次の旅を夢見て。

旅好きには苦しい時期。
そんなときはさぼわーる。で空想トラベルはいかがでしょう。
海外観光スポットから名物グルメ、コラムまで情報たっぷりでお届けしています。
好きな国・テーマごとに記事のPick upもできますよ◎

みてみる

海外ノマド・バックパッカーの現実。一日のスケジュールを大公開!

らいふすたいる

こんにちは!海外在住7年目、現在は世界半周中ののぶよ(@taisuke5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

ちょうど世界半周をスタートして1年が経ったときに書いた記事で、自分の旅のスタイルについて触れました。

バックパッカースタイルを基本としながらも、一か所に長めに滞在するという旅のスタイルなのですが、正直自分がどの旅人に分類されるのか今でもわかりません(笑)

かつては主流だったバックパッカースタイルでの旅は今でも人気ですが、「旅をしながら働く」というノマドスタイルの旅人も多く見られるようになってきました。

これから旅に出ようと考えたときに、「いったい海外で旅している人の一日ってどんな感じなの?」と気になった人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回の記事ではバックパッカーでもありノマドでもある中途半端な旅人であるのぶよが、それぞれの旅のスタイルでの一日のスケジュールを紹介していきます。

長期の海外旅の必須持ち物&いらないものを解説しています!

やっぱり仕事メイン?海外ノマドの一日のスケジュール

今や世界のどこにいようとも、インターネット環境があれば仕事をすることが可能な時代。

旅ブロガー
Youtuber

など、旅自体を仕事にしているタイプや、

Webデザイナー/エンジニア
オンライン語学講師
ライター

など、自分の職業や技術を活かしてリモートワークに励むタイプも多いです。

のぶよの場合は後者なのですが、どちらのタイプでも旅をしながら仕事をして収入を得るという点では同じです。

そんなノマドスタイルの旅人の一日のスケジュールは、こんな感じ。

  • 9:00
    起床
  • 10:00
    作業開始
  • 12:00
    ランチ
  • 13:00
    観光・散策
  • 15:00
    作業開始
  • 18:00
    宿泊先へ
  • 19:00
    夕食調理
  • 20:00
    飲む
  • 23:00
    身支度
  • 0:00
    就寝

これは、のぶよの仕事メインの一日の場合です。

もちろん人によって仕事と観光の比重は異なってくるもの。

のぶよの場合は仕事メインの一日であっても、観光や散策などは必ずしたいタイプなので、どちらかというと仕事の比重は少なめです。

9:00 起床

海外ノマドの間では、「朝の時間は何よりも大切!」というのが定説ですが、のぶよはそこまで意識が高くありません(笑)

やらなくてはいけないことが多い日でも、確実に9時までは寝ています。

起きてもすぐには行動せず、コーヒーを飲みながらニュースをチェックしたり、twitterをチェックしたり…
そんな誰にでもあるような朝の日常です。

10:00 作業開始

朝ののんびりタイムが終わって、ようやくコーヒーの効き目が出てきたら1日の作業開始です。

のぶよの場合は、翻訳の仕事やブログ記事作成など頭を使う作業は朝のうちに済ませてしまいます。

場所を選ばず作業できるタイプなので、宿泊先の共用エリアでカタカタやっていることが多いです。

12:00 ランチ

2時間ほど作業したら、ランチ休憩。
のぶよの場合は絶対に外に食べに行きます

自炊するという手もあるのですが、ランチを宿泊先で食べてしまうと外出する口実を失ってしまうため。
1日中作業しているのは絶対に嫌なので、自分の尻をたたいてでも外に出るようにしています。

13:00 観光・散策

ランチを済ませたら、周辺を散策したり、まだ訪れていない観光スポットを見学したりと自由に過ごします。

良い気分転換になるのはもちろん、ブログのネタにもなります。

15:00 作業開始

しばしの散策を楽しんだ後は、宿泊先へ戻ることもありますが、基本的にはどこかのカフェで作業することが多いかもしれません。

この時間帯のカフェは空いていることが多いので、結構集中することができます。

作業内容は、写真のアップロード&修正だったり、翻訳した内容の確認だったりがほとんど。
あまり考えなくてもできる内容のものであることが多いです。

18:00 宿泊先へ

暗くなってくるとカフェが混みだすので、宿泊先へ戻ります。

海外ノマドの人は、アパートを借りてプライベートな空間で長期滞在することを好む人が多いのですが、のぶよの場合は基本的にホステルです。

一人なら確実にホステルの方が安く済みますし、誰もいないアパートに帰っても…と思うので。

どうしても作業が溜まっている時期に、数日間だけあえてアパートやホテルに宿泊することもありますが、かなり珍しいことです。(そもそもそんなに仕事がありません。笑)

ホステルか、プライベートな空間か。
こればかりは本当に人によるものなので何とも言えませんが、アパートなどを借りてしまうと際限なく作業をしてしまいそうじゃないですか?

のぶよ的には、せっかく日本から出て旅をしながら働いているのに、それでは本末転倒のような気もします。

19:00 買い物&夕食調理

基本的に夕食は自炊することが多いです。

というのも、国によってはローカルレストランの多くが夜に閉まってしまい、敷居が高いレストランかファストフードしか選択肢がないため。

せっかく自分で作るなら、美味しいものが食べたい!と思うタイプなので、結構ちゃんと調理します。

インスタントラーメンやレトルトソースを乗せただけのパスタ等はほとんど食べません。

21:00 飲む

のぶよ的一日のメインイベントがこちら(笑)

夕食を済ませたら、とにかく飲みます。

誘われたら外に飲みに行くこともありますが、基本的にはホステルの共用エリアで飲むことがほとんど。

誰か他に飲んでいる人がいれば一緒に飲みますし、一人でも普通に飲んでます。
せっかくビールが安い海外にいるので、できる限りその恩恵を享受しているのです(笑)

通常のノマドワーカーの方々は、きっとこの時間も作業時間に充てているはず。
のぶよが特別だと思ってください(笑)

23:00 身支度&就寝

のぶよの場合、シャワーは寝る前に浴びます

というのも、ホステル宿泊者の多数を占める欧米バックパッカーは朝シャワー派(もしくは数日に1回派)が多いため。

トイレとシャワーが一緒になっていて、しかも一つしかないこともザラにあるホステル。

寝る前にシャワーを浴びるの、おすすめです。
他の人とかぶる可能性も少なく、かなりゆっくりできます。

旅に貪欲に!海外バックパッカーの1日

続いては、観光がメインの「THE・バックパッカー」な一日の場合ののぶよのスケジュール。

  • 9:00
    起床
  • 10:00
    観光
  • 13:00
    ランチ
  • 14:00
    観光
  • 17:00
    宿泊先へ・作業
  • 19:00
    夕食調理
  • 20:00
    作業
  • 21:00
    飲む
  • 23:00
    身支度
  • 0:00
    就寝

「バックパッカー」とひとことで言っても、その旅のスタイルは様々。

朝から晩まで旅していたい人もいれば、宿でのんびり過ごす人、何をしているんだかわからない人、等々。

のぶよの場合は、たとえ一日めいっぱい観光した日であっても、作業時間をとるようにしています

というのも、毎日の習慣にしていないとだらけてしまいそうだから。
自分が一番自分のことを良く知っているのです(笑)

9:00 起床

「今日はガッツリ観光しよう!」という日でも、絶対に朝9時より前には起きません。

朝一番のバスや電車なんかも避けるようにしているくらいです(笑)

毎朝6時台に起きて観光に励む旅人たちを、心の底から尊敬します。

10:00 観光スタート

行動開始となるのは、やはり10時台。
基本的に、1日で全部まわろうとはせずにのんびりと観光します。

有名スポットや写真に撮りたい場所は、午前中~昼にかけて観光することが多め。
というのも、午後になると太陽の光が強すぎて、綺麗な写真が撮りにくいためです。

特に、旧市街の路地なんかは午後には光と影のコントラストが最大になってしまうので、ガッツリ観光したい場合はできる限り午前中に散策するようにしています。

14:00 ランチ

というわけで、ガッツリ観光の日はランチはかなり遅めになることがしばしば。

宿泊先には戻らず、基本外食で済ませます。

15:00 観光or移動

ランチの後の時間は、再び観光を続けるか他都市への移動に充てます。

観光を続ける場合は、有名スポットや旧市街の観光はせず、ミュージアムやカフェめぐりをしたり、気になった場所に足をのばしたりが中心です。

17:00 宿泊先へ・作業

観光を終えたら、宿泊先のホステルへ戻って作業時間に充てます。

ガッツリ観光をした日の作業時間は1時間~2時間程度にとどめることがほとんど。
3時間以上は絶対に作業しないことをルールにしています。

その日観光した場所の記事を書くことが多く、だいたい2時間ほどで画像アップ&修正&文章5000字の記事が出来上がります。

19:00 夕食調理

ガッツリ観光して疲れていても、基本的には自炊することが多いです。

20:00 作業

もし夕食前に作業が終わっていないときは、1時間ほどを作業時間に充てます。

そうでない場合は、次の「飲む」がここから始まります(笑)

21:00 飲む ~ 23:00 身支度&就寝

もはやここからはノマドだろうとバックパッカーだろうと同じルーティーン。

とにかく、絶対に飲みます(笑)

同じホステルに連泊することがほとんどなので、だいたいの宿泊客と顔なじみになり、そのうちの何人かとは毎日一緒に飲むことも。

お酒は世界共通&最強のコミュニケーションツールだということを、日々実感しています。

逆に、ホステルの共用エリアが盛り上がっているときに一人でパソコンとにらめっこは絶対にしません。
だって、感じ悪いにもほどがあるじゃないですか(笑)

作業があるなら次の日に回します。
というか、その時間にまで作業しないでいいように、効率的に終わらせます。

ノマドでもバックパッカーでも、大切なのは「バランス」

というわけで、ノマド / バックパッカー旅の一日のスケジュールを紹介しました。

あくまでも「バックパッカーにもノマドにもなれる中途半端なフレキシブルな旅人」のものとして考えてください。

実際にはもっとガッツリ旅している人や、日本人の平均よりも長い時間働いているノマドの人もわんさかいますから。

完全に個人的な内容になってしまいましたが、なんとなく海外生活や長期の旅に対するイメージを浮かべてもらえたなら嬉しいです。

のぶよ的に、長期間で旅やノマドワークをする上で大切なのはバランスだと思います。

毎日毎日旅をするのはなかなか疲れるものですし、ずっと仕事をしているのも「自分はここで何しているんだろう」と感じてしまうかも。

旅も仕事も楽しむためには、どちらもちょうど良いバランスに保つことが一番。
その点、のぶよのフレキシブルな旅スタイルは、意外といい感じに構成されているのかもしれません。(飲みすぎではありますが)

旅がライフスタイルの一部になっている人も多い今日この頃。
自分だけのワーク・トラベルバランスを見つけて、旅してみるのはいかがでしょうか。

長期の海外旅の必須持ち物&いらないものを解説しています!
ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと | 本田直之 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで本田直之のノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと。アマゾンならポイント還元本が多数。本田直之作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこともアマゾン配送商品なら通常配送無料。
この世界で死ぬまでにしたいこと2000(ライツ社) | TABIPPO |本 | 通販 | Amazon
AmazonでTABIPPOのこの世界で死ぬまでにしたいこと2000(ライツ社)。アマゾンならポイント還元本が多数。TABIPPO作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またこの世界で死ぬまでにしたいこと2000(ライツ社)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント