【ポルトガル】シントラのレガレイラ宮殿でリアルRPGの世界を体験してみる。

【ポルトガル】シントラのレガレイラ宮殿でリアルRPGの世界を体験してみる。

こんにちは。ポルトガル在住ののぶよ(@taisuke5696)です。

シントラ(Sintra)は、ポルトガルの首都・リスボンから西に30kmほどの所に位置する、山の中にある小さな町です。

もともとは王族の避暑地として発展してきたこの町は、ユネスコの世界遺産にも登録されていて、いまや一大観光地。

昼も夜も、夏も冬もとにかく観光客でいっぱい!
みんなどこからきたの?と不思議になるくらい。

ペーナ宮殿やムーア人の城壁など、一日では回り切れないほどたくさんの見所があるシントラの町。

その中でも、ほかの観光地を差し置いてでも絶対に行ったほうがいいスポット、レガレイラ宮殿(Quinta da Regaleira)を紹介します。

Advertisement

とにかく冒険心がくすぐられる!迷路のような庭園。

かつてヨーロッパで主流だったゴシック様式やルネッサンス様式に、ポルトガル独自のマヌエル様式など様々な建築様式が混在するレガレイラ宮殿。

所有者が何度も変わる度に改装が行われ、イタリアの建築家・ルイジ・マニーニによって現在の姿へと落ち着きました。

もともと王族の別荘として建てられた宮殿自体も見ごたえがありますが、レガレイラ宮殿で絶対に訪れるべきなのはその広大過ぎる庭園

その広大さは、メインであるはずの宮殿がどこに建てられているのかわからなくなるほど(笑)

山の傾斜を利用して造られた数々の洞窟、地中に下りるらせん階段など、どこがどう繋がっているのかもはや理解不能なダンジョンと化しています。

それはもはやドラゴンクエストの世界
冒険者になった気分で探検しましょう。

こちらのいかにも古そうな塔が、入場してはじめにたどりつくであろう、 レガレイラの塔(Torre da Regaleira)
広大な庭園を散策する際のの中心となる場所です。

すでに非日常感がプンプンするものの、ここはまだ序の口。
いくつもの洞窟や滝などの冒険スポットは、この塔より山の上方面に点在しています。

手はじめに塔の狭い階段を上って、庭園の全景を眺めてみましょう。
レガレイラ宮殿の敷地内はもちろん、山に囲まれたシントラの町の絶景を望むことができます。

洞窟を抜けると、飛び石?!

先述の通り、広大な庭園内にはいくつもの洞窟があります。
洞窟がありすぎて、どこが入口でどこが出口なのかどこにも書かれていません。そして誰もわかっていません。

レガレイラの塔から曲がりくねった道を登っていくと、怪しげな洞窟がたくさんあります。
洞窟の入口っぽいところを見つけたら、とりあえず入ってみましょう。

洞窟内はいたるところで地下水がぽたぽた落ちて湿っているので滑りやすく、水たまりも多数あります。
スマートフォンのライトは必須!

かろうじてライトアップされている (一部は完全に真っ暗!)、 長くていくつもの分岐がある洞窟を抜けると、滝の裏が見られる場所があります。

ここが Lago da Cascata。レガレイラ宮殿の名物、飛び石渡りがあるスポットです。


見ての通り、緑色に淀んだ池の水面の上に、飛び石がかろうじて顔を出しています。

何年間放置すればこんな色の水が出来上がるのか不思議になるくらいの池の底は、もちろん全く見えないので水深は不明ですが、落ちたら観光どころではないのは確か。

ドラクエでいえば毒の沼、あるいはゲームオーバーですね。

それにもかかわらず、老若男女問わずみんな楽しんで飛び石を渡っていました。

今まで何人の人がここでゲームオーバーになったのか気になるところです。

飛び石は濡れていて滑りやすいです。ゲームオーバーにならないためにも気を付けてわたりましょう。

ここまで来ると、自分が庭園の中にいるのか、ハイキングしているのか、はたまたドラクエの世界に迷い込んでしまっているのかだんだんわからなくなってきます。

歩けば歩くほど、冒険心がどんどん湧いてくる。
そんなある意味若返りスポット。

レガレイラ宮殿のハイライト!地獄への階段。

飛び石ゾーンを抜けて山の斜面を登っていくと、レガレイラ宮殿のハイライトともいえる地中へ続く螺旋階段へとたどり着きます。

その名も、”Poço inici‎ático”
日本では「イニシエーションの井戸」というなんだかおしゃれなネーミングで知られています。

ポルトガル語的には”poço”=「井戸」なんですが、もはや井戸と呼べるクオリティーではありません。

光が差す地上から、薄暗い地下に向かってらせん階段がぐるぐると下っていく様はまさに「地獄への入り口」。

壁を覆う苔や、地上からの絶妙な光の差し込み方によって、かなり独特で不気味な雰囲気を醸し出しています。

ドラクエなら間違いなく下でボスが待ち受けているような、そんな雰囲気。

らせん階段は上から下への一方通行です。反対方向へは進めません。
ここでも地下水が滴っているため、階段には水がたまっていてとても滑りやすいです。

階段を下った井戸の底からは、遥か上に見える地上の光がなんだか神々しくて、まるで別の世界に入り込んでしまったよう。

そもそもこの井戸とらせん階段は、現在とは反対方向(下から上)へと進むことで、地獄から天国へと這い上がる過程の象徴として造られたものだそうです。

現在ではみんな地獄へ歩んでいくんです。なんか皮肉。

最近の流行りなのか、井戸の底ではみんな地上をバックにグループセルフィーしていました。

確かにいい写真が撮れそう。でも一人だとなかなかできない。それこそ、地獄。

レガレイラ宮殿庭園内その他の見どころ

他にも、庭園内には謎のトンネル苔に覆われた扉などミステリアスなスポットがたくさんあります。

きっと途中から少しのことでは驚かなくなってくるはず。
受付でもらえる庭園内の地図なんて何の役にも立ちません。

とにかく、自分の足で歩いて、自分の目で確かめてみるのみ。

十分に庭園を散策した後は、レガレイラ宮殿の内部を見学するもよし。カフェテリアで一休みするもよし。チャペルや小さな建物を見て、建築の美しさを感じるもよし。
いろいろな楽しみ方ができますよ。

レガレイラ宮殿の基本情報

シントラ駅からレガレイラ宮殿への行き方

徒歩
シントラ駅から、シントラの中心部(Sintra Villa)を経由して、徒歩20-30分ほど。
ただし多少のアップダウンあり。

バス
シントラ駅から、435番のバスで10分ほど。Quinta da Regaleira下車。

バスは朝9時から夜20時前まで20分に1本程度。
シントラ巡りの周遊パス(Bilhete Turístico diário/Bilhete Train&Bus)使用可能です。

詳細はScotturb社のサイトを参照してください。

レガレイラ宮殿の入場料金

大人:6€
子供(6-17才):4€
学生割引:なし

レガレイラ宮殿の営業時間

4月-9月:9:30-20:00
10月-3月:9:30-18:00
(最終入場は共に閉場1時間前)

おわりに:レガレイラ宮殿観光のアドバイス

敷地内はアップダウンがあり、階段も多くあります。
とにかく歩きやすい靴で行きましょう。
サンダル、ハイヒールは論外です。

ゆっくり庭園を見て楽しむなら所要3-4時間。有名どころだけサクッと見るなら所要2時間
アップダウンが多く敷地が広いので、余裕を持ったプランがおすすめです。

朝から午後早い時間にかけては、団体ツアーの観光客や、ペーナ宮殿見学前の観光客がたくさん訪れます。

敷地が広いのでそこまで人がたくさんいる印象は受けないものの、らせん階段や洞窟などのスポットは狭いため混みあいます。

午後の遅い時間から閉場までが比較的空いているのでおすすめです。

リスボンのホテル予約ならBooking.comがおすすめ!

世界最大級の宿泊予約サイトBooking.comなら、最安値で海外ホテルに宿泊可能!
日本からでも現地でも手軽に予約可能で、直前までキャンセル料無料のホテルもたくさん!

カイス・ド・ソドレ地区


リスボン旧市街にも、ビーチエリアにもアクセスが便利なカイス・ド・ソドレ地区。
小さなポルトガル料理レストランやファドハウスが点在するバイロ・アルト地区もすぐそばにあり、哀愁に満ちたポルトガルらしい夜を過ごすのもおすすめ。

 

カイス・ド・ソドレ地区のホテルを料金確認・予約する!

 

リスボン全体のホテルを料金確認・予約する!

この記事に関連したおすすめ書籍

 

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article