フヴァル島で絶景ハイキング!村巡りorビーチ巡りの2コース【初心者OK】

フヴァル島で絶景ハイキング!村巡りorビーチ巡りの2コース【初心者OK】

こんにちは!クロアチア南部・ダルマチア地方の島々を旅している、世界半周中ののぶよです。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

リゾートアイランドとして名高いフヴァル島。

ゴージャスなレストランや夜通し営業しているナイトクラブやバー、美しいビーチで有名です。

夏場は観光客であふれるフヴァル島の物価はクロアチアで最も高い部類で、観光の中心であるフヴァル・タウンは常に大勢の観光客であふれ返っています。

そんな超絶観光地のフヴァル島でも、ほとんど人がいない島本来の魅力を味わうことができます。
しかも無料で。

それは、ハイキング。

フヴァル島にはいくつかのハイキングコースがあり、路線バスの利用とくみあわせれば、初心者でも気軽にフヴァル島本来の自然の美しさに触れながらハイキングすることができるんです。

今回は、観光客にほとんど知られていないフヴァル島の二つのハイキングコースを紹介します。

・オリーブ畑に囲まれた村を巡るマウンテンコース

・絶景ビーチを巡るシーサイドコース

いずれも難易度は高くありません。

各ハイキングコースへのアクセスや見どころ、アドバイスも載せているので参考にしてください。

Advertisement

オリーブ畑に囲まれた村巡りコース

フヴァル島の内陸部には、昔の趣きを残した石造りの小さな村が点在しています。

オリーブ畑や色とりどりの花に囲まれた山あいの村は、どれもフォトジェニック。

観光客であふれるフヴァル・タウンの喧騒とは別世界の、本来のフヴァル島の雰囲気が感じられるおすすめコースです。

コースのほとんどが下り坂なのでかなり歩きやすく、スニーカーでも問題なくハイキングを楽しむことができます。

コース詳細

出発地:Velo Grablje
到着地:Milna
距離:4.0km
難易度:★☆☆☆☆

フヴァル・タウンからVelo Grabljeまでバスで移動

まずはスタート地点となるVelo Grabljeの村までバスで移動します。

バスは1日1本、12:10フヴァル・タウンのバスステーション発のみです。

Velo Grabljeからフヴァル・タウンに戻るバスはないのでご注意を。

Velo Grabljeではバス停の標識などはありません。
村へと下りていく道路の脇でバスを降りましょう。

所要時間:20分
料金:22Kn(=¥361)

Velo Grablje

山に囲まれたVelo Grablje村は、伝統的な石造りの家々で今でも生活が営まれている村。

山と海に囲まれた小さな村はとても美しいです。

とても静かな雰囲気で、数人の村人とすれ違っただけでした。

Velo Grablje村から次のポイントであるMalo Grabljeまでは、オリーブ畑の間を下っていくコースです。

ちゃんと標識も設置されているので、迷うことはありません。

Velo Grablje〜Malo Grablje

距離:2.1km
所要時間:30分

Malo Grablje

丘の上に建つ廃村がMalo Grablje

かつては人が住んでいたものの、村人全員が海岸沿いのMilnaに移住したため、現在では朽ちていくだけの廃村となっています。

かつてはラベンダーとローズマリーの精油業で栄えたMalo Grablje村では、精油に用いる水をためる貯水池や精油場などの建物がそのまま残されています。

Malo Grabljeから海岸沿いのMilnaまでは、舗装された道路を下っていきます。

途中には、高さ100mを越す切り立った崖が。

ここでロッククライミングをする人もいるというのだから驚きです。

Malo Grablje〜Milna

距離:1.9km
所要時間:25分

Milna

村めぐりコースのゴール地点がMilna

美しいビーチ沿いに開けた村で、観光客用の部屋貸しやレストランが並んでいて活気があります。

ビーチでクールダウンの後は、バス停からフヴァル・タウン行きのバスに乗って宿へ戻ることができます。

次に紹介するシーサイドコースへとハイキングを続けて、フヴァル・タウンに戻ることも可能です。

Milnaからフヴァル・タウンへ戻るバスは、Stari Grad発フヴァル・タウン行きのものとなります。

↑上部右側が、Stari Grad発フヴァル・タウン行きの時刻表

上の時刻表はStari Grad発の時刻なので、15~20分足した時刻がMlina発の時刻だと考えておきましょう。

Advertisement

シーサイドトレッキングコース

フヴァル島といえば、やはり青く輝くアドリア海。

しかしながらフヴァル・タウン周辺のビーチには、ものすごい数の観光客が集まって芋洗い状態になることも多いです。

今回紹介するのは、フヴァル・タウンの東に広がる海岸沿いのハイキングコース。

点在するビーチは全て小規模で、ハイシーズンでも人混みでごった返すことはありません。

頑張って歩いて汗をかいたらビーチでクールダウンするのも最高に気持ちが良いものです。

先に紹介した村めぐりコースに比べると、多少のアップダウンや岩場を歩く場面もあります。

スニーカーで問題なく歩けますが、難易度はほんの少し高めです。

コース詳細

出発地:Milna
到着地:フヴァル・タウン
距離:6.1km
難易度:★★☆☆☆

フヴァル・タウンからMilnaまでバスで移動

↑フヴァル・タウンのバスステーション

フヴァル・タウンを起点にこのコースを歩く場合は、スタート地点であるMilnaまで路線バスで移動することとなります。

バスは1日6本、フヴァル・タウンのバスステーション発です。

↑上部左側がフヴァル・タウン発Stari Grad行きの時刻表

全てStari GradかJelsa行きのバスで、Mlinaのバス停で途中下車することとなります。

所要時間:10分
料金:20Kn(=¥328)

12:10フヴァル・タウン発のバスは、BrusjeやVelo Grabljeなどの内陸部の村を経由してStari Gradへ向かいます。

Milnaなど海岸沿いの町は経由しないので注意。

Milna

リゾート感漂うビーチ沿いの町・Milnaが、シーサイドコースのスタート地点。

Milnaビーチのすぐ西側には、こじんまりとしたMala Milnaビーチがあります。

次のポイントであるMekićevicaまでは、崖の上を歩くコース。

アップダウンも少々ありますが、アドリア海の美しい風景が見られる区間です。

小さなビーチも点在しているので、お気に入りを見つけるのもいいかもしれません。

Milna〜Mekićevica

距離:2.9km
所要時間:40分

Mekićevica

二つの美しいビーチが隣接するMekićevica

のぶよ的に、フヴァル島で最もきれいなビーチだと感じました。

Mekićevicaから次のポイントであるPokonji dolまではアップダウンはなく、海岸沿いを歩いていくだけの簡単なコースです。

Mekićevica〜Pokonji dol

距離:1.2km
所要時間:20分

Pokonji dol

フヴァル・タウンの南側に位置するPokonji dolは、フヴァル・タウンの地元の人がおすすめする美しいビーチです。

町の中心部から徒歩30分ほどでアクセスできるため、多くの人で常ににぎわっています。

ここからフヴァル・タウンまでは、丘を越えていくこともできますが、かなりハードなので、海岸沿いを歩いていくのがおすすめです。

Pokonji dol〜フヴァル・タウン

距離:2.0km
所要時間:25分

Advertisement

フヴァル島ハイキングのアドバイス

ハイキング初心者から中級者まで誰でも楽しめる、今回紹介した二つのハイキングコース。

実際にハイキングする際のアドバイスをまとめました。

二つのコースを組み合わせてのデイハイキングも可能

今回紹介した二つのコースを組み合わせて、合計10kmほどのロングハイキングコースにすることも可能です。

その場合は、12:10フヴァル・タウン発のバスに乗りVelo Grabljeで下車、村巡りコースを経てMilnaからビーチ巡りコースでフヴァル・タウンに戻るのがおすすめです。

Velo Grablje – Milna間はほぼ下り坂になるので体力的にかなり楽です。

Velo Grabljeをゴールにしてしまうと、上り坂になるだけでなく、帰りのバスがないため、現実的ではありません。

水やランチは持参する

村巡りコースの途中には、レストランや商店の類は一切ありません。

ビーチ巡りコースには、ビーチ沿いにバーやレストランがあるものの、どこも料金は高め。

節約したいなら、フヴァル・タウンで食料や飲み物は調達してハイキングに臨むべきです。

マップアプリをダウンロードしておく

Google Mapは、ハイキングコースを網羅しているとは言い難いです。

今回紹介したコースはいずれも標識が設置されていてわかりやすいのですが、いくつか分岐点もあります。

のぶよがハイキングの際に使うのが、Maps.Meというアプリ。

オフラインでも地図の表示や近くのスポットの検索ができるだけではなく、ハイキングコースや自転車コースも詳細に表示されます。

また、ハイキングコースの高低差を表示する機能もあってかなり便利です。

最強の地図アプリ、Maps.Meのダウンロードはこちらから

iPhone用

Android用

サンダルは避ける

ハイキングなので当たり前のことなのですが、サンダルは避けるべきです。

村巡りコースはとても歩きやすく、途中から舗装道路になるのでサンダルでも問題ないかもしれませんが、ビーチ巡りコースは、途中岩場を歩く箇所もあるのでサンダルだと危険です。

おわりに

フヴァル島はクロアチア最大の観光地の一つで、ハイシーズンは多くの人で賑わいます。

リゾート客で溢れる場所から距離をとって島本来の自然を感じたい人にはかなりおすすめの、今回紹介したハイキングコース。

季節を問わずハイキングできますし、なんといってもほとんど人がいないのがポイント。

リゾートアイランド・フヴァル島のもう一つの顔を見られます。

ランチと水着をバックにつめて、出かけてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連したおすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメです。

スロベニア・クロアチアをより詳しく解説したバージョンもあります。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

クロアチアだけでなく、周辺の国々の情報も載っているバージョンもあります。

「詳しい情報が欲しいけど、Lonley Planetはどうも字が多すぎて…」という方におすすめなのが“Eyewitness”
美しい写真がふんだんに使われている、フルカラーのガイドブックです。(英語のみ)

情報はかなり詳しく、写真でその場所のイメージがつかみやすいです。

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article