コルチュラ島からのデイトリップに!オレビチの楽園ビーチと絶景のすすめ。

コルチュラ島からのデイトリップに!オレビチの楽園ビーチと絶景のすすめ。

こんにちは!クロアチアでアイランドホッピング中、世界半周中ののぶよです。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

クロアチア南部、ダルマチア地方にあるオレビチ(Orebić)の町は、切り立った山々が連なるペリェシャツ半島の南側に位置する港沿いの町です。

オレビチが位置するペリェシャツ半島は、かろうじてクロアチア半島とつながっている程度で、ほぼ島のよう。
流れる雰囲気も、なんだかゆったりとしています。

たった4km先には、観光地として人気を集めるコルチュラ島があり、多くの高速船やカーフェリーで結ばれています。

コルチュラ島に比べるとほとんど知名度がないオレビチですが、コルチュラ島滞在中に日帰りで訪れるにはぴったりの場所
美しいビーチや絶景スポット、山の中にひっそりとたたずむ修道院などが点在しています。

今回の記事では、コルチュラ島から日帰りで訪れるオレビチの観光スポットとアクセスを紹介します。

Advertisement

オレビチで過ごす一日

オレビチ観光地図

黄色:カタマラン港/カーフェリー港
青:観光スポット
緑:ハイキングコース

フェリーで船旅気分

オレビチへのアクセスの項で詳細は解説しますが、コルチュラ島とオレビチ間の移動手段は船のみとなります。

のぶよの場合はカーフェリーで往復しました。

たった15~20分ほどの短い船旅ですが、デイトリップ気分を盛り上げてくれます。

だんだんと近づいてくるオレビチの町。

赤い屋根の家々の背後には、高くそびえる山々があって独特の風景です。

絶景だらけのシーサイド散歩

オレビチ港に到着したら、まずは海沿いを東に向かって散策してみましょう。

とにかくきれいなアドリア海の色に感動するはずです。

海沿いの通りにはいくつかレストランがあり、海を眺めながらゆっくりと食事が楽しめそう。

観光地であるコルチュラ島に比べて、オレビチのレストランの料金は少し安めに感じました。

シーフードを食べるなら、オレビチがおすすめかもしれません。

楽園ビーチで休憩

クロアチアには美しいビーチがたくさんあるのですが、その多くは小石のビーチです。

寝転がっていると体が痛くなってくるのと歩きにくいのとで、のぶよはあまり小石のビーチが好きではありません。

オレビチには、クロアチアでは珍しい砂浜のビーチがあります。

それがトゥルステニツァビーチ(Plaža Trstenica)

どうですか、この水の色と砂浜。

「楽園」という言葉がふさわしい場所です。

肝心のビーチは完全な砂浜ではなく、砂浜と小さな石のミックスといった感じでしたが、そんなの全く気にならないほど素敵なビーチでした。

山の中の教会と絶景を求めてハイキング

↑ハイキングコースの途中にはぶどう畑が一面に広がる

さて、楽園ビーチを十分に堪能した後は、オレビチの町の背後にそびえる山へと向かってみましょう。

山の中にはいくつかの古い石造りの教会が点在しており、ちょっとしたハイキング気分で訪れることができます。

途中にはアドリア海に浮かぶ島々の絶景ポイントもあり、のぶよ的にはクロアチアで見た風景の中でも三本の指に入るほどの絶景でした。

アップダウンはあるものの、舗装された道を歩くことがほとんどなので、そんなに難しくありません。

全部まわって6kmほど。2時間ほどで歩けてしまいます

カルメナ教会

オレビチの町から2.5kmほど。山の中腹にひっそりと建つカルメナ教会は、現在でも使われているのかどうかわからないほど鄙びた雰囲気です。

教会の庭では、なんと自家製アルコールの無人販売が。

この地域名産のワインはもちろん、バルカン諸国名物の蒸留酒・ラキアが置かれていました。

ここから次のサモスタン教会までは結構アップダウンが激しいですが、その先には絶景が待っています。

サモスタン教会

カルメナ教会から1.5kmほど、アドリア海を見下ろす高台に位置するサモスタン教会は、カルメナ教会に比べて大きめで、きちんと整備されています。

教会の周りには、アドリア海を望む展望台があり、どこからでも絶景を望むことができます。

すぐそばに浮かぶコルチュラ島や、幾つかもの小島、遠くに浮かぶムリェト島まで見え、視界を遮るものは何もありません。

のぶよのおすすめは、教会を上から望むビューポイント

オレンジの教会の屋根がアドリア海の美しい青とマッチして、「THE・クロアチア」のイメージそのものです。

サモスタン教会からオレビチ港までは2kmほどの下り坂です。

コルチュラ島への帰りの船も1時間に1本程度出ているので、あまり時間を気にしなくても大丈夫。
海沿いで休憩したりしながらゆっくりと散策しましょう。

オレビチへのアクセス

コルチュラ島からオレビチへの移動手段は船となります。

コルチュラ・タウン港からカタマラン(高速艇)を利用するか、中心街から2kmほど離れたドミンチェ港からカーフェリーを利用するかの二通りの行き方があります。

いずれも1時間に1本程度運行されているので便利です。

料金は、カタマランが11Kn(=¥181)、カーフェリーが16Kn(=¥264)

特に理由がないなら、料金が安くてコルチュラ・タウンから出ているカタマランを利用しましょう。

おわりに

旅行者の間ではあまり知名度が高くはないオレビチ。

美しいビーチと山々はもちろん、アドリア海の絶景を見るために訪れる価値は十分にあります。

少しリーズナブルな物価も、旅行者にとって嬉しいポイント。

コルチュラ島へ戻る船は夜遅くまで運行されているので、オレビチでワインとディナーを楽しんでいくのもおすすめです。

この記事に関連したおすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

スロベニア・クロアチアをより詳しく解説したバージョンもあります。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

クロアチアだけでなく、周辺の国々の情報も載っているバージョンもあります。

「詳しい情報が欲しいけど、Lonley Planetはどうも字が多すぎて…」という方におすすめなのが“Eyewitness”
美しい写真がふんだんに使われている、フルカラーのガイドブックです。(英語のみ)

情報はかなり詳しく、写真でその場所のイメージがつかみやすいです。

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article