リスボンの名物グルメを制覇!おすすめローカルレストラン3軒を食べ歩き。

リスボンの名物グルメを制覇!おすすめローカルレストラン3軒を食べ歩き。

こんにちは!リスボン在住ののぶよです。

リスボンを訪れたなら絶対に外せないのが、絶品のポルトガル料理を食べること。

「日本人の舌に合う」と評判のポルトガル料理ですが、その言葉に嘘はありません。
とにかく何を食べても美味しいんです!

ガイドブックに載っているようなレストランでの食事もいいですが、せっかくなら現地の人が通うローカルレストランで、真のポルトガルの食文化を味わいたいもの。

今回の記事では、観光の中心となるリスボン旧市街にありながら、格安でローカル感ただよう超おすすめのレストラン3軒を紹介します。

Advertisement

朝食:As Bifanas do Afonsoで名物ビファナを!

ポルトガル人のソウルフードとも言えるビファナ(Bifanas)

「ポルトガル風ハンバーガー」という位置づけなのですが、一番の特徴は豚肉が挟まっていることです。

リスボンのどんなスナックバー(軽食を提供する食堂)やキオスク(広場にあるカフェ)でも食べられるほどにポピュラーなビファナ。

せっかくなら、ビファナを専門で提供しているお店で食べてみるのはいかがでしょうか。

のぶよ的にリスボンで、いや、ポルトガル全体で一番のビファナは、As Bifanas do Afonsoのもの。

リスボン旧市街の観光の中心であるバイシャ地区(Baixa)の端に位置していながらも、超ローカルなおすすめのお店です。

とても小さな店内では、大きな鍋で豚肉が煮込まれています。

ビファナの特徴は、前日に豚肉を味付け(マリネ)して寝かしておくこと。
ポルトガル料理全般に言える「マリネ文化」は、ファストフードでさえ健在なのです。

こちらが、As Bifanas do Afonsoのビファナ、€2.50(=¥301)

ふわふわのポルトガルパンに挟まれた豚肉は、とにかく柔らかくてジューシー。
マリネしてあるので、味がしみ込んでおり、本当に絶品です。

ビファナのソースに関しては、各店によってレシピが異なります。
As Bifanas do Afonsoのものは、何だか日本の生姜焼きを思わせるような風味豊かさ

観光の中心であるリスボン旧市街で、この値段でビファナが食べられる店は、リスボンにはもうほとんど残っていないのが現状です。

昔ながらの良心的な値段と、ずっと変わらない秘伝のソース。
リスボンに来てここのビファナを食べずに帰るのは、何か大切なものを見逃しているかもしれません。

インフォメーション

As Bifanas do Afonso

営業時間:7:30~19:00 ※日曜定休

昼食:O Freixoで超ローカルランチ!

次に紹介するのは、のぶよがリスボンで一番好きなローカルレストランであるO  Freixo

リスボンらしい古い町並みが広がるアルファマ地区(Alfama)の端、地下鉄青線サンタ・アポロニア駅(Santa Apolonia)近くに位置しています。

家族経営の小さなレストランで、平日のランチのみの営業。
店内はほぼ100%地元客で、観光客の姿は見たことがありません。

O Freixoの特徴は、日替わりメニュー(Prato do dia)しか置いていない点。
その日の仕入れ状況やおばちゃんの気分で、メニューが替わるのです。

↑毎日替わるメニューは手書き

メニューはポルトガル語表記しかなく、英語はまったく通じないので、とりあえず勘で選びましょう(笑)

大丈夫。肉料理、魚料理、スープ、何を食べても絶品ですから。

もしメニューの中に見つけたら、ぜひ挑戦してほしいのが以下の二品。

・ダックライス(Arros do Pato)

・豚とあさりの白ワイン煮(Carne de porco a Alentejana)

いずれも感動の美味しさでした。

ローカルレストランだけあって、価格もかなり安めなのもポイント

メイン:€4~€5(サイドメニュー・サラダ付き)
・グラスワイン:€0.70
・デザート:€1.3~(しかもすべて手作り)

と、信じられないような値段で食事ができます。

O Freixoで面白いのが、お会計のシステム。

なんとこのレストラン、伝票やレジというシステムが存在しません

そのため、お会計の際には客側が自分が食べたものを自己申告するというシステム。
それに対して、おばちゃんが筆算で合計金額を計算するのです(笑)

実はこれ、かつてはポルトガルの食堂ならどこでも見られたもの。
現在でも地方部に行くとよくあるのですが、まさかリスボンの中心街でこのシステムが残っているとは…!

誰もこちらが何を食べたのか把握していないのですが、正直に申告してください(笑)

おしゃれな盛り付けや雰囲気は望めませんが、素朴で家庭的なポルトガルならではのディープな雰囲気が味わえること間違いなし!

笑顔の素敵なおばちゃんと、仕事が出来なさすぎて常に怒鳴られているおじちゃんの掛け合いも見どころ(笑)
リスボンに来たならぜひ一度は足を運んでいただきたい、そんな場所です。

インフォメーション

O Freixo

・営業時間:11:00くらい~15:00くらい (おばちゃんの気分による)
※土曜・日曜定休

夕食:リスボンのNo.1ビトックで〆のステーキ

ポルトガルの食事の時間は概して遅め。
9時や10時にディナーなんてことも珍しくありません。

夕食前にはリスボンのナイトライフの聖地、バイロ・アルト地区(Bairro Alto)で、一杯ひっかけたり、ファドのライブに酔ったりするのもおすすめです。

そんなバイロ・アルト地区にあるTaberna Minhotaが最後に紹介するローカル食堂です。

一見チープなケバブショップのように見えますが、実はちゃんとポルトガル料理を提供している食堂。
(実際に価格は安いですが)

ナイトライフに繰り出す若者の多くは、ビファナなどの軽食をテイクアウトしていきますが、のぶよ的Taberna Minhotaでのおすすめはビトック(Bitoque)、€7(=¥845)。

ポルトガル風牛肉のステーキであるビトックは、どこのレストランでも食べられる定番メニュー。
のぶよもいろいろな所で食べましたが、ここのビトックが史上最強でした

注文を受けてから、鉄のフライパンで調理してくれるというこだわりよう。

ニンニクとローリエの風味が効いたビトックはとにかく絶品。
その味付けも絶妙で、上にのった半熟の目玉焼きとの相性も抜群です。

観光客も多いバイロ・アルト地区にありながら、ローカルがちょっと一杯飲みにくるような雰囲気も魅力的。
サウダーデ(郷愁)ただようリスボンの夜の〆として、いかがでしょうか。

インフォメーション

Taberna Minhota

営業時間:11:00~1:00くらい (おばちゃんの気分による)

日本でもポルトガル料理を!

話題のポルトガル料理を日本で食べられるレストランはこちら。

ヴィラモウラ 銀座本店

当店おすすめ!
[住所]東京都中央区銀座6-2-3 ダイワ銀座アネックスB1F
posted with タベレバ

マヌエル カーザ デ ファド 四ツ谷店

本場ポルトガル料理 清潔で落ち着いた雰囲気
[住所]東京都千代田区六番町11-7 アークスアトリウム B1F
posted with タベレバ

マヌエル コジーニャ ポルトゲーザ 渋谷店

本場ポルトガル料理 清潔で落ち着いた雰囲気
[住所]東京都渋谷区松濤1-25-6
posted with タベレバ

おわりに

リスボン在住ののぶよがおすすめの、超ローカルなポルトガル料理レストラン(というか食堂)を三軒紹介しました。

おしゃれで雰囲気の良いレストランでの食事も魅力的ですが、一般のポルトガル人はそんな店にはまず行きません。(何といってもお金がない!)

せっかくなら地元の人と同じものを同じ場所で食べてみるのも、旅の醍醐味の一つなのではないでしょうか。

この記事に関連したおすすめ書籍

 

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article