2021年6月1日よりジョージアが日本人向けに国境開放へ!コロナ関連の現地最新情報はこちら!
またみんなが旅に出られる日を夢見て。

ニッチな現地情報メインの旅ブログ「さぼわーる」へようこそ。
海外旅行に行きにくい今だからこそ、予習しておきたい!そんな現地情報の記事をお送りしています。

サイトのトップページをみてみる!

コメント

  1. Kaz より:

    のぶよさん、こんにちは。初めまして。
    私はバンド活動や音楽鑑賞が趣味の50代のおっさんです。
    良く聴く音楽はアメリカやイギリスですが、それとは別に昔からブラジル音楽に魅了されて
    今でもよく聴いています。特にIvan Lins というミュージシャンが好きで、それがきっかけで
    ポルトガル語を知りました。何かあの発音というか言葉の響きが好きなんです。
    昔はポルトガル語が話せればイイなと思い本を買って勉強しましたが、
    すぐに挫折しました笑
    でも死ぬまでに一度はブラジルに行ってみたいですね。
    スペインのミュージシャンも好きでよく聴くのですが、今回そういえばポルトガル語と
    スペイン語って何が違うのかなと思い、のぶよさんのサイトにたどり着いたというわけです。
    でも中南米でポルトガル語が使われるようになったのは何でブラジルだけなんでしょうね!?
    長文失礼しました。

    • 小山 のぶよ より:

      Kaz様

      コメントいただきありがとうございます!

      ブラジルの音楽、僕も好きでたまに聞くのですが、ポルトガルっぽい郷愁を漂わせながらも明るい雰囲気の曲が多くてとても聞き心地が良いと思います。
      ブラジルのポルトガル語の柔らかな響きも、音楽に合っているような感じがしますね。
      ポルトガル語は文法・発音ともにかなり難しい部類の言語に入るのかもしれません(ポルトガル人は自分たちの言葉が難しいことを実は誇りに思っているようです)

      スペイン語とポルトガル語は、文法的にかなり近く、書かれた物ならお互いにほぼ理解できてしまうほどです。一方で発音面ではかなり開きがあり、ポルトガル語は無駄に複雑&聞き取りが難しくなっている印象を受けます。

      中南米史にはあまり詳しくないので断定はできませんが、大航海時代にスペインより先にブラジルを植民地化したのがポルトガルで、その後スペインも南米の他の地域に進出してきました。
      1494年に両国の領土争いを避けるためにトルデシリャス条約というものが締結され、南米大陸の東側をポルトガル、西側をスペインのものと国際的に定めたことが始まりとのことでした。

      ポルトガルがもう少し大航海時代に頑張ってくれていれば、もしかしたら今頃世界の共通語はポルトガル語になっていたのかもしれませんね。

  2. ヒロシ より:

    のぶよさん、はじめまして。 40年以上前にカリフォルニア州に永住した日本人で、ヒロシと言います。 

    自分はスペイン語の響きもポルトガル語の響きもどちらも好きです。 スペイン語の発音はどちらかと言うと男性的と言えると思う。 最近始めた趣味ですが、ラテン音楽、特にアフロ・キューバン、ブラジルのサンバ・カンサォン、それとポルトガルのファドに惹かれてCD(全部合計で70枚くらい)を買い込み、毎日ではないが、よく家で夕食のときに聴いていますよ。

    大学での専攻は英語だったのですが、興味からスペイン語を2年取ったし、今も自分の周りにはメキシコ系の人たちが沢山いるので、スペイン語はさほど忘れませんが、なぜかポルトガル語独特の優しくセクシーと言えるような発音にも惹かれ、日本からテキストとそれに付いているブラジル人ネイティブのCDを買って一年くらい独習しました。 ポルトガル語の歌詞を少しでも理解したいし。(似ているからこそ、スペイン語とポルトガル語の二つを区別して覚えるのは難しいけれども)。 

    ついでに言うとフランス語も大学で少々やって、確かにきれいな響きだと思うのは否定しませんが、自分にはポルトガル語の発音もそれに負けず綺麗で魅力的に思えます。

    確かにのぶよさんのおっしゃるように、スペイン語を話す者がポルトガル語を理解するよりも、その逆の方が断然易しい感じがします。 ブラジルに周りのスペイン語圏のエライ人(大統領とか)が来てテレビで演説しても、その内容のスペイン語訳なんて出ないらしい。 学校で習わなくともポルトガル語を第一言語とする者はスペイン語を理解できて当然と思われているんですね。

    それに歌入りの音楽はスペイン語よりもポルトガル語の方が断然多い気がするし、歌のうまい人もポルトガル圏の方がずっと多いような気がしています。 それに音楽だけからでも、日本とポルトガルって文化的に似ているっておっしゃるのが、なんとなく実感として理解できるから不思議です。

    いろんなポルトガル語の歌を聴きながら、ポルトガルとブラジルにいつか旅行出来る日に想いをはせています。 てか、最近ひょっこりサンパウロに住む日系ブラジル人とコネができたし、来年あたり、コロナ・ウィルスが収まったら早速ブラジルに行ってみたいと思っています。 そして南欧にも興味があるので、勿論いつかポルトガルにも。 元気で頑張ってください。

    ヒロシ

    • 小山 のぶよ より:

      ヒロシ様

      こんにちは。コメントいただきありがとうございます!(そして返信が遅くなり申し訳ありません。)

      私はポルトガルを自分の意志で住む場所として選んだこともあり、かなりポルトガルびいきな記事となっているのですが、温かいお言葉に感謝です。
      世界的に見れば、どう考えてもスペイン語を学んだ方が、利用できる機会が桁違いであることは紛れもない事実でしょう。しかしながら、ポルトガル語にはポルトガル語の良さがある点も否めませんね。

      個人的な感覚では、ブラジルのポルトガル語の方がミュージカルを聞いているような抑揚の付け方をするので、「情熱的」「甘い響き」と感じる方が多くいるのにも納得です。ポルトガル語独特の鼻母音などが、音楽に合うのかもしれませんし、どこか郷愁をそそるメロディーにうまく乗るような気もします。

      現在ではなかなか先の旅行計画を立てることは難しい状況だと思いますが、これがいつまでも続くわけではありません。
      ブラジルにも、ポルトガルにも、スペインにも、それぞれ異なった魅力が詰まっていることだと思います。できるだけ早く、以前のように自由に訪れたい場所へと赴くことばできる世界に戻ることを祈るばかりです。

      • ヒロシ より:

        のぶよさん、お返事有難う! 

        まず自分が最初に書いた内容に間違いがあるので、訂正させてください。

        ブラジルに周りのスペイン語圏のエライ人(大統領とか)が来てテレビで演説しても、その内容のスペイン語訳なんて出ないらしい。 学校で習わなくともポルトガル語を第一言語とする者はスペイン語を理解できて当然と思われているんですね。
        ———–>
        ブラジルに周りのスペイン語圏のエライ人(大統領とか)が来てテレビでスペイン語で演説しても、その内容のポルトガル語訳なんて出ないらしい。 学校で習わなくともポルトガル語を第一言語とする者はスペイン語を理解できて当然と思われているんですね。

        のぶよさんの書かれた他のトピックに関する文も読ませてもらっていますが、実に興味深いです。 特に「ポルトガル語のすごいところは、どんなジャンルの音楽でもほのかにサウダージを感じさせるところ」という意見にとても共感できます。 もう70歳が近いおじいちゃんですが、昔から自分も語学と音楽が大好きで、最近「ポルトガル語は音楽にすると一番美しい言語だ」という英語の記事を見かけてから、最近はポルトガル、ブラジル、はては元ポルトガル植民地だったアフリカの国やマカオの歌手のCDまで集め始めました(もちろんポルトガル語で歌われるもののみ)。

        アメリカにはあまり興味をお持ちでないような気もしますが、もし将来アメリカにいらっしゃることがあれば、是非サンフランシスコにいらしてください。 お逢いしていろいろポルトガルやポルトガル語に関してお話を聞きたいし、お礼に普通は観光客が行かないようなきれいな場所などにご案内しましょう。(車の運転が出来ないので、公共バスに乗って、そして歩いてですが 笑)。 特にこれに関する返信はかまいません。 小さな町で語学教室を開きたいというあなたの夢がいつか実現、そして成功しますように。 これからも元気で頑張ってください。