行けば必ず恋に落ちる町。クロアチア・シベニクの素敵な町並み。【おすすめホステル情報も】

行けば必ず恋に落ちる町。クロアチア・シベニクの素敵な町並み。【おすすめホステル情報も】

こんにちは!クロアチアのアドリア海沿岸を南に向かって旅している世界半周中ののぶよです。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

「世界一の夕日の町」ザダルと、クロアチア第二の都市・スプリットの中間地点に位置するシベニク(Sibenik)

多くの観光客が素通りしてしまうものの、クロアチア南部のダルマチア地方らしい石造りの家々が連なる旧市街が美しい町です。

観光客が少なく、素朴な漁村の風景と古い町並みの中で営まれる生活の香りが感じられるシベニク。

のぶよ的に、クロアチアで最も好きな町の一つです。

今回は、行けば誰しもがその美しさに恋に落ちてしまうシベニクの観光スポットアクセスおすすめホステルを紹介します。

Advertisement

シベニクの観光スポットとまわり方

シベニクは、ダルマチア地方の伝統的な石造りの家が数多く残っている町。

観光地を順番にまわっていくのもいいですが、狭い石畳の路地をあてもなくさまよってみるのが最もシベニクの魅力を満喫できる方法です。

シベニク観光地図

黄色:バスステーション
紫:おすすめホステル
青:観光スポット 

シベニク観光の中心・聖ヤコブ聖堂から散策スタート

シベニク旧市街の真ん中に位置する聖ヤコブ聖堂は、町のシンボル。

青い空をバックに輝く白亜の大聖堂はとても美しく、大聖堂前の真っ白な階段も併せてとてもフォトジェニックです。

大聖堂前のクロアチア共和国広場(Trg Republike Hrvatske)には、シベニクの市庁舎があり、オープンテラスのカフェが良い雰囲気を醸し出しています。

聖ヤコブ大聖堂周辺は、階段や坂道が連なるシベニクらしい雰囲気の狭い路地が縦横無尽に張り巡らされています。

シベニクの丘の上に建つ聖ミカエル要塞に向かって、狭い坂道を登っていきましょう。

たくさんの小さな教会も点在しているので、立ち寄りながらの散策もおすすめです。

丘の上のお城を目指して、路地を散策

周りを石造りの家々に囲まれたシベニク旧市街の狭い路地

中世そのままの雰囲気が漂い、ひっそりとした路地は異国情緒たっぷりです。

坂道を登ってふと後ろを振り返ると、先ほど見学した聖ヤコブ大聖堂が。

観光客の姿はまばらで、時折地元の人とすれ違うだけの静かな路地。

どこからか聞こえてくるカモメの鳴き声と、魚を焼く海沿いの町らしい匂い。

なんだかのぶよが以前住んでいたポルトガルそっくりな雰囲気が漂っています。
町の感じや気候も似ているのでなおさらそう感じるのかもしれません。

シベニク旧市街で最も高いところにあるのが、聖ミカエル要塞です。

↑写真内の丘の上に見えるのが聖ミカエル要塞

要塞からは、シベニクの旧市街と青く輝くアドリア海、その先に浮かぶ島々まで一望できます。

ただし入場料は鬼のように高く、大人60Kn(=¥993)もとられます。

クロアチア全体に言えることなのですが、どこも入場料が高すぎ。
なんだか足元を見られている気しかしません。

港沿いをシーサイドウォーキング

一通り旧市街の散策を終えたら、旧市街のアドリア海岸沿いのリヴァ通り(Riva)を散策しましょう。

レストランが多く並びリゾート地のようですが、そこまであか抜けてはおらず、あくまでも素朴な雰囲気なのがシベニク。

値段もそこまで高いわけではないので、名物のシーフードを味わってみるのもいいかもしれません。

リヴァ通りを西へ歩いていくと、徐々に漁村の雰囲気が色濃くなってきます。

漁に出るおじさんや船から獲った魚を下ろす人などの姿が見られ、なんだかローカル感満載。
世界遺産の旧市街の片隅でこのような素朴な風景が見られるのは、クロアチアではあまりないことです。

さらに西へ進むと、シベニクの旧市街の全景を眺めることができるボードウォークに至ります。

旧市街から徒歩10分ほどで、こんなゴージャスなクロアチアらしい風景が見られるのがシベニク。

温かな気候と静けさも相まって、とても平和でゆったりとした時間が流れているように感じました。

観光客の姿はほとんどなく、地元の人が犬を散歩していたり、若者たちがビーチへ向かって楽しそうにしゃべりながら歩いていたりと、当たり前の地元の人たちの日常がそこにありました。

超観光大国・クロアチア、特にアドリア海沿岸において、こんなゆったりとしたローカルな雰囲気を感じられる町が他にあるでしょうか。

しかもシベニクは世界遺産の町でもあります。
これって、かなり奇跡的なことだと思います。

夕方になると、赤く染まっていく空を背景に徐々に町の明かりがつき始めていく風景を眺めることができます。

とてもノスタルジックで、本当にポルトガルにいるような気分になりました。
なんだかいろいろとそっくりなんです。特に町に漂う雰囲気が。

ビーチから眺めるシベニクの町に息をのむ

シベニクの魅力は、旧市街だけにとどまりません。

旧市街から先述のボードウォークを歩いて15分ほどで、美しいバニュビーチ(Plaža Banj)へと行くことができます。

このビーチからは、丘の斜面にへばりつくように広がるシベニクの旧市街の全景を眺めることができます。

また、バニュビーチから眺めるサンセットもとても素敵

アドリア海に沈んでいく夕日と、暗くなっていく空に浮かび上がるシベニク旧市街の美しい姿の両方を眺めることができるおすすめスポットです。

きっと一生心に残るような、素敵な風景を見られることでしょう。

シベニクのおすすめホステル情報

シベニクで滞在したホステルは、のぶよ的に最強のコスパでした。

自信を持っておすすめできるホステルです。

Hostel Globo

→この宿をBooking.comで料金確認・予約する

住所:Sarajevska ul. 2, 22000, Šibenik
料金:97.25Kn(=¥1611)
部屋:10ベッドドミトリー

・立地:10/10
バスステーションから徒歩30秒、旧市街まで徒歩2分という完璧な立地のホステル。

バスステーション付近にはATMや商店もあるので、本当に便利です。

ここまで完璧なロケーションのホステルは初めてかもしれません。

・アクセス:10/10
ホステルの建物自体にも看板はありますが、バスステーションにも案内があるので迷うことなくたどり着けます。

チェックイン時間内なら常にスタッフが居て、ドアも開いているので、問題なくアクセスできます。

・スタッフ:9/10
数人の女性スタッフが交代で受付にいましたが、みんな気さくな人ばかり。

シベニクの観光情報はもちろん、近郊のクルカ国立公園へのバス情報まで教えてくれました。

・清潔さ:10/10

ホステルの内装は、もはやブティックホステルのよう。

部屋、共用部分、バスルームともに完璧に清掃が行き届いていました。

アロマのお香のようなものがいたるところに置かれていて、香りにまで気を使っているほどです。

・設備:8/10

キッチンは自炊が十分にできる設備。
欲を言えば、調味料がもう少し充実していれば最強でした。(塩しかなかった)

部屋にはエアコンがあり、とても開放的な雰囲気で良かったです。

・wi-fi:8/10
速度、接続ともに問題ありません。
屋外のテラス部分ではつながらないことがありました。

・雰囲気:8/10
良くも悪くも「クロアチアらしい雰囲気」のホステル。

というのも、クロアチアでは和気あいあいとしたアットホームなホステルはかなり稀で、みんな自分の旅行に忙しくあまりコミュニケーションが生まれないことが多いのです。

このホステルも例外ではなく、かなり個人主義な人たちが多い印象でした。

ゆっくりと自分の時間を満喫したい人には最高の雰囲気だと思います。

総合:9.0/10

シベニクに行くならここしかない!というくらいのおすすめホステル。

町で最安値でありながら、かなり高いクオリティーの滞在ができます。

個人的には、もう少し汚くて面白い人たちが集まるようなアットホームなホステルが好みなのですが、これはこれであり。

全てのホステルがこのコスパだったらいいのにと願わずにはいられない、そんなホステルです。

→この宿をBooking.comで料金確認・予約する

→Booking.comでシベニクの宿を探す

シベニクへのアクセス

↑シベニクのバスステーション

シベニクへのアクセスは、バスが基本となります。

クロアチアの都市間移動で便利なFlixbusですが、シベニクへの路線網は充実しておらず(ザダル・スプリットともに1日1便のみ)、料金もローカルバス会社に比べて高いです。

シベニクへの移動は、ザダルかスプリットからが一般的。
いずれの場合も、各バスステーションでチケットを購入してのローカルバス利用が便利です。

シベニクは、ザダル – スプリット間に位置するため、この区間を走るバスのほとんどが経由する交通の便がいい町。
ハイシーズン以外なら、予約はいりません。
バスステーションで当日のチケット購入で問題ありません。

ザダルからシベニクへのバス移動

ザダルの中央バスステーションからシベニクのバスステーションまでは、多数のバス会社が1時間に1本ほどと頻繁にバスを運行しています。

所要時間:1時間半
料金:46Kn(=¥760) 〜
※荷物代別途7Kn(=¥115)必要

スプリットからシベニクへのバス移動

スプリットの中央バスステーションからも、多くのバス会社が1時間に1本程度の頻度でバスを運行しています。

所要時間:1時間半
料金:48Kn(=¥793)〜
※荷物代別途7Kn(=¥115)必要

ザダル・スプリット間の移動途中にシベニクを日帰り観光も可能!モデルプラン

シベニクの町自体はとても小さく、ゆっくり見ても3〜4時間ほどでまわれます

近郊の「泳げる絶景」・クルカ国立公園もシベニクからバスで30分ほどなので、シベニクとクルカ国立公園を丸一日で訪れることも可能です。
(少し忙しくなりそうですが)

シベニクとクルカ国立公園を一日でまわるモデルルート

ザダル(もしくはスプリット)を早朝出発し、シベニクに到着。
大きな荷物をバスステーションに預けて、クルカ国立公園行きのバスに乗ります。(9:00シベニク発が望ましい)

クルカ国立公園で絶景を満喫した後は、14:00クルカ国立公園発のバスでシベニクへ戻り観光。
夕方のバスでザダル(もしくはスプリット)へと移動します。

土日は14:00発のバスの運行はないので注意

1日で移動とシベニク観光・クルカ国立公園観光と一石三鳥の欲張りルート。
時間の節約にもなるので、忙しい旅人にはおすすめです。

シベニクのバスステーションには荷物預り所があるので、大きな荷物を持っての移動でも心配無用です。

のぶよ的には、シベニクは日帰りでサッと見るにはもったいないほど素敵な町なので、最低でも一泊して町の雰囲気を味わってほしいところですが。

おわりに

なんだかかつて住んでいたポルトガルの港町を思い出したシベニクの雰囲気。

観光客であふれかえっていることもなく、観光地ずれしている雰囲気も感じません。

美しい町並みはもちろんのこと、ローカルな風景が多く残っているシベニクは、クロアチアのアドリア海沿岸の町としては奇跡的だと言えるでしょう。

のぶよ的にはクロアチアで一、二を争うほど好みの町でした。

この記事に関連したおすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

スロベニア・クロアチアをより詳しく解説したバージョンもあります。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

クロアチアだけでなく、周辺の国々の情報も載っているバージョンもあります。

「詳しい情報が欲しいけど、Lonley Planetはどうも字が多すぎて…」という方におすすめなのが“Eyewitness”
美しい写真がふんだんに使われている、フルカラーのガイドブックです。(英語のみ)

情報はかなり詳しく、写真でその場所のイメージがつかみやすいです。

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
     

とらべる × クロアチア

     

Category New Article