)

プリシュティナ~ジャコヴァ間のバス移動

「コソボの小京都」・ジャコヴァとプリシュティナ間は、30分に1本ほどバスが運行しています。

本数が多いので、プリシュティナからの日帰りも問題なくできます。

所要時間:1時間半
料金:€4(=¥472)

プリシュティナ~ミトロヴィツァ間のバス移動

北部にセルビア人、南部にアルバニア人が居住する「分断の町」・ミトロヴィツァへは、プリシュティナのバスステーションから、20分に1本バスが出ています。

所要時間:1時間
料金:€1.5(=¥177)

プリシュティナ~周辺諸国の都市

プリシュティナのバスステーションからは、周辺各国の主な都市への国際バス路線が出ています。

コソボから周辺諸国への国境越えには注意が必要な場合があります

詳しくは、以下の記事内で触れています。

プリシュティナ~ティラナ(アルバニア)

アルバニアの首都・ティラナ~プリシュティナ間は、多くのバスが走っています。

プリシュティナ~プリズレン~ティラナという路線が基本ですが、便によってはアルバニア北部のシュコドラや、海沿いのデュラスまで行くものもあります。

所要時間:4時間〜
料金:€10~(=¥1200)

プリシュティナ~スコピエ(マケドニア)

プリシュティナから少し南に行くと、そこはもうマケドニア。

首都のスコピエまではバス、鉄道で結ばれており、いずれの所要時間も2時間ほどと、気軽に移動することができます。

鉄道

所要時間:2時間
料金:€3(=¥360)

バス

所要時間:2時間
料金:€4(=¥480)

プリシュティナ~ポドゴリツァ(モンテネグロ)

山々を越えていくため、距離的に長めで時間がかかるのが、コソボからモンテネグロへのバス移動。

プリシュティナ~ペーヤ~ポドゴリツァ~ウルツィニを結ぶ路線が1日2本走っています。

本数が少なく料金は少々高めですが、どうしてもこのルートで移動したい場合は利用価値があります。

所要時間:7時間半~
料金:€17~(=¥2040)

プリシュティナ~ベオグラード(セルビア)

コソボの人々が大嫌いなセルビアですが、そこはお隣同士。

本数は多くないものの、バスは存在します。

所要時間:6時間~
料金:€15~(=¥1800)

コソボ~セルビア間の国際移動には注意が必要です。

セルビア以外の第三国からコソボに入国した場合は、このルートでセルビアに行くことはできません。

セルビアからコソボに入国し、再度セルビアへ再入国する場合のみ利用できるルートとなります。

セルビア~コソボ間の複雑な国境システムについては、こちらの記事内で触れています。

セルビアとコソボの国境地帯には、外務省からの注意喚起が出ています。

セルビアの過激派やコソボの過激派がゲリラ的にバスを襲撃するという事件が起こったこともあるので、このルートでの国境越えには注意が必要です。

また、コソボやセルビアでの政治状況によって、外国人の国境越えが不可能になる可能性も考えられます。

現地で最新情報の入手を心がけましょう。

プリシュティナのホステル情報

プリシュティナでの宿選びのポイントは、バスステーションと中心街の間の宿を選ぶこと。

中心街観光スポットは限られているプリシュティナ。市内の観光自体は数時間で終了してしまうほどです。

プリシュティナは首都であることもあり、コソボの他の町へのアクセスの拠点としてはかなり便が良いです。

他の町へ行く場合は、中心街から2kmほど離れたバスステーションを利用することとなるので、特に見どころもない中心街に宿泊してしまうと、いちいちバスステーションとの間を往復しなければなりません。

バスステーション近く、もしくは中心街までの道沿いに宿泊すれば、他都市への移動に便利ですし、気が向いたときに中心街へ気軽に行くこともできます。

White Tree Hostel

→この宿をBooking.comで料金確認・予約する

料金:€9(=¥1060)
部屋:6ベッドドミトリー

・立地:8/10

バスステーション、中心街までいずれも1kmほどの場所に位置するホステル。

もう少しバスステーションに近いのが理想ですが、個人的には満足な立地でした。

・アクセス:10/10

通り沿いに看板が出ており、入口の門も常に開いているので簡単にアクセスできます。

併設されているバーでチェックインとなりますが、常にスタッフがいるのでスムーズです。

・スタッフ:6/10

若いスタッフが経営しているホステル。

特に温かく迎えてくれるわけでもありませんが、まあ許容範囲。

周辺の観光スポットなどの情報を聞いても、「知らない」と言われることもあり、もう少し情報をくれても良かったのではないかと感じました。

・清潔さ:7/10

部屋、バスルーム、庭ともに清潔に保たれています。

しかし、チェックアウトした後のベッドをベッドメイキングすることなく放置していたのは謎。
おそらく次の予約が入っていなかったためだと思いますが、そこはちゃんとした方が良いのでは。

・設備:6/10

キッチンがないので、自炊はできません。

併設されているバーでお湯がもらえるのですが、いちいちお願いするのはなかなか気が引けました。

冷蔵庫だけがホステル部分にぽつんと置かれています。

各ベッド横にはコンセントがあり、バスルームにはドライヤーもありました。

・wi-fi:2/10

wi-fiに関してはかなり不満。

1階のバーでは、フリーのwi-fiがあるのですが、Facebookにいちいちログインして接続するというかなり面倒くさいタイプのもの。

しかも電波がかなり不安定でした。

2階のドミトリー部分では、wi-fiの電波が全く入りません。

・雰囲気:5/10

広々とした庭はとても雰囲気が良いのですが、バーが併設されているため、地元の人もやってくるような場所です。

なので、のんびりと過ごすのはなかなか難しいと感じました。

ホステル部分にはただドミトリーがあるだけで、共用部分はありません。

居心地が良いスペースがないので、集まるゲストとのコミュニケーションもなかなか生まれにくかったのが現状です。

総合:6.2/10

総合的に微妙なホステルでした。

良いのはロケーションと、バーで€1.5で飲めるビールくらい。

ホステルよりもバーに力を入れているようで、宿泊客の居心地などは二の次のように感じられたのが残念です。

→この宿をBooking.comで料金確認・予約する

→Booking.comでプリズレンの宿を探す

おわりに

正直、観光地としては微妙、というか通過してしまっても差し支えなさそうなプリシュティナ。

コソボの一番の魅力だと感じていた、フレンドリーな人々も、大都会プリシュティナに来るとその数がぐっと少なくなります。

それでも、せっかく来たからにはその魅力を発掘しようとしたのぶよは、ヘンテコな建造物めぐりに行き着きました(笑)

周辺には魅力的な観光スポットが点在しており、コソボの他都市や周辺諸国へのアクセスも抜群に良いプリシュティナ。

市内観光目的というより、コソボ国内観光の拠点と割り切って滞在するのも一つの手かもしれません。

この記事に関連したおすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article