マルコ・ポーロ生誕の地!コルチュラ・タウンの観光&アクセス情報【ホステル情報も】

マルコ・ポーロ生誕の地!コルチュラ・タウンの観光&アクセス情報【ホステル情報も】

こんにちは!クロアチア南部・ダルマチア地方の島々を旅している、世界半周中ののぶよです。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

ワインとオリーブ栽培で名高いコルチュラ島は、ドブロブニクとスプリットの中間地点という地の利もあって、多くの観光客が訪れる人気の島です。

コルチュラ島の観光の中心となるコルチュラ・タウンは、海に突き出した半島に造られたオレンジ色の屋根が特徴的な小さな町。

城壁に囲まれた旧市街の風景は、「リトル・ドブロブニク」とも言われるほど美しく、青く輝くアドリア海とのコントラストには誰もが息を飲むはず。

風景の美しさだけが魅力ではありません。
コルチュラ・タウンは、なんとマルコ・ポーロが生まれた場所とされているのです。

ヨーロッパからアジアへと世界半周をしているのぶよにとって、600年前に同じルートをたどったマルコ・ポーロは大・大・大先輩。
見逃すわけにはいきません。

今回の記事では、コルチュラ・タウンの観光スポットとおすすめホステル、クロアチア本土や他の島からコルチュラ島への船でのアクセスを解説します。

Advertisement

コルチュラ・タウンの観光スポット

コルチュラ・タウンは本当に小さな町です。

半島のようにアドリア海に突き出した旧市街は、端から端まで歩いても10分もかからないほど。

2時間ほどあれば、全ての見どころをまわれてしまいます。

コルチュラ・タウン観光地図

黄色:港・バスステーション
紫:ホステル
青:観光スポット
緑: 絶景スポット

タウンゲート

コルチュラ・タウンの入口となるタウンゲートは、堂々たる佇まいが印象的な撮影スポットです。

町を取り囲む城壁の一部に築かれた門で、その姿はまるで異世界への入口のよう。

門をくぐった先にあるのは、タイムスリップしたかのようなコルチュラ・タウンの旧市街。

のんびりと散策を楽しみましょう。

聖マルコ教会

コルチュラ・タウンのシンボルが、聖マルコ教会です。

コルチュラ島出身の有名な建築家、マルコ・アンドリイッチ(Marko Andrijić)による鐘楼は、1482年に造られた歴史あるもの。

鐘楼の上には登ることができ(20Kn=¥329)、コルチュラ・タウンの赤い屋根の町並みを一望することができます。

教会の入口のファサードには、アダムとイヴの像があるのですが、これが何とも不思議な恰好をしていることで有名です。

まるで用を足している最中のような、あられもない姿の二人。

どうしてアンドリィッチはあえてこのポーズを選んだのでしょうか。

マルコ・ポーロの生家

コルチュラ島は、マルコ・ポーロが生まれた場所として有名です。

彼が生まれたとされる家が、現在でもコルチュラ・タウンの中央に残っています。
(2020年までリノベーション中のため一部は見学不可)

↑古い教会の裏側に建つ、マルコ・ポーロの生家

「あれ?マルコ・ポーロってイタリア人じゃないの?」
と思ったあなた。正解です。

現在でも、マルコ・ポーロはコルチュラ島出身なのかベネチア出身なのかははっきりしておらず、論争が続いているそう。

↑マルコ・ポーロ像。なんだかイメージと違う…

とはいっても、当時コルチュラ島を含むダルマチア地方(クロアチアのアドリア海沿岸地域)は、ベネチア共和国によって支配されていました。

コルチュラ島的には、「マルコ・ポーロはコルチュラ島で生まれ、その後家族でベネチアに移り住んだ」という主張をしています。

いずれにせよ、マルコ・ポーロがベネチアを拠点として、アジアへと旅をし、その経験を「東方見聞録」という本にまとめたのは周知の事実です。

コルチュラ島の「マルコ・ポーロ頼み感」はすさまじく、マルコ・ポーロの名を冠したミュージアムや数件のお土産屋などが小さな町中に点在しています。

↑全然関係ないレストランまでマルコ・ポーロ推し

海へとのびる路地を散策

コルチュラ・タウンは独特な造りの町。

町の中心を南北に走るメインストリートから、東西に広がる海に向かっていくつもの路地が平行に走っているのです。

どの路地も、石造りの重厚な建物に囲まれていて、そこにあるのはのんびりとした島の時間

風に翻る洗濯物や、暇そうにお喋りするレストランの従業員たち。

お隣の超絶リゾートアイランド・フヴァル島ではお目にかかれない、島本来のゆったりとした雰囲気が感じられます。

海沿いに城壁をぐるっと一周

「リトル・ドブロブニク」とも称されるコルチュラ・タウン。(本当に「リトル」ですが。)

ドブロブニクほど完璧な状態で残ってはいませんが、町を取り囲む城壁沿いを散策してみましょう。

ドブロブニクでは城壁を歩くのは有料、しかも鬼のような高い料金を支払わなければなりませんが、コルチュラ・タウンでは無料で楽しむことができます。

町の東側は、アドリア海を望むレストランのテラス席が並ぶおしゃれな雰囲気。

こんなところで海を見ながら食事ができたら、どんなに幸せなことでしょう。

あいにくのぶよにはそんな予算はないので、雰囲気だけ味わっておきました。

町の西側は、カタマラン(高速船)が発着するコルチュラ・タウン港沿いに城壁が残るエリア。

いくつかの塔や旧市街への入口がそのまま残っており、散策するのがとても楽しいです。

コルチュラ・タウンを一望する絶景スポット

コルチュラ・タウンの独特な町の形を眺めるなら、町の外の高台へと登ってみましょう。

のぶよ的おすすめ絶景ポイントは三つ。

一つ目が、町から高台へと続く階段からの風景

どこか懐かしくなるような坂道と、その先に広がるアドリア海とコルチュラ・タウンの町並みに息を呑みます。

二つ目のおすすめ絶景ポイントが、高台にあるショッピングセンター屋上駐車場からの眺め

半島に造られたコルチュラ・タウンの全景はもちろんのこと、わずか4km先に広がるクロアチア本土側のオレビチの町まで一望することができます。

最後のおすすめ絶景ポイントは、コルチュラ・タウンの西側に広がる港からの絶景

ここからは、半島のようにアドリア海に突き出したコルチュラ・タウンを横から眺めることができます。

聖マルコ教会の鐘楼を中心に石造りの家々が連なり、それらを取り囲むように城壁が張り巡らされているのがよくわかります。

コルチュラ・タウンのホステル情報

コルチュラ・タウンにはいくつかホステルがありますが、中心部に位置するものは結構な値段がします。

今回のぶよが宿泊したのは、コルチュラ・タウンで最安値のホステル。

中心街からは離れていますが、十分徒歩圏内なので、できるだけ宿泊費を押さ抑えたい人にはおすすめですよ。

Dragan’s Den Hostel

→この宿をBooking.comで料金確認・予約する

住所:Ulica 91, 20260, Korčula
料金:70Kn(=¥1153)
部屋:12ベッドドミトリー

・立地:3/10
コルチュラ・タウンの中心街からは2kmほど離れており、かなり歩かなければならないため不便。

近くにはスーパーマーケットがあるのが唯一の救いです。

・アクセス:8/10
看板は小さくしか出ておらず、外観はただの一軒家のよう。

常に鍵は開いており、スタッフがいるので、チェックインはとてもスムーズ

・スタッフ:7/10
オーナーはなんだか変な雰囲気の人。

ボランティアスタッフたちは気さくでいい感じでした。

・清潔さ:6/10

毎日清掃はしているものの、いかんせん建物自体が古いため、ところどころあらが目立ちます。

12ベッドドミトリーは地下にあり、小さな窓しかないため常に薄暗く、地下特有のこもった匂いがしたのはマイナス。

・設備:9/10

キッチンは調理器具がある程度そろっており、自炊するのにも問題ありません。

このホステルの一番のウリであるプールもきちんと清掃されており、とても快適な滞在ができました。

部屋にはエアコンがついているので、暑いコルチュラ島の夏でも快適に眠れると思います。

・wi-fi:7/10
速度、接続ともに問題なく、プールサイドでもつながります。

ただ、地下のまでは伝播は届かないため、宿泊した部屋ではインターネットが使えませんでした。

・雰囲気:7/10

ハイシーズン前だったためか、あまり宿泊客がおらず寂しい雰囲気でした。

とはいっても、ボランティアスタッフと一緒にプールで遊んだり、テラスでワインを飲んだりと楽しく過ごせました。

ハイシーズンなってもっと多くのゲストがいれば、プールサイドでバーベキューをすることもあるそうです。

総合:7.0/10

コルチュラ・タウンから30分ほど歩かなければいけないという立地を除いては、十分快適な滞在ができるホステルです。

コルチュラ島ではおそらく最安値で宿泊できるので、少しぐらい歩いてでも安く宿泊したい人にはお勧め。

のんびりと滞在することができますよ。

→この宿をBooking.comで料金確認・予約する

→Booking.comでコルチュラ島の宿を探す

コルチュラ島へのアクセス

クロアチア本土からコルチュラ島への基本的な交通手段はとなります。

夏場はスプリットやドブロブニクとコルチュラ島を結ぶカタマラン(高速船)が一日数便運行されていて便利です。

反対に、オフシーズンはカタマランの便は激減・運休する場合があるので注意が必要です。

要チェック!コルチュラ島の港

フヴァル島には、以下の合計三つの港があります。

・コルチュラ・タウン(Korčula)
・ドミンチェ(Dominče)
・ヴェラ・ルカ(Vela Luka)

赤線:カタマラン(高速船)路線
青線:カーフェリー路線

三つの港のうち最も便利なのは、コルチュラ島東側に位置する観光の中心、コルチュラ・タウン港です。

島西部のヴェラ・ルカ(Vela Luka)港に到着した場合は、島内路線バスでコルチュラ・タウンへと移動することとなります。

↑ヴェラ・ルカ港で船の到着を待って出発した路線バス

路線バスはフェリーの到着に合わせて運行されているようで、ヴェラ・ルカ – コルチュラ・タウンの片道で45Kn(=¥741)、所要時間1時間ほどです。

コルチュラ・タウンの南にあるドミンチェ港は、対岸のオレビチ(Orebić)との間を結ぶカーフェリー専用の港。

本土から車でコルチュラ島にアクセスする場合は、カーフェリーを利用してドミンチェ港に到着することとなります。

コルチュラ島へは、クロアチア最大のフェリー会社・ヤドロリニア(Jadrolinja)だけでなく、他のフェリー会社の便も多く運行されています。

最新のスケジュール・料金は、各フェリー会社のサイトでご確認を。

ヤドロリニア(Jadrolinja)社

カペタン・ルカ(Kapetan Luka)社

G&V LINE社

スプリットからコルチュラ島へのアクセス

スプリット港からヤドロリニア社、Kapetan Luka社のカタマランが、コルチュラ・タウンまで1日5便運行しています。

所要時間:2時間~2時間半
料金:80Kn(=¥1318)~130Kn(=¥2143)

ヤドロリニア社、Kapetan Luka社のカタマランがフヴァル・タウンを経由して、スプリット港からヴェラ・ルカ港を1日4便運行しています。

所要時間:2時間
料金:70Kn(=¥659)~110Kn(=¥1813)

ドブロブニクからコルチュラ島へのアクセス

ドブロブニク港からヤドロリニア社、Kapetan Luka社、G&V Line社のカタマラン1日4便運行しています。

所要時間:2時間~2時間半
料金:90Kn(=¥1483)~130Kn(=¥2143)

上の情報は7月・8月の場合です。

それ以外の時期は大幅に減便となり、冬季(11月~3月)は運休となるのでご注意を

コルチュラ・ドブロブニク間は1日2往復のバスが運行されています。

カタマランよりも時間はかかるものの、ほんの少し安く移動でき、コルチュラ島午後発の便もあるため、場合によっては選択肢に入れるのもいいかもしれません。

バスはドミンチェ港からカーフェリーに乗って本土側のオレビチを経由してドブロブニクへ向かいます。
カーフェリーの乗船料はバス料金に含まれているのでご安心を。

所要時間:3時間
料金:106Kn(=¥1753) ※荷物代別途10Kn(=¥165)

コルチュラ島とフヴァル島間のアクセス

コルチュラ島とセットで訪れたいという人も多いであろう、アドリア海を代表するリゾートアイランド、フヴァル

観光の中心となるフヴァル・タウンへは、コルチュラ・タウンとヴェラ・ルカのいずれからも船が出ています。

コルチュラ・タウン港からフヴァル・タウン港までヤドロリニア社、Kapetan Luka社のカタマランがが1日4便運行しています。

所要時間:1時間15分
料金:110Kn(=¥1813)

ヴェラ・ルカ港からフヴァル・タウン港までヤドロリニア社のカタマラン1日1便運行しています。

所要時間:55分
料金:40Kn(=¥660)

コルチュラ島とムリェト島間のアクセス

「アドリア海で最も緑に覆われた島」と言われるムリェト島(Mljet)

島の半分が国立公園に指定されているほど豊かな自然が残るムリェト島へ、コルチュラ島からアクセスすることも可能です。

コルチュラ・タウン港からポメナ港(Pomena)までKapetan Luka社のカタマラン1日1便運行しています。

所要時間:30分
料金:90Kn(=¥1483)

コルチュラ・タウン港からポラツェ港(Polace)までG&V社のカタマラン週4便運行しています。

所要時間:45分
料金:50Kn(=¥824)

おわりに

コルチュラ島は、ドブロブニクやスプリットからの日帰り観光客も多く訪れる一大観光地です。

しかしながら、どこかのんびりとした島特有の雰囲気がいたるところに漂っていて、のんびりした気持ちになれます。

物価もクロアチアの他の観光地と比べるとまだまともだと感じました。(それでも高いですが)

ドブロブニクやスプリット、フヴァル島の人混みと喧噪に疲れたら、数日ゆっくり滞在してみるのもおすすめですよ。

この記事に関連したおすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

スロベニア・クロアチアをより詳しく解説したバージョンもあります。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

クロアチアだけでなく、周辺の国々の情報も載っているバージョンもあります。

「詳しい情報が欲しいけど、Lonley Planetはどうも字が多すぎて…」という方におすすめなのが“Eyewitness”
美しい写真がふんだんに使われている、フルカラーのガイドブックです。(英語のみ)

情報はかなり詳しく、写真でその場所のイメージがつかみやすいです。

 

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article