リスボン~ポルト間のバス移動。予約方法・乗り方を徹底解説!

リスボン~ポルト間のバス移動。予約方法・乗り方を徹底解説!

こんにちは!ポルトガル在住ののぶよです。

ポルトガルを旅行する多くの人が訪れるリスボンとポルトの二都市。

飛行機、鉄道、バスなど様々な交通手段で結ばれている二つの町ですが、一番安くて便利なのがバス移動です。

今回の記事では、リスボン~ポルト間をバス移動する際の予約方法やバスの乗り方を解説します。
どちらの方向でも手順は全く同じなので参考にしてください。

Advertisement

リスボン – ポルト間のバス移動の基本情報

料金: 18~20ユーロ/片道 (便によって異なる)
所要時間:3~4時間
バス会社:Rede Expressos

基本的に、インターネットで買っても窓口で直接購入しても料金は変わりません。
(バス会社のインターネット上プロモーションなどは別)

25歳以下なら、若者割引が適用されます。

窓口でチケットを購入する際に、”Para jovem”と言えば、特にパスポートの提示等なく割引を適用してくれることが多いです。

ポルトガル国内移動のバス会社は、Rede Expressos, EVA, Citi Expressなどいくつかあるのですが、現在はすべてRede Expressosの傘下に入っています。
したがって、チケット窓口は統一されており、全ての便の時刻表がRede Expressosのサイトで確認できます。

リスボンの二つのバスターミナル

リスボンには2つの国内路線バスターミナルがあります。
いずれも地下鉄駅と直結、もしくはすぐ近くの距離にあるので、とても利用しやすいです。

Sete Riosバスターミナル

リスボンのメインバスターミナルとなるのが、セッテ・リオスバスターミナル(Sete Rios)

リスボン国内線のほぼ全てが発着するこちらのバスターミナルは、Rede Expressos社バス(とその子会社)の専用と化しています。

後述のOrienteバスターミナルに停車するバスのほとんどがSete Riosバスターミナルを出発点/終着点としているので、どちらのバスターミナルを利用するか迷った場合はこちらにしておくのが無難です。

Sete Riosバスターミナルへのアクセス

地下鉄青線(Linha Azul)、Jardim Zoologico駅から徒歩2分

地下鉄青線(Linha Azul)・Jardim Zoologico駅とSete Riosバスターミナルはすぐそばにあるものの、直結はしていません。

地下鉄の駅を出ると、Sete Rios駅というポルトガル鉄道(CP)の駅の中に出るので、いったん建物の外に出なければなりません。

エスカレーターを上がった先に、Sete Riosバスターミナルがあります。

Orienteバスターミナル

↑オリエンテバスステーションと反対側にある、巨大ショッピングモール

リスボン新市街東部に位置するオリエンテバスターミナル(Oriente)は、リスボンのサブバスターミナル的存在。

Sete Riosバスターミナル発着のバスのほとんどがOrienteバスターミナルを経由します。

スペイン方面への国際バス路線(Flixbus等)のみ、Orienteバスターミナル発着のものがあります。

Orienteバスターミナルへのアクセス

地下鉄赤線(Linha Vermelha)・Oriente駅に直結

リスボン~ポルト間のバス利用方法

1. オンラインで時刻表を調べる

Rede Expressosのサイトで、バスの時刻表が確認できます。

リスボン~ポルト間なら1時間に1本程度でバスが出ており、満席で乗れないことも少ないので、適当な時間に直接バスターミナルへ行ってチケットを購入しても問題ありません。

心配な人は、あらかじめ時刻表を確認しておいてもいいでしょう。

出発地、目的地を選んで、日付を入力すれば、条件に該当する全ての便が表示されます。

ここでネット予約することもできるのですが、支払い方法として海外発行のクレジットカードには対応していません。
ほとんどの人は、結局窓口で直接購入することになるでしょう。

2.バスターミナルでチケット購入

先述の通り、ポルトガル国内の長距離バス路線は、海外のクレジットカードでのオンライン決済に対応していません。

したがって、バスのチケットはバスステーションのチケットオフィスで直接購入することとなります。

バスターミナルの中に入ると、チケット売り場がいくつか並んでいるので、目的地へのチケットを購入します。

英語を話せない職員もいるので、簡単なポルトガル語を覚えておくのもおすすめ

・Para~(目的地):ポルトの場合は、”Para Porto”でOK
・Uma (duas…) Pessoa(s):1人 (2人)
・So ida (片道)/Ida e Volta (往復)
・Proximo autocarro:次のバス

支払いは現金か、ポルトガルのMultibancoというクレジットカードのみ。
日本のクレジットカードは使えないのでご注意を!

25歳以下 (もしくは若く見える人)は”Para jovem (若者割引)”と言うのもお忘れなく。

3.電光掲示板で、プラットホームを確認


↑15:15分発のViatura(バス番号)92A、Lugar(座席番号)34番という意味です。

購入したチケットには、Viatura(バスの番号)Lugar(座席)は書かれているのですが、肝心の乗車プラットホームの番号は書かれていません。

バスターミナル内の電光掲示板で、自身で確認する必要があります。

“Partida (出発)” と “Chegada (到着)” の二種類の電光掲示板がありますが、この場合は“Partida (出発)” です。

ポルトへのバスに乗る場合は、ほとんどのバスの終点なので、”Porto”と書かれているので簡単に見つかります。
発車時刻を確認して、自分が乗るバスを探します。

Partida(出発)の電光掲示板の”Linha”の欄に、自分が乗るバスのプラットホーム番号が表示されているので、その番号のプラットホームへ向かいましょう。

コインブラや他の地方都市へ行く場合は要注意

目的地がそのバスの終点ではない場合は、電光掲示板に目的地の都市名は表示されず、最終目的地の地名のみが表示されます。

その場合は、購入したチケットに記載されている出発時刻とViatura(号車)の番号を電光掲示板の情報と照らし合わせて、乗車プラットホームを確認することとなります。

特に中部のコインブラ行きのバスは要注意。
コインブラが終点のバスはありますが、別の都市が終点になっているチケットになっていることも。(しかも発車時刻が同じだったりする)

4.プラットホームの表示で最終確認

電光掲示板で確認したプラットホーム(Linha)番号付近に到着したら、、頭上に表示されている”Linha”の番号が、先ほど電光掲示板で確認したものと同じであることを再確認します。

↑目的地は表示されていませんが、Viatura(バス番号)のところに購入したチケットと同じ「92A」と表示されているのでOK。見にくくてごめんなさい。

不安な人は、近くで待っている人に”Para Porto?”(ポルト行ですか?) とたずねてみましょう。

5.乗車

意外と正確な時間に発車するポルトガルの長距離バス。発車時刻5分前には乗車しておきたいものです。

大きな荷物は無料で預けられます

運転手にチケットを見せて、いよいよバスに乗車です!

チケットに記載された“Lugar”は席番号のこと。
バスによって車内で席番号が書かれている場所は異なります。荷物棚だったり、席のひじ掛けのところだったりと、

みんなちゃんと指定された席に座る人が多いのがポルトガル。
違う席に座ると、途中からその席を指定された人が乗ってきたりするので、おとなしく決められた席に座っておきましょう。

ポルトガルの長距離バスの設備

wifiはあるの?

バスによります。
サクサクつながるバスや途切れがちなバス、そもそもwi-fiなんか存在しないバスなど。

こればかりは選ぶことができないので運次第。
のぶよの経験では、五分五分といったところです。

トイレはあるの?

基本的にあります。
しかし!なぜか鍵がかけられていることがほとんど。意味が分からない。

いちいち運転手に鍵を貸してもらわなければいけないという謎のシステムなポルトガルの長距離バス。
本当に効率が悪いと思います。

休憩はあるの?

日本では、長距離バスを運航する際にサービスエリア等で休憩をとることが義務付けられていますよね。

そもそも国土が小さなポルトガルの国内線に関しては、トイレ休憩はありません

スペインへ向かう国際バス路線では、バス会社によって休憩として何回か停車することもあります。

電源プラグはあるの?

これもバスによります。
座席の下に、充電できるコンセントがあるものと、全く何もないもの。

同じ金額を払って、wi-fiなし、電源プラグなしのバスに当たったときの落胆といったら…。

冷暖房はあるの?

基本的にあります。

のぶよの経験では、冷房が効きすぎて寒いと感じたことはありません。

購入したチケットの払い戻し、変更は可能?

インターネットで予めチケットを購入したり、出発前日に窓口でチケットを購入したにもかかわらず、当日急に予定を変更・キャンセルすることになってしまった時。

諦めるのはまだ早い!
ポルトガルのバス会社は意外と融通が利くんです。

どのタイミングで変更・キャンセルをするかによって、対応は変わってきます。

チケットの変更

インターネット上のアカウント内(オンライン予約の場合)か、バスターミナルのチケットオフィスで手続きをすることとなります。

すごいのが、既に出発時間を過ぎていても、変更できる可能性があること。

バスチケットの変更にかかる手数料

・~出発時刻30分前:無料
・出発時刻30分前~15分前:チケット金額の10%の手数料がかかる
・出発時刻15分後~3時間後:チケット金額の50%の手数料がかかる
・出発時刻3時間後以降:変更不可

出発時刻3時間以内であれば、バスを逃してしまっても手数料は取られるものの変更はしてしてもらえます。
一から予約しなおすよりはだいぶましな、太っ腹のシステムだと思います。

同じバス会社の同じ路線、同じ値段の便のチケットのみ変更が可能です。

別の行き先に変更などする場合は、キャンセル扱いとなります。

バスチケットのキャンセル

キャンセルに関しては、変更よりも条件は厳しめ

チケットを買った窓口で手続きするか、インターネット予約の場合はカスタマーセンターと連絡を取る必要があります。
超面倒くさそう。

バスチケットのキャンセルにかかる手数料

・~出発時刻3時間前:チケット代金の50%の手数料を引かれるが返金可能
・出発時刻3時間前~:返金不可

おわりに

ネットで予約、決済がしにくいポルトガル国内の長距離バス。
いまだに窓口でのチケット販売が主流です。

バスの乗り場の案内も親切とはいえないのが実情なので、初めての旅行者は戸惑うことも多いでしょう。

日本と異なり、ポルトガルは、「何でもわかりやすく案内を表示する」という文化ではありません

「みんなこれくらいは知っている」という彼らの間の共通認識の上で成り立っていて、わからない場合はその辺の人に尋ねるという、「なんとなく」で成り立っている文化です(笑)

バスの号車、プラットホーム番号の確認さえしっかりと行えば、問題なく目的のバスに乗ることができます。

ポルトガル旅行の際に利用価値が高い交通手段であるバスを利用して、上手に旅してくださいね!

この記事に関連したおすすめ書籍

 

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article