憧れのアドリア海で泳ぎたい!クロアチアのおすすめビーチBEST12。

憧れのアドリア海で泳ぎたい!クロアチアのおすすめビーチBEST12。

こんにちは!1ヶ月かけてクロアチアを縦断した世界半周中ののぶよです。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

クロアチアと言えば、青く輝くアドリア海。
アドリア海と言えば、ビーチ!

アドリア海沿いに1700km以上の長い海岸線を持つクロアチアには、いたる所にビーチが点在しています。

今回の記事では、のぶよが1ヶ月のクロアチア滞在中に訪れたビーチを、完全なる主観に基づいたランキング形式で紹介します。

有名どころから、ほとんど知られていない穴場ビーチまで、クロアチア各都市とその近郊のアクセスしやすいものが中心です。

詳細なアクセス方法などは、それぞれ別記事で解説しているので、気になるビーチがあれば要チェック!

Advertisement

第12位:バチュヴィツェビーチ / スプリット

水質:★☆☆☆☆
アクセス:★★★★★
設備:★★★★☆
景色:★☆☆☆☆
人の少なさ:★☆☆☆☆

おすすめ度:★☆☆☆☆

スプリット旧市街に最も近い、超有名ビーチであるバチュヴィツェビーチ(Bačvice plaža)

夏場は連日多くの人で賑わい、毎日がお祭り騒ぎです。

日焼け止めが溶け出した海水はお世辞にも綺麗とは言えないものの、そのアクセスの良さと活気がある雰囲気は大きな魅力です。

インフォメーション

ビーチの種類:砂浜
設備:シャワー、更衣室あり
アクセス:スプリット旧市街から徒歩10分

第11位:ペチネビーチ / リエカ

水質:★★★☆☆
アクセス:★★☆☆☆
設備:★☆☆☆☆
景色:★☆☆☆☆
人の少なさ:★★★★☆

おすすめ度:★★☆☆☆

クロアチア第三の都市である港湾都市・リエカ

旧市街の海岸は港となっていてビーチはないものの、少し市街地へ行くだけでこじんまりとしたビーチが点在するエリアにアクセスできます。

あまりビーチリゾートとして有名ではないリエカのビーチには、観光客の数はかなり少なめ。

自分だけのプライベートビーチを見つけるのも難しくありません。

のぶよのおすすめは、ペチネビーチ(Pećine plaža)
切り立った崖の下にある穴場感あふれるビーチです。

インフォメーション

ビーチの種類:小石
設備:シャワー、更衣室なし
アクセス:リエカ旧市街から路線バス1番利用

第10位:バニェビーチ / ドブロブニク

水質:★★★★☆
アクセス:★★★★★
設備:★★☆☆☆
景色:★★★★★
人の少なさ:★☆☆☆☆

おすすめ度:★★★☆☆

「ドブロブニクと言えばこの景色」という、アドリア海に突き出した旧市街の絶景が見られるのがバニェビーチ(Banje plaža)

ドブロブニク旧市街すぐそばに位置するロケーションの良さと、世界遺産の旧市街を望みながら泳げる超有名ビーチです。

夏場のハイシーズンはとにかく混み合い、芋洗い状態となるバニェビーチ。

ゆっくりと海水浴を楽しむのには向いていません。

インフォメーション

ビーチの種類:砂浜
設備:シャワー、更衣室なし
アクセス:ドブロブニク旧市街から徒歩5分

第9位:カシュニビーチ / スプリット

水質:★★☆☆☆
アクセス:★★★☆☆
設備:★★☆☆☆
景色:★★★★☆
人の少なさ:★★☆☆☆

おすすめ度:★★★☆☆

スプリット市内で最も美しいと言われるカシュニビーチ(Kašjuni plaža)は、スプリット中心街の喧騒とは無縁の世界。

クロアチア第二の都市にいるとは思えないほど、豊かな自然と静かな雰囲気が魅力のビーチです。

ビーチまでは市内路線バスで簡単にアクセスできますが、スプリットの絶景を望めるハイキングコースをたどっていくのもおすすめですよ。

インフォメーション

ビーチの種類:小石
設備:シャワー、更衣室なし
アクセス:スプリット旧市街から路線バス12番で10分

Advertisement

第8位:ポコニィ・ドルビーチ/ フヴァル島

水質:★★★★★
アクセス:★★★☆☆
設備:★★☆☆☆
景色:★★★★★
人の少なさ:★☆☆☆☆

おすすめ度:★★★★☆

アドリア海に浮かぶリゾートアイランド・フヴァル島のポコニィ・ドルビーチ(Pokonji dol plaža)は、観光の中心となるフヴァル・タウンからも徒歩でアクセスできる立地が魅力的。

水質は驚くほどきれいで、どこまでも透き通って見えるほど。

夏場になると大勢のリゾート客がやって来て混み合うのがマイナスポイントです。

インフォメーション

ビーチの種類:小石
設備:シャワーなし、更衣室あり
アクセス:フヴァル・タウンから徒歩20分

第7位:バニビーチ / シベニク

水質:★★☆☆☆
アクセス:★★★★★
設備:★★★★☆
景色:★★★★★
人の少なさ:★★★★☆

おすすめ度:★★★★☆

のぶよがクロアチアで一番気に入った町・シベニクにあるバニビーチ(Banj plaža)は、シベニク旧市街の美しい街並みを眺められる場所。

水質は他のビーチに比べてやや劣るものの、その風景は感動もの。

夕日の名所でもあり、美しい景色を眺めながらのんびりした一日が過ごせます。

インフォメーション

ビーチの種類:小石
設備:シャワー、更衣室あり
アクセス:シベニク旧市街から徒歩10分

第6位:マラ・ラドゥチャビーチ / プリモシュテン

水質:★★★★★
アクセス:★★★★☆
設備:★★☆☆☆
景色:★★★★★
人の少なさ:★★★☆☆

おすすめ度:★★★★☆

日本人の間では全く知られていないプリモシュテンは、なぜかドイツ人に大人気の小さな町。

いたるところにビーチがあり、どこも素晴らしい水質を誇ります。

代表的なのがマラ・ラドゥチャビーチ(Mala Raduća plaža)ですが、それ以外にも町のいたるところにビーチがあり、プライベート感たっぷりです。

英語版「地球の歩き方」とも言えるロンリープラネットのクロアチア編の表紙にもなったほど美しい町の風景は、きっと心に残るはずです。

インフォメーション

ビーチの種類:小石
設備:シャワー、更衣室なし
アクセス:プリモシュテン旧市街すぐそば

第5位:ムリニビーチ / マリンコヴァツ島

水質:★★★★★
アクセス:★★☆☆☆
設備:★★☆☆☆
景色:★★★★★
人の少なさ:★★★★☆

おすすめ度:★★★★☆

フヴァル島から水上タクシーで20分ほど。

既に離島であるフヴァル島のさらに離島である、パクレニ諸島のマリンコヴァツ島(Marinkovac)には、落ち着いた雰囲気のムリニビーチ(Mlini plaža)があります。

大きな音楽をかけたり、騒いだりすることが禁止されているムリニビーチは、落ち着いた「大人の離島ビーチ」の雰囲気。

水上タクシーでしかアクセスできない点も、リゾート感を演出してくれます。

インフォメーション

ビーチの種類:小石
設備:シャワー、更衣室なし
アクセス:フヴァル・タウンから水上タクシーで20分、港から徒歩5分

Advertisement

第4位:Korčulaコルチュラ・タウンのビーチ / コルチュラ島

水質:★★★★★
アクセス:★★★★★
設備:★☆☆☆☆
景色:★★★★★
人の少なさ:★★★☆☆

おすすめ度:★★★★☆

ドブロブニクから日帰りも可能なコルチュラ島。

観光の中心となるコルチュラ・タウンは、「リトル・ドブロブニク」とも称される美しい町並みが魅力的な町。

いたるところにビーチがあり、どこもそんなに混雑していないのコルチュラ・タウンですが、美しい町並みを望みながらの海水浴におすすめなのが、町の西側の港沿いの小さなビーチ。

水質はとにかくきれいのひとことで、絶景を眺めながら大満足のビーチデイが過ごせます。

インフォメーション

ビーチの種類:小石
設備:シャワー、更衣室なし
アクセス:コルチュラ・タウンから徒歩3分

第3位:トゥルステニツァビーチ / オレビチ

水質:★★★★★
アクセス:★★☆☆☆
設備:★★★☆☆
景色:★★★★★
人の少なさ:★★★☆☆

おすすめ度:★★★★★

ほとんど知名度がないオレビチ(Orebić)の町は、ドブロブニク、コルチュラ・タウンの両方から日帰りで訪れることができるおすすめのデイトリップ先です。

オレビチの町には、クロアチアでは珍しい砂浜のビーチがあり、それがトゥルステニツァビーチ(Trstenica plaža)です。

とにかく美しい水の色が特徴の遠浅のビーチは、まるで楽園のよう。

夏場は多すぎる観光客で賑わうダルマチア地方(クロアチア南部のアドリア海沿岸)のビーチですが、オレビチにやって来るのはほとんどがクロアチア人。

周辺の観光地に比べると、物価も少し安めなので、格安で名物のシーフードやワインを楽しむこともできます。

インフォメーション

ビーチの種類:小石&砂浜
設備:シャワー、更衣室あり
アクセス:オレビチ港から徒歩15分

第2位:クラリチナビーチ / ニン

水質:★★★★☆
アクセス:★★☆☆☆
設備:★☆☆☆☆
景色:★★★★☆
人の少なさ:★★★★☆

おすすめ度:★★★★★

ザダルから気軽にデイトリップで訪れることができるニンの町には、クロアチアではかなり珍しい砂浜のビーチであるクラリチナビーチ(Kraljičina plaža)が広がっています。

ビーチへと続く木製の橋がとても印象的なクラリチナビーチ。
満潮時には、この橋の下は海水で満たされるそうで、さらに美しい風景が見られることでしょう。

水質もかなり良い遠浅のビーチに集まるのは、ほとんどが地元の家族連れです。

ほとんど知名度がないニンの町。
観光客の姿は稀で、静かでリラックスした時間が過ごせること間違いありません。

インフォメーション

ビーチの種類:砂浜
設備:シャワー、更衣室なし
アクセス:ザダルから路線バス利用。ニンのバス停から徒歩20分。

第1位:ロビンソンビーチ / フヴァル島

水質:★★★★★
アクセス:★☆☆☆☆
設備:★★☆☆☆
景色:★★★★★
人の少なさ:★★★★★

おすすめ度:★★★★★

堂々の第一位に輝いたのは、フヴァル島にあるロビンソンビーチ(Robinson plaža)

人の少なさ、水質、景色、どこを取ってもナンバーワンです。

フヴァル・タウンから離れていることもあって、ほとんど人がいないビーチはとても静か。
町から海岸沿いをハイキングしてきた人だけが味わえる、極上のビーチです。

ロビンソンビーチを通るシーサイドハイキングコースと合わせて、フヴァル島に来たら是非訪れてほしい場所です。

インフォメーション

ビーチの種類:小石
設備:シャワー、更衣室なし
アクセス:フヴァル・タウンから徒歩40分

Advertisement

おわりに

今回の記事で紹介したビーチの一覧がこちら。(地図内の番号は、ランキングの順位に対応しています)

クロアチアに来てアドリア海で泳がずに帰るなんてナンセンス。

海水は比較的温かく、大きな町からもアクセスしやすいビーチが多いので、ビーチサイドでのんびりと過ごす一日をクロアチア旅行の行程に組み込んでみてはいかがでしょうか。

この記事に関連したおすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメです。

スロベニア・クロアチアをより詳しく解説したバージョンもあります。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

クロアチアだけでなく、周辺の国々の情報も載っているバージョンもあります。

「詳しい情報が欲しいけど、Lonley Planetはどうも字が多すぎて…」という方におすすめなのが“Eyewitness”
美しい写真がふんだんに使われている、フルカラーのガイドブックです。(英語のみ)

情報はかなり詳しく、写真でその場所のイメージがつかみやすいです。

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article