私がポルトガルに在住してからやめた、10の習慣。

私がポルトガルに在住してからやめた、10の習慣。

こんにちは! ポルトガル在住ののぶよ(@taisuke5696)です。

留学や仕事などで長期間海外に滞在していると、日本にいるときに培った習慣や考え方を変えなければならないときがやってきます。

その国の文化に慣れていくうちに、気づいたら自分自身の考え方が変化していることに驚かされることも。

今回は、ポルトガルで生活しているのぶよがやめたことを10個紹介したいと思います。

日本とは全く異なるポルトガルの生活や文化が少し感じられるかも

Advertisement

1.  待たされることにイライラすること。

ポルトガルではとにかく何をするにも待たされます。

役所の手続きはもちろんのこと、レストランやスーパーマーケットのレジ、時間通りにこないバスなど、ありとあらゆることになぜか普通の何倍もの時間がかかるのです。

レストランでは、メニューをもらうのに5分、注文を取りに来るのに10分、料理が出てくるまで20分待つのはざら。
注文を忘れて聞き直されるのもよくあることです(笑)

スーパーマーケットのレジでも、店員、客の両者がスローなので、水一つ買うのにも恐ろしいくらいの時間がかかります。
どうやったら袋に詰めるのにそんなに時間がかかるのか教えてほしいくらい。

なにがすごいかって、ポルトガル人は待たされることに対して文句一つ言わない点でしょう。
みんな慣れっこなのか、レジの列からはため息なんて聞こえてきません。

本当に日本のコンビニやスーパーは神です。あの迅速さはもはやロボット。

ポルトガルにはポルトガルのリズムがあると割り切るしかありません。

対して、お隣のスペインは何事もテキパキと済ませたがるお国柄のようで、ほとんど待たされることはありません。

ただ、ポルトガルののんびりリズムに慣れてしまうと、スペインのテキパキはかなり忙しく、急かされているように感じてしまうかも。
実際にのぶよがそうでした。

スペインからポルトガルに戻ってきたときは、心の平和を感じました。慣れって本当に恐ろしい。

2.  時刻表をチェックすること

前述のポルトガルリズムに少し関連しますが、ポルトガルではとにかく公共交通手段がいいかげんです。
時間通りに来ることはまずありません。(特にバス、お前や)

20分待ってやっと来たバスは、その次のバスに追いつかれてしまった結果、二台連続の団子状態でやってくることもしばしば。
一度、三台連続した本格的な団子を見たことがあります。時刻表の意味ゼロです。

しかしながら、やっぱりポルトガル人は何も文句を言うことなく、ぼんやりとバスを待っています。
ある意味、達観してらっしゃる。

時刻表を予めチェックするだけ無駄なので、基本的に歩くようにしています。
もはやバスに乗ることがありません。

3. ラーメンを食べたいと思うこと

いまや、世界のどこにいてもある程度のクオリティーの寿司を食べられる時代。

海に面しているポルトガルの寿司のクオリティーは概して高く、しかも安いです。
(お持ち帰り用の箱詰めで4€、食べ放題で7€とか)

しかし、日本人のソウルフード、ラーメンは別。

ポルトガル人の間では、「麺類=中華の焼きそば」なので、誰もラーメンなんて知りません。
必死に探してようやく発見したラーメン屋のラーメンは、よくあるなんちゃってラーメンで全くの別物。

しかも、ラーメン一杯で14€とかします
なめてる。どこの店とは言わんけど。

こんな経験を数回するうちに、もはや一周まわって、ラーメンを食べたいとすら思わなくなりました。

4. 天気をチェックすること

夏は雨が全く降らないポルトガル

冗談ではなく、一日たりとも降りません。
夕立やゲリラ豪雨とも無縁なので、天気予報を見る必要すらありません。
これはかなり嬉しいポイント。

反対に、冬の天気はかなり不安定
雪は降らないものの、一日の中で雨が降ったり日が差したりと誰にも予想できないため、天気予報を見るだけ無駄。
折り畳み傘は必須アイテムとなります。

Advertisement

5. チップを残すこと

@photo by VIKTOR HANACEK

ポルトガルに来てかなり驚いたのが、チップ制度がないこと
ただでさえ給料安いのに、みんなどうやって生活してるのか謎です。

15%のチップはほぼ義務的に残さなければいけないカナダのチップ文化に慣れていたのぶよは、最初かなり戸惑いました。
が、慣れました。安いに越したことはない。

1€のビールを買って、1€のチップを残しているアメリカ人観光客を見たときの衝撃といったら。バカなの?もう一杯飲めるやん。(笑)

そもそも、チップを残すほどの良いサービスは、ポルトガルでは期待できません
基本的に愛想は良くないし、皿は何も言わずに投げるように置くし、待たされる。

そうでない店があったとすれば、それは観光客向けです。

この国では誰もレストランに対して素晴らしいサービスを求めていません。
「食べられればオッケー」という感覚なのかもしれません。

6. レストランでウエイターを待ってから席につくこと

レストランに入るとき、挨拶をして人数を言ってから席につくのがマナーである日本やカナダなどの国 (というか、ほとんどの国でそうなのでは?) からポルトガルへ来ると、驚かされる文化の違い。

レストランの入口で、店員が応対しに来るのを待っていても、誰も来てくれません。

勇気を出して話しかけたところで、「なあにつったってんの?早くその辺座れば?」と言われます。

ポルトガルでレストランへ入るときは、勝手に席を選んで座ってしまいましょう。マナー違反では全くありません。

ただし、着席後に店員がやってくるまでは時間がかかります。

7. 服装にこだわること

@Photo by: Matthew Henry

ポルトガル人の服装はかなりシンプル
着飾っている人が逆に浮いてしまうほどです。

というかみんな同じような服を着てることに気づくでしょう。

スペインに行ったとき、みんなオシャレして街を歩いているのに衝撃を受けました。
たとえスペインにいても、ポルトガル人を見分けられる自身があります(笑)

あと、個人的に、やたら黄色を着た人が多いような気がします。ブームか?

8. ドライヤー&乾燥機を使うこと

@Photo by: Shopify Partners

髪の毛を乾かすことって、考えてみれば時間も電気も無駄だと気づかせてくれたポルトガル。
空気が乾燥しているポルトガルでは、髪の毛も洗濯物も一瞬で乾くのです。

ドライヤーを使う人はかなり少数派だと思います。
そもそも暑いですから。

燥機はおそらく存在すらしていないのではないでしょうか。
でもそのおかげで、歴史ある古い街並みから目線を上げると、おばちゃんのパンツがはためいているというポルトガルらしい風景が見られるわけです。

Advertisement

9. リスボンの中心街へ行くこと

リスボンのイメージである、急な坂道、狭い路地、路面電車は、住人にとってはなるべく避けていきたいもの。

毎日坂道を歩くのは実際かなりしんどいし、観光客だらけの狭い路地や路面電車なんてただの苦行です。

そういうわけで、リスボンに住んでいると、いつの間にか旧市街からは足が遠のいていきます。
なぜなら、新市街には坂がなく、人混みも少ないのためです。

10. 日本人を探すこと

Photo by: Matthew Henry

海外生活で、自分と同じ文化や言語を持つ人の存在は、何かと支えになることも多いでしょう。

しかし、リスボンには日本人がほとんどいません

日本人経営のレストランもとても少ないし、Meetupなどのコミュニティーも皆無。

いつでも、どこでも日本人と会えるカナダやオーストラリアとは全く別の生活があります。

同様に、海外によくいる日本好きの現地人と出会う機会もかなり限られてきます。
てゆうかポルトガル人はあまり外国に興味なさそうな気がします。

おわりに

海外での生活には、現地の文化を知り、受け入れていくことがなによりも重要

獲得した言語やスキルよりも、違いを肌で感じて変化した自分自身の姿や考え方こそが、一番の宝物となるのでは。

ただの旅行ではなく長期で住むにはなかなか敷居の高いポルトガル
文化の違いを受け入れるにはなかなか時間がかかります。

一方で、良い気候のもと、のんびりした生活を送りたい人には最適な国だと思います。

 ワーキングホリデー制度のおかげで、長期滞在がしやすくなったので、興味がある人はチャレンジしてみては?

おすすめ記事

ポルトガルワーキングホリデーに関する記事も書いています。

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article