アルバニアの歴史が詰まった天空の城。クルヤ(Krujë)の観光スポットとアクセス方法

アルバニアの歴史が詰まった天空の城。クルヤ(Krujë)の観光スポットとアクセス方法

こんにちは!アルバニアを1ヶ月旅行した、世界半周中ののぶよです。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

アルバニア中部、首都のティラナからバスで30分ほどの場所に位置するクルヤ(krujë)は、古城を中心に伝統的な造りの家々が並ぶ小さな町。

城と家々の景色はそれだけで美しいのですが、実はクルヤはアルバニアの歴史においてとても重要な町でもあります。

オスマントルコ帝国がバルカン半島で強大な力を誇った15世紀に、当時のアルバニアの将軍であったスカンデルベグが拠点としたクルヤ城。

アルバニアを征服しようとするオスマントルコ軍は、合計で23回もクルヤに攻め込むのですが、その全ての戦いにおいてスカンデルベグは勝利を収めました。

こうしてアルバニアの独立を守り抜いたため、スカンデルベグはアルバニアの英雄として今でも大人気です。

またクルヤの町自体も「スカンデルベグの町」としてアルバニア人の間では人気の観光地となっています。

ティラナから気軽にデイトリップで訪れられるクルヤ。
今回の記事ではその観光スポットとアクセスを解説します。

Advertisement

クルヤの観光スポット

クルヤ観光地図

黄色:バス停
青色:観光スポット

スカンデルベグ像

クルヤのバス停から城へ向かう途中にあるのが、馬に乗ったスカンデルベグの像です。

町の入口で観光客を出迎える存在で、これからの観光に期待が高まります。

オールド・バザール

スカンデルベグ像をから歩行者専用の通りを進むとあるのが、伝統的な建物が並ぶオールド・バザール

クルヤ城へと続く石畳の両側に、伝統の刺繍や工芸品を売る店が連なります。

日本の城下町のような感じのオールド・バザール。
現在は観光地感が強いですが、もともとはスカンデルベグ在位中の500年以上前から地元の工芸品などが売られていた歴史あるバザールです。

刺繍製品や、アルバニア伝統の羊毛の帽子など手作りの品々が並びます。

クルヤ城

クルヤ観光のメインアトラクションとなるクルヤ城

2世紀ごろに建てられたもので、スカンデルベグが居城としたのは15世紀になってからのこと。

岩山の上に建てられた城は天空の城のようで、遠くにティラナの街を望むことができます。

敷地内には現在でも人が住んでおり、観光地でありながら静かな雰囲気なのも魅力的です。

スカンデルベグ博物館

クルヤ城に入ってすぐ、存在感抜群の建物がスカンデルベグ博物館です。

スカンデルベグが勝利を収めたオスマン帝国との戦いに関する展示はもちろん、先史時代から続くアルバニアの歴史に関する展示も充実しています。
(博物館内部は撮影禁止です。)

大きな博物館ではないので、30分〜1時間ほどで見学できてしまいます。

インフォメーション

スカンデルベグ博物館

営業時間:全日 9:00~18:00
料金:200Lek(=¥200)

モスク跡

スカンデルベグ博物館の正面にあるのが、オスマン帝国時代のモスクの遺跡

実は、スカンデルベグ在位中こそオスマン帝国の侵略を免れたアルバニアですが、彼の死後にはあっけなく侵略され、その後400年以上続くオスマン帝国の支配時代におかれるのです。

↑スカンデルベグ博物館2階のテラスからは、モスクの跡とクルヤ城内の家々が一望できる

ハマム

ハマム(トルコ式浴場)もクルヤ城の敷地内にあります。

スカンデルベグ死後の1490年に完成したこちらのハマムも、オスマン帝国支配を象徴するような建物です。

テチェ

スカンデルベグ在位中は教会として使われていたテチェ(Teqe)は、後のオスマン帝国支配時代にはモスクに改装されました。

イスラム教の一派であるベクタシ派の礼拝所であるテチェの内部には、かつての美しい装飾が残っています。

内部には無料で入場でき、色褪せた壁画が長い歴史を感じさせます。

スカンデルベグのオリーブの木

スカンデルベグとその妻の結婚式の際に、一本のオリーブの木を植え、その下で永遠の愛を誓ったという伝説が残っています。

500年以上経った現在でも、そのオリーブの木は先に紹介したテチェの敷地内にあり、その幹の太さからかなりの樹齢であることがわかります。

現在でも、クルヤの若いカップルが恋愛成就を願いにやってくるという、アルバニア版恋人の聖地のような存在だそうです。

見張り塔

クルヤ城の最も高い部分に位置するのが、中世に建てられた見張り塔です。

難攻不落のクルヤ上の防御の要となった建造物なのですが、現在は閉鎖されており登ることはできません。

しかし塔周辺からは、クルヤ城とクルヤの町並みはもちろん、遥か山の下まで見渡すことができ、かつてスカンデルベグが見た景色を現在でも望むことができます。

Advertisement

クルヤへの行き方

クルヤへのアクセスは、ティラナからが基本です。

出発時間が決まっている中型バスと、人が集まり次第出発するフルゴンの二通りの交通手段がありますが、のぶよは中型バスの利用をおすすめします。

↑バス・フルゴンが到着する、クルヤのバス停

中型バス

ティラナの北方面バスステーションから、午前中は1時間に1本のバスが出ています。

↑北方面バスステーションの時刻表

バスは観光の中心であるクルヤの中心街までの直行で、乗り換えの必要はありません。

クルヤからティラナへ戻る最終バスは16時発と少し早めなので注意が必要です。

所要時間:1時間
料金:150Lek(=¥150)

フルゴン

中型バスの出発時間以外にクルヤへアクセスするなら、乗り合いバスのフルゴンの利用となります。

北方面バスステーションの東側50mほどのフルゴンが停まっている場所から、人が集まり次第の出発です。

注意したいのが、フルゴンはクルヤの中心街までは行かず、7kmほど離れたフシャ・クルヤ(Fushë-Krujë)までしか行かない点。

フシャ・クルヤからクルヤの中心街までは、別のフルゴンに乗り換える必要があります。

所要時間:1時間
料金:200Lek(=¥200)

乗り換えの手間があり、料金も高いフルゴンの利用を、ティラナからの往復の交通手段としてあえて選択する意味はありません。

しかしながら、フシャ・クルヤは、ティラナ〜シュコドラ間の幹線道路沿いに位置しているため、この二都市間を移動しながらクルヤに立ち寄って観光する場合には便利です。

フシャ・クルヤの幹線道路沿いには、ティラナ〜シュコドラ間を走るバスやフルゴンがひっきしなしに通るので、途中乗車するだけ。

フシャ・クルヤ〜クルヤ間は、先述のフルゴンを利用することとなります。

おわりに

3〜4時間ほどあれば、十分に満喫できるクルヤの観光

ティラナからも簡単にアクセスできるので、デイトリップにはぴったりです。

異国情緒を感じる町並みや天空の城のようなクルヤ城などの見どころはもちろん、アルバニアの歴史が感じられるのもクルヤの魅力。

ティラナ滞在中に是非訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連したおすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article