ラベンダー香るゴージャスな島へ。フヴァル・タウンの楽しみ方【超おすすめホステル情報も】

ラベンダー香るゴージャスな島へ。フヴァル・タウンの楽しみ方【超おすすめホステル情報も】

こんにちは!クロアチア南部・ダルマチア地方の島々を旅している、世界半周中ののぶよです。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

スプリットとドブロブニクの間、青く輝くアドリア海に浮かぶフヴァル島は、誰もが憧れるゴージャスなリゾートアイランドです。

夏になると、ヨーロッパはもちろん世界中から多くのバカンス客が訪れます。

今回は、フブァル島の中心の町、フヴァル・タウンの魅力と楽しみ方、格安でリゾート気分が味わえる超おすすめのホステルを紹介します。

Advertisement

フヴァル・タウンの楽しみ方

フヴァル・タウン観光地図

黄色:港/バスステーション
紫:おすすめホステル
青:観光スポット
緑:パクレニ諸島行き水上タクシー乗り場 

旧市街を散策

フヴァル・タウンは、フヴァル島の西部に位置する町です。

大型船は停泊できない中規模の港沿いには、坂道を覆うように広がる美しい町並みが広がります。

フヴァル・タウンに到着したら、まずは町を散策してみましょう。

とても小さな町なので、徒歩で十分観光できます。

聖ステフェン教会

フヴァル・タウンのシンボルが、聖ステフェン教会です。

教会前は賑やかな広場になっていて、おしゃれなレストランが軒を連ねます。

リヴァ通り

フヴァル・タウンの港沿いを走るリヴァ通りは、ヤシの木とおしゃれなカフェが並ぶ島のゲートウェイ。

リゾートアイランド・フヴァル島を象徴するような通りです。

フランシスコ修道院

港の南側に建つフランシスコ修道院は、白亜の尖塔が特徴的です。

修道院のすぐ目の前はビーチ。
海と修道院という珍しい風景が見られます。

おしゃれすぎる路地を散策

丘の斜面にあるフヴァル・タウンは、石造りの建物の間を走る路地や階段の風景がとても素敵。

どこを切り取っても絵になります。

城塞からの絶景

フヴァル・タウンの北側の丘の上には、かつてヴこの地を支配していたベネチア共和国が、オスマン・トルコ軍からフヴァル・タウンを防衛するために築いた城塞が残っています。

ここからの眺めは、クロアチアで三本の指に入るほどの絶景。

フヴァル・タウンの赤い屋根の町並みはもちろん、紺碧のアドリア海と近くに浮かぶパクレニ諸島の島々まで一望することができます。

午後は逆光になってしまうので、午前中か夕方がおすすめです。

フヴァル・タウンからは階段と坂を上って20分ほどで頂上までアクセスできます。

城塞内部の入場は有料(25Kn)ですが、入場しなくても絶景は見られます。

感動の透明度!フヴァル・タウンのビーチ

フヴァル・タウンに到着した人誰もが初めに感動するのは水の綺麗さではないでしょうか。

スプリットの海でも十分きれいなのですが、やはり離島は格が違います。

残念なことに、フヴァル・タウンのビーチは砂浜ではなく、岩場や小石のビーチが多いため、のんびりするのにはあまり向きません。

しかし海沿いを歩くだけでもその美しさに感動するでしょう。

フヴァル・タウンの南側にはいくつかの小さなビーチが点在しているエリアがあるので、足をのばしてみることをおすすめします。

中心街から片道20分ほどで、驚くほどの美しさのPokonji dolビーチへと到着します。

人の数は多いものの、水の透明度は抜群。

潮風に吹かれながらあてもなく歩いた後は、楽園のようなビーチでクールダウン。これほどの幸せがあるでしょうか。

離島でのリゾート気分を味わえること間違いありません。

フヴァル・タウンからさらなる離島へ

先程紹介した城塞から見えるパクレニ諸島へは、フヴァル・タウンから簡単にアクセスできます。

どの島へ行くかによって変わりますが、フヴァル・タウンの劇場前から水上タクシーを利用して10分〜30分ほど。

水上タクシーの料金もお手頃なので、フヴァル・タウンに滞在している旅行客のデイトリップ先として大人気なんです。

小さなボートで離島へ向かうなんて、冒険心がくすぐられること間違いありません。

それぞれの島ごとに少しずつ特徴が異なるので、お好みのものを選びましょう。

夕暮れのフヴァル・タウンはとにかくゴージャス

スプリットから日帰りでフヴァル島を訪れようなんて考えている方は、今すぐその計画を変更しましょう。

フヴァル・タウンの魅力は、夕暮れ〜夜の短い時間の間に詰まっていると言っても過言ではないためです。

西向きに町がひらけたフヴァル・タウンは、どこも夕日の名所。
どこからでも素晴らしい夕日を鑑賞することができます。

夕日の後に待っているのは、一つ一つ灯り出す町の明かりに照らされる、古い路地や港のロマンティックな風景。

とにかく全てがゴージャスです。

あたりが暗くなってくると、旧市街の路地にあるレストランに人が集まり始めます。

レストランはリゾート価格なので、バックパッカーには手が出せませんが、散策するだけでもなんだかリッチな気分になります。

フヴァル島を日帰りで去ってしまうのは、日本に来て和食を食べずに帰ってしまうようなものだと考えておきましょう。

ナイトライフ

ヨーロッパの人が大好きなキーワードである「離島」「ビーチ」「ナイトライフ」。

スペインのイビサ島がとても有名ですが、それに負けない知名度を誇るのがフヴァル島のナイトライフ

フヴァル・タウンの北側には、バーやクラブが連なるナイトライフ通りがあります。

ヨーロッパの若者の間では「パーティーアイランド」として有名なフヴァル島。

その実情は凄まじいものがあります。

こんな小さな島にもかかわらず、ほとんどのバーは朝まで営業していますし、深夜0時に港を出発してパクレニ諸島のナイトクラブへと連れて行くボートまであり、そこのビーチクラブは朝6時まで営業しています。

フヴァル島を訪れる若者のほぼ100%がナイトライフを第一の目的としているほど。

のぶよ的には「ちょっと行き過ぎ」な感じがあったのですが、ナイトライフ派の人は楽しめること間違いありません。

Advertisement

最強ホステルでのんびりリゾート気分!

 

フヴァル・タウンには数軒のホステルがあります。

旧市街は港から近くて便利なのですが、ここは「パーティーアイランド」フヴァル島。
かなりの大音量で流れる音楽と、ナイトライフを楽しむ若者たちが闊歩するので、「のんびりと離島での滞在を楽しむ」というスタイルには向きません。

今回のぶよが紹介するホステルは、旧市街から少し離れているため、喧噪とは無縁ののんびりした空気が流れているホステルです。

これまで宿泊したホステルの中でもベスト3に入るほど良いホステルでした。

Hostel Kapa

→この宿をBooking.comで料金確認・予約する

住所:Ive Roića, 21450, Hvar
料金:80Kn(=¥1317)
部屋:4ベッドドミトリー

・立地:8/10
フヴァル・タウンの港から徒歩15分ほどの小高い丘の上にあります。

そこまで坂道はきつくないものの、大きな荷物があると少し大変かもしれません。

スーパーマーケットまで徒歩1分ととても便利で、フヴァル・タウンの喧騒とは無縁の落ち着いた地区にあります。

・アクセス:10/10
ホステルは一軒家を改装したもの。看板も出ているので何の問題もなくたどり着けます。

常にスタッフがおり、鍵も開いているので、チェックインもとてもスムーズです。

・スタッフ:10/10
島出身の兄弟が経営しているホステルで、宿泊客同士のコミュニケーションを促進してくれるとても気さくな人たちでした。

お手伝いで来ているお兄さんのお嫁さんもいい人で、とにかくホステルの雰囲気が良いです。

・清潔さ:8/10

きちんと清掃はされているものの、共用エリアなどは物が適当に置かれていたりと雑な部分も。

バスルームやキッチンはかなり清潔です。

のぶよ的には、ピッカピカでモダンなホステルよりもこれくらいの適当さのホテルが好きです。

・設備:10/10

これまで泊まったホステルの中でも最強の類の設備を誇るホステルです。

キッチンは調理器具がすべてそろっており、ゲストが無料で使える調味料や食材まであります。(オリーブオイルやパスタまで無料で使えます)

広い庭には卓球台やハンモック、バーベキュー用具までそろっています。

・wi-fi:9/10
速度、接続ともに問題なく、各部屋にそれぞれwi-fiがあるのが素晴らしいです。

庭では電波が弱かったのが玉に瑕。

・雰囲気:10/10

スタッフ、ゲストともにのんびりと旅行を楽しんでいる人が集まるので、自然とコミュニケーションが生まれます。

フヴァル・タウン中心部にやって来るような「ただ飲んで騒げればいいや」的な若いグループはおらず、一人旅や少人数で旅している人ばかり。

広い庭にはラベンダーやバラが咲き乱れ、ハンモックでのんびりと過ごすこともできます。

また、ホステルからはアドリア海の絶景がいつでも見られ、知り合った他のゲストとビールを飲みながら楽しい時間を過ごすには最高のホステルです。

総合:9.3/10

とにかく完璧な雰囲気のホステルでした。

のぶよが探し求めていたのはここであると断言できるほど。

最初は二泊だけのつもりだったのですが、あまりの居心地の良さに四泊もしてしまったほど。

全世界に向けて発信したいほど素晴らしいホステルです。

→この宿をBooking.comで料金確認・予約する

→Booking.comでフヴァル島の宿を探す

フヴァル島へのアクセス

クロアチア本土からフヴァル島への交通手段は、船のみとなります。

夏場はスプリットやドブロブニクとフヴァル・タウンを結ぶカタマラン(高速船)が一日数便運行されていて便利です。

反対に、オフシーズンはカタマランの便は激減し、カーフェリーのみの運行となる場合もあるので注意が必要です。

要チェック!フヴァル島の港

フヴァル島には、フヴァル・タウン以外にも三つ、合計四つの港があります。

観光客が利用するのは

・フヴァル・タウン(Hvar)
・スタリィ・グラード(Stari Grad)
・イェルサ(Jelsa)

の三つ。

赤線:カタマラン(高速船)路線
青線:カーフェリー路線

このうち最も便利なのは、観光の中心となるフヴァル・タウン港です。

フヴァル・タウンの港は小さく、大型船が停泊できないため、カーフェリー利用の場合はスタリィ・グラード港に到着後、島内バスでフヴァル・タウンまで移動する必要があります。

バスの本数はかなり少なくとても不便なので、できればフヴァル・タウンに到着するカタマランの利用をおすすめします。

フヴァル島へのアクセスは、クロアチア最大のフェリー会社・ヤドロリニア(Jadrolinja)を利用した場合のものを掲載しています。

区間によっては他の会社の船も運行しているので、スケジュールや予算に合わせて選択しましょう。

一般的に、ヤドロリニアの船が最安です。

最新のスケジュール・料金はヤドロリニア社のサイトでご確認を。

スプリットからフヴァル島へのアクセス

スプリット港からヤドロリニア社のカタマランがフヴァル・タウンまで1日8便運行しています。

所要時間:2時間
料金:55Kn(=¥907)〜110Kn(=¥1815)

ヤドロリニア社のカーフェリーが、スプリット港からスタリィ・グラード港を1日6便運行しています。

所要時間:1時間
料金:47Kn(=¥775)

ヤドロリニア社のカタマランが、スプリット港からイェルサ港を1日1便運行しています。

所要時間:1時間40分
料金:55Kn(=¥907)

ドブロブニクからフヴァル島へのアクセス

ドブロブニク港からヤドロリニア社のカタマランがコルチュラ・タウンを経由してフヴァル・タウンまで1日1便運行しています。

所要時間:3時間半
料金:210Kn(=¥3466)

ドブロブニク – フヴァル島間はカーフェリーの運航はありません。

フヴァル島からコルチュラ島へのアクセス

フヴァル島とセットで訪れたいという人も多いであろう、アドリア海を代表する美しい島、コルチュラ島

コルチュラ島のコルチュラ・タウン港ヴェラ・ルカ港へ、フヴァル・タウンからのカタマランがでています。

フヴァル・タウン港からコルチュラ・タウン港までヤドロリニア社のカタマラン1日1便運行しています。

この便は、フヴァル・タウン – ドブロブニク間のフェリーと同じものです。

所要時間:1時間15分
料金:120Kn(=¥1980)

フヴァルタウン港からヴェラ・ルカ港までヤドロリニア社のカタマラン1日1便運行しています。

所要時間:55分
料金:40Kn(=¥660)

おわりに

クロアチアを旅行するなら是非訪れたいフヴァル島。

フヴァル・タウン以外にも見どころはありますし、何といってもホステルの居心地が良すぎるので、長期で滞在するのもいいかもしれません。

「ドブロブニクと並んで物価が高い」と言われるフヴァル島ですが、限られた予算でも楽しむことは十分可能ですよ。

この記事に関連したおすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

スロベニア・クロアチアをより詳しく解説したバージョンもあります。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

クロアチアだけでなく、周辺の国々の情報も載っているバージョンもあります。

「詳しい情報が欲しいけど、Lonley Planetはどうも字が多すぎて…」という方におすすめなのが“Eyewitness”
美しい写真がふんだんに使われている、フルカラーのガイドブックです。(英語のみ)

情報はかなり詳しく、写真でその場所のイメージがつかみやすいです。

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article