私がスペイン語ではなく、あえてポルトガル語の学習を選んだ5つの理由。

私がスペイン語ではなく、あえてポルトガル語の学習を選んだ5つの理由。

こんにちは。ポルトガルに1年間ワーキングホリデーで滞在したのぶよ(@taisuke5696)です。

ポルトガルに在住しているとよく聞かれるのが、

「なんでポルトガル語?」
「スペイン語の方が簡単だし便利じゃない?」
「てゆうか、ポルトガルってどこ?」

など、ポルトガル語学習者にとっては決してありがたくないことばかり。

かつて七つの海を制した海洋大国の栄光はもはや全く残っていません。

もちろん、ポルトガルに住むことを決める前に、スペイン語を学んでスペインへ渡航することも考えました。

というのも、当時ちょうどスペインのワーキングホリデー制度が始まり、ポルトガルと同様に長期滞在しやすくなったためです。

しかしながら、のぶよはあえてスペイン語ではなくポルトガル語を勉強し、ポルトガルに滞在することを選びました。

今回は、もはやマイナー言語となりつつあるポルトガル語の学習を考えている人のために、のぶよ自身がポルトガル語を学習することを決めた5つの理由を紹介します。

スペイン語に情熱を注ぐ皆さん、本当に申し訳ありません。

かなりポルトガル語びいきの記事となっています。

多少スペイン語をディスってはいますが、「こういう人もいるんだ、変な人。」くらいに軽く考えていただければ幸いです。

Advertisement

私がポルトガル語を学習し始めた5つの理由

1.ポルトガルの文化に惚れたから

「ポルトガル」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

ビーチ、大航海時代、イワシ…。

日本人にとって、ポルトガルは遠く離れたヨーロッパの西の果ての国

正直、海に関連したイメージしか浮かばない方も多いのでは。

ポルトガルはヨーロッパにおいては小国ではあるものの、その豊かな歴史と自然に育まれた独特の文化は特筆すべきものがあります。

・郷愁をそそるポルトガル伝統音楽のファド
・イスラム文化の影響を受けて発達したタイルアートであるアズレージョ
・海の恵みと大地の恵みが調和した、絶品のポルトガル料理

フランスやスペインのような華々しさとは無縁な素朴な文化を、現在にまで保ちながら生活を送る人々が、温暖な気候の下でのんびりと暮らす国。
それがポルトガルです。

とにかく国全体にただようノスタルジックな雰囲気と、日本人に似た食文化やシャイな人々。

よく「ポルトガルってスペインと似て、陽気で明るいんでしよ?」と聞かれます。

実際に行ってみてください。そのイメージ、全く違いますから。

スペインの「とりあえず今が楽しければいいや〜フィエスタフィエスタ!」なノリとは正反対。

どこか哀愁を漂わせて、とにかく穏やかでのんびりとした人が多いのがポルトガルです。

ポルトガルの文化についての記事も書いています。

2.ポルトガル語がわかると自動的にスペイン語もわかるから

これはポルトガル語を学習した人なら誰もが経験済みだと思うのですが、ポルトガル語が分かれば、スペイン語を全く知らなくても理解することができるようになります。

もちろん100%とは言いませんし、会話の内容にもよるものの、日常会話レベルなら7~8割方理解可能です。

というのも、ポルトガル語はもともとスペイン語のいち方言であったものが変化して現在に至るもの。

ポルトガルのお隣、スペイン北西部のガリシア地方で話されるガリシア語は、スペイン語とポルトガル語の中間といった感じで、ガリシア語話者とポルトガル語話者の間ではほぼ問題なくコミュニケーションが成立してしまうほど。

面白いのが、スペイン語話者はポルトガル語をほとんど理解できないという点。

ポルトガル語の発音は独自に発展し、複雑化したため、母音が5つしかなくはっきりと発音されるスペイン語よりも、発音面における難易度がかなり高いのです。

津軽弁や鹿児島弁を話す人が標準語を理解できるのに、標準語を話す人はこれらの方言を理解できないのと同じような関係性だと考えてください。

スペイン語が話せなくても、理解ができるというのはかなりの強みだと思います。

ポルトガル語を学習後にスペイン語を学習すると、かなり取っつきやすいのではないでしょうか。
(実は次なる言語としてスペイン語をまったりと勉強してみようかなと考えています)

3.人と違った言葉を学びたかったから

スペイン語は、英語に次ぐ世界共通語としての地位を強めてきています。

ラテンアメリカの多くの国で話され、その他の地域でもスペイン語コミュニティーはとても大きなもの。

アメリカでは、英語が話せなくてもスペイン語だけで生きている人たちもいるくらいですから。

スペイン語が話せれば多くの人とコミュニケーションが取れるようになるという点では、とても便利な言語だと言えます。

一方のポルトガル語は、ポルトガルとブラジル、アフリカやアジアの旧植民地の一部で話されているものの、スペイン語の話者数と比べるとその差は歴然。

世界共通語とは言い難いのが現状です。

のぶよがそんなポルトガル語を学習しようと思ったのは、ただの興味本位です(笑)

スペイン語を学習している人はたくさんいますが、ポルトガル語となるとそうそうお目にかかれません。

「実はポルトガル語話せるんだよね~」
ってさらっと言えたら、なんかおしゃれじゃないですか?

そんな浅はかな理由です(笑)

4.大航海時代にはるばる日本までやってきたポルトガル人にシンパシーを感じたから

500年前の大航海時代。
初めて大海原に出て、世界を制したのはポルトガルでした。

日本に初めてやってきた西洋人もポルトガル人。

彼らが当時の日本にもたらした影響はとてつもなく大きなもので、今でも日本語や日本文化の中にはポルトガルの香りを感じられるものが多くあります。

ポルトガル人がわざわざ日本にやってきたのは、実は偶然だったそう。

植民地化していたマカオからティモール島への航海の最中に航路を間違い、たまたま種子島に漂着したというのが一般的な説です。

なんともポルトガル人らしい無計画感を感じさせるエピソードではありませんか(笑)

一方のポルトガルにおいては、日本文化を感じさせるものはあまりありません。

しかしながら、ユーラシア大陸の端っこ同士のポルトガルと日本で、文化的に共通する点がかなり多いのは驚くべきこと。

・どこかシャイなポルトガルの人たちの性格
・魚を上手に調理する素朴な味付けのポルトガル料理
・日本でいう演歌にあたる、郷愁や哀しみを歌ったポルトガル伝統音楽のファド

「サウダージ(郷愁)の国」なんて言われるポルトガルを日本人がどこか懐かしく感じるのは、そんな共通点を心のどこかで無意識に感じているからなのかもしれません。

「サウダージ(Saudade)」はブラジルの発音で、ポルトガルでは「サウダードゥ」になります。

また、「郷愁」と訳していますが、日本語には訳しきれない「哀愁」「懐かしさ」「恋しさ」など多くの意味を含むポルトガル語にしかない言葉です。

のぶよが初めてポルトガルを旅行で訪れた時に、なんだか懐かしい気分になったことをよく覚えています。

ヨーロッパ調の町並みで、日本とは全く異なる風景であるにもかかわらず。

とにかく、ポルトガルには、日本人の心をくすぐる「何か」が存在していることは間違いありません。

5.そもそもスペイン語の発音が好きじゃないから

全世界のスペイン語話者と、スペイン語を愛して情熱をそそぐ人々には本当に申し訳ありません。
先に謝っておきます。

のぶよは、スペイン語の響きが好きではありません。

スペイン語の早口でまくし立てる感じや、パラパラとした乾いた発音など、どうしても耳障りに感じてしまうのです。

スペイン語とひとことで言っても、各国で話されるスペイン語によって違いがあることはもちろん承知していますが、それでもやはりスペイン語の発音は全体的に好みではありません。

対するポルトガル語は、口の奥で発音され、深みが感じられます。
ポルトガル語特有の鼻母音も、なんだか優しい響きに聞こえます。

また、ポルトガル語ではスペイン語のような巻き舌で発音されるRは用いられません。

のぶよ的には、早口で乾燥したように聞こえるスペイン語よりも、ゆっくりと抑揚をつけて話されるポルトガル語のほうが、なんだか音楽を聴いているような深い美しさが感じられます。

人によって音楽の好みがあるように、言葉の響きによっても好みがあるのは当然のこと。

大阪弁が怖いと感じる人もいれば、かっこいいと感じる人もいるように。

のぶよの友人は、ポルトガル語を聞いて、
「なんかヌシュヌシュ言いながらモゴモゴ喋ってて全然綺麗じゃない」
と言っていました。

人によって何を美しいと感じるかはそれぞれ。

ポルトガル語が美しいと感じる人は、もうのぶよの友達です(笑)

おわりに

いろいろと書いてきましたが、どの言語に興味を持って勉強し始めるかは人それぞれ。

異なった動機や好みがあって当然でしょう。

もしあなたがスペイン語かポルトガル語、どちらかを学習し始めようと考えているなら、完全にスペイン語の方が、将来使用できる機会が多いでしょう。

スペイン語の話者人口はポルトガル語とは比べものになりませんし、スペイン語圏以外の国を旅行していてもスペイン語話者と出会う機会はかなり多くあります。

特に経済発展が著しい南米の多くの国の公用語となっているスペイン語は、将来的にも有用な言語でありつづけるでしょう。

一方のポルトガル語は、スペイン語ほど多くの国で通用しませんし、発音面での難易度も高めです。

将来的にも、期待できるのはブラジル経済ぐらいではないでしょうか。

経済危機を経験したポルトガルには、もはや悲壮感しか漂っていません(笑)

それでも、ポルトガル語を勉強しようと思うあなたは、立派なポルトガル愛好家。
のぶよと気が合うこと間違いありません。

 

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article