【アルバニア】のんびり旅派必見!シュコドラの観光スポット【アクセス・ホステル情報】

【アルバニア】のんびり旅派必見!シュコドラの観光スポット【アクセス・ホステル情報】

こんにちは!アルバニア北部の大自然を満喫中、世界半周中ののぶよ(@taisuke5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

アルバニア北部に位置するシュコドラ(Shkodër)は、アルバニア第五の町であると同時に、この地域の観光の拠点となる都市です。

シュコドラの起源はとても古く、紀元前二千年以前にイリュリア人によって築かれたもの。
当時はイリュリア王国の首都と定められ、繁栄を極めました。

しかしながら、激動の歴史を送ったアルバニアの他の都市同様、歴史的な建物はあまり残っていないシュコドラの中心街。

旅行者の多くは1泊だけして次の目的地へ行ってしまうか、そもそも通り過ぎてしまいます。

しかし、シュコドラはかなり居心地が良く、周辺には大自然や豊かな歴史を感じられるスポットがある観光地としてのポテンシャルがかなり高い町。

今回の記事では、そんなシュコドラの観光スポットを紹介します。

シュコドラへのアクセスやおすすめのホステルも紹介しているので、旅行に役立ててください。

Advertisement

シュコドラ中心部の観光スポット

コル・イドロメノ通り

シュコドラ中心街のコル・イドロメノ通り(Kol Idromeno)は、歩行者専用となっているシュコドラのメインストリートです。

通り沿いには、凡そアルバニアらしくないオーストリア・ハンガリー風の建物が連なりますが、これらは再建されたもの。

オーストリア人建築家をわざわざ招いて作られたものだそうです。

コル・イドロメノ通りには、多くのオープンカフェやおしゃれなショップなどか並び、ここだけ見るとアルバニアでないかのよう。

しかしおしゃれなのはこの一角だけで、通りを抜けると一気にアルバニアらしい雑然とした風景になります。

マジャ・モスク (Xhamia e Madhe)

コル・イドロメノ通りの入口に建つマジャモスクは、シュコドラで最も大きなモスクです。

アルバニアでは共産主義時代に一切の信仰が禁じられたため、多くのモスクは閉鎖されるか破壊される運命をたどりました。

こちらのマジャモスクは、共産主義時代終了後に建てられた新しいものです。

パルカモスク (Xhamia e Parrucës)

中心街の南端に建つパルカモスク

元々は1937年建造のモスクでしたが、共産党時代の宗教禁止令により一度は破壊されてしまいます。

現在のものは2006年に再建された新しいものです。

人々の生活を感じる町歩き

上記の主要な見どころを訪れた後は、町をあてもなく散歩してみましょう。

地方都市らしいローカルな雰囲気が至る所に漂うシュコドラ。

その風景はまるで昔の日本の商店街のよう。

人々はその辺に座ってくつろいだりお喋りしたり。
電器屋や洋服屋や靴屋などの小売店が並ぶ風景は、なんだか懐かしさを感じさせられます。

↑やたらと見かける靴屋
↑やたらと見かける鳥を売る店

やたらと話しかけてくる人が多いアルバニア人。

シュコドラの人々も例外ではなく、カフェに座っている暇そうなおじさんたちにやたらと話しかけられます。
もちろんアルバニア語で(笑)

ちょっとした散歩でも、アルバニアらしい光景に出会うことができますよ。

シュコドラ郊外の観光スポット

観光スポットに乏しいシュコドラの中心街。

しかし、中心街だけがシュコドラの全てではありません。

シュコドラ周辺には魅力的な見どころがいくつかあり、のぶよ的にはかなりおすすめです。

ロザファ城

シュコドラ中心街から南に2kmほど。
二つの川に挟まれた丘の上に建つロザファ城(Kalaja e Rozafës)は、紀元前にイリュリア人によって築かれたかなりの歴史があるもの。

その後この地を支配したベネチア共和国時代の建物やオスマン帝国時代の建物が混在しているロザファ城。
シュコドラの歴史を感じるなら絶対に訪れたいスポットです。

ロザファ城の敷地内には、かつての教会の遺跡や城壁、オスマン帝国時代の牢獄など興味深い建物が多く残っています。

最深部に位置するのが、敵によって城が陥落した場合に人々が逃げられるように作られた秘密の通路

下りることもできますが、内部は真っ暗で何も見えません。

この通路は城壁の外の川沿いの出口に繋がっているそうです。

また、ロザファ城で絶対に外せないのがシュコドラ市内とシュカダル湖の絶景

丘の上にあるロザファ城からは、周辺の景色を360度見渡すことができるんです。

山と川、湖に囲まれたシュコドラの絶景を満喫しましょう。

インフォメーション

ロザファ城(Kalaja e Rozafës)

営業時間:9:00〜19:00
料金:200Lek(=¥200)
アクセス:シュコドラ中心街から徒歩30分
または、Hotel Rozafaの向かい側のバス停からShiroke方面行きの路線バスで10分。運賃は30Lek(=¥30)

シュカダル湖へサイクリング

シュコドラに来たなら是非訪れたいのが、その名前の由来にもなったシュコダル湖

バルカン半島最大の淡水湖で、モンテネグロとアルバニアの国境を隔てています。

モンテネグロ側では、ボートツアーなどが利用でき、観光地化が進んでいるのですが、アルバニア側ではほとんど観光地化されていないシュコドラ湖。

のぶよは、湖南側をサイクリングすることをおすすめします

シュコドラ中心街から5kmほどのところには、地元の人が休日にやってくるようなローカルな雰囲気が魅力的な湖ビーチが点在しています。

湖の風景もとても美しく、夏でも湖から吹く風のおかげでそこまで暑さを感じません。

後述するおすすめホステルでは、なんと自転車が無料でレンタルできました

湖に至る道の途中には上で紹介したロザファ城もあるので、シュコダル湖と合わせて半日ほどの自転車デイトリップをするのがおすすめです。

湖沿いには、シュコドラ湖で獲れたウナギやマスなどの淡水魚を提供するレストランがいくつかあり、美しい風景を眺めながらの食事もおすすめです。

シュコドラへのアクセス

アルバニア北部に位地するシュコドラ。

多くの旅行者はシュコドラから首都のティラナやモンテネグロの都市へと移動することだと思います。

アルバニアの他都市と同様、中央バスターミナルが存在しないシュコドラでは、行き先によってバス停が異なる場所に位置しています

ここではシュコドラからのバスがある都市とのアクセスやバス停の場所等の情報を解説していきます。

黄色:他都市へのバス停
灰色:ロザファ城方面ローカルバス停
赤:おすすめレストラン
紫:おすすめホステル
青:観光スポット 

シュコドラ・ティラナ間のバス移動

シュコドラと首都のティラナ間の距離は100kmほど。

高速道路が通っており、所要時間は2時間ほどです。

ティラナ周辺は渋滞がひどいことが有名で、朝や夕方に発着するバスを利用する場合はほぼ渋滞に巻き込まれてしまうでしょう。

時間に余裕がないなら、これらの時間帯を避けたバスを利用しましょう。

シュコドラからティラナへのバスは、1時間に1本、正時(12:00、13:00…)にバスが走っていて便利ですが、最終のバスは16:00発と早めなので注意しましょう。

それ以外の時間なら、フルゴン(Furgon)という乗り合い型のミニバンで移動することもできますが、バスより少々高めの400Lek(=¥400)がかかります。

所要時間:2時間
料金300Lek(=¥300) ※荷物代別途100Lek(=¥100)

シュコドラ・ティラナ間のバス停

ティラナ行きのバス、フルゴンはほぼ全て中心街のロータリー西側のバス停(Radio Shkodra前)から出発します。
(一部モンテネグロからやってきたティラナ行きのバスはHotel Rozafa前からの出発)

シュコドラ・モンテネグロ内の都市間のバス移動

モンテネグロ内の主な都市とシュコドラは、比較的多くのバスで結ばれています。

路線は以下の2種類。

・シュコドラ湖の北側を通って、モンテネグロの首都・ポドゴリツァに向かう路線
・シュコドラ湖の南側を通って、モンテネグロのアドリア海沿いの都市へと向かう路線

ポドゴリツァ行きは1日5本の運行で、所要時間1時間40分、€10(=¥1220)です。

アドリア海沿岸を走る路線は、行き先やバス会社によって値段や所要時間は異なるものの、最も近いモンテネグロ側の町・ウルツィニ(Ulcinj)までは所要時間1時間半、料金€7 (=¥852)~です。

ウルツィニが終点のバスもあれば、その先のブドヴァやコトルまで行くバスもあります。

中にはさらに国境を越え、クロアチアのドブロブニクまで向かうものもあるので、計画に合わせて行き先を検討しましょう。

シュコドラ・モンテネグロ内の都市間のバス停

モンテネグロ方面発着のバスは、行き先にかかわらずHotel Rozafa前の発着です。

シュコドラのおすすめホステル情報

The North Hub

→この宿をBooking.comで料金確認・予約する

料金:800Lek(=¥800) ※朝食込
部屋:6ベッドドミトリー

・立地:9/10

シュコドラの中心に位置している便利なロケーションのホステル。

モンテネグロ行きやティラナ行きのバス停から徒歩3分ほどで、シュコドラ市内の全ての見どころへ徒歩でアクセスできます。

スーパーマーケットまでは徒歩10分ほどと少し離れています。

・アクセス:10/10

メインストリートから路地を入ったところにあります。

看板が出ており、入口のドアは開いていて、常にスタッフがいるのでチェックインもとてもスムーズでした。

・スタッフ:8/10

英語が堪能な若いスタッフが数人で経営しているようで、観光スポットの案内や呪われた山までのバスの予約など旅行者が必要なことは全てお願いできます。

・清潔さ:9/10

部屋、バスルーム、庭ともに清掃が行き届いており、とても清潔でした。

バスルームの数も各階に4つずつ、計8つと十分。

バスルームの扉がすりガラスになっているので、気になる人は気になるかもしれません。

・設備:9/10

部屋によるものの、エアコンがあります。
コンセントは全てのベッド脇にはないのと、タオルを提供していないことだけが少しマイナス。

キッチンもあり、自炊も十分にできます。

市内中心部にありながら、小綺麗な庭があり、ゆったりとくつろぐことも可能です。(ただし夏場はかなり厚いですが)

荷物を置いておく部屋もあり、呪われた山ハイキングで数日間宿を空ける時でも無料で預かってくれます。

また、自転車の貸し出しも無料で行っているので、ラザファ城やシュコダル湖へ足をのばすのにも便利です。

・wi-fi:7/10

建物内では普通に接続できるものの、庭ではかなり電波が弱いのがマイナス。

時間帯によって接続が不安定になることもありました。

・雰囲気:8/10

庭の雰囲気が素晴らしく、のんびりとくつろぐことができます。
ソファーなどがあればもっと良かったかも。(受付前に大きなソファーがありますが)

また、ホステルの建物はアルバニア北部の伝統的な民家を改装したもので雰囲気たっぷりです。
しかし内部はモダンで開放的な雰囲気でした。

他の宿泊客もオープンマインドな人が多かったです。

総合:8.6/10

シュコドラで宿泊するなら是非おすすめしたいホステルです。

800円ほどで町の中心に宿泊できるうえに、朝食までついています。

しかも、朝食も粗末なものではなく、隣にあるピザ屋で提供されるちゃんとしたもの。

↑朝食を提供するピザ屋にはおしゃれな中庭がある

コストパフォーマンス面においては、これまでのぶよが宿泊した中でも最強の部類でした

→この宿をBooking.comで料金確認・予約する

→Booking.comでシュコドラの宿を探す

おわりに

全く期待していなかったシュコドラですが、実際にはかなり居心地が良い町でした。

ホステルが良かったということもありますが、大都市すぎないのんびりとした雰囲気は長期滞在向きの町だと言えます。

また、シュコドラを拠点としてアルバニア観光のハイライトである

・コーマン湖フェリー
・呪われた山
・テス国立公園

の三つの大自然スポットにもアクセスすることが可能です。

アルバニアに来てこれらのスポットに行かなかったら何の意味もないと言えるほど素晴らしい場所なので、是非計画に入れてみてください。

各スポットの観光情報やアクセス、上手なまわり方などは以下の記事でそれぞれ解説しています。

シュコドラで格安で伝統的なアルバニア料理を食べられるおすすめレストランを紹介しています。

この記事に関連したおすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article