知らなきゃ大変なコソボの出入国ルート。アルバニアからの国境越えレポート

知らなきゃ大変なコソボの出入国ルート。アルバニアからの国境越えレポート

こんにちは!アルバニアに一ヶ月滞在した、世界半周中ののぶよ(@taisuke5696)です。
(世界半周についてはこちらの記事へどうぞ。)

居心地が良いアルバニアにも別れを告げて、いよいよ次の国へと向かう日がやってきました。

目指すは、コソボ

2008年に独立した、「ヨーロッパで一番若い国」であるコソボに付きまとうのは、紛争や民族対立などネガティブなイメージがほとんどでしょう。

観光地としては全く持って知名度がないコソボですが、すでに訪れた旅行者によると、「のんびりしていて良い国だった」とのこと。

紛争の記憶は依然として残ってはいるものの、現在では旅行者が問題なく訪れることのできる国となっています。

しかし、コソボへの出入国に関しては、他のヨーロッパ諸国間のように一筋縄でいくものではありません。

今回の記事では、コソボの出入国を考える前に絶対に知っておかなければならない出入国ルートの解説と、実際にアルバニア~コソボ間を国境越えした様子をお伝えします。

果たして、問題なく入国することができるのでしょうか。

Advertisement

コソボへの出入国ルートは四つだけ。

セルビア、モンテネグロ、アルバニア、マケドニアの四か国と国境を接する内陸国・コソボ。

したがって、陸路での出入国ルートはいずれかの国とのものに限られてきます。

ここでは、コソボの周辺四か国からの主な出入国ルートについて解説します。

1.マケドニア〜コソボ間の国境越え

最も安く、速く、便利に国境越えできるのが、マケドニアの首都・スコピエ〜コソボの首都・プリズレン間。

両都市は鉄道、バスで結ばれており、いずれも本数は十分。

所要時間も2時間ほどと、気軽に移動することができます。

鉄道

所要時間:2時間
料金:€3(=¥360)

バス

所要時間:2時間
料金:€5.50(=¥647)

2.アルバニア〜コソボ間の国境越え

同一民族で仲良しこよしのアルバニア〜コソボ間も、比較的簡単に国境越えができるルートです。

アルバニアの港湾都市・デュラスからティラナを経由してコソボに入国し、その後は古都・プリズレンを経由して首都・プリシュティナへ向かうバスが多く出ています。

所要時間:4時間〜
料金:€10~(=¥1200)

3.モンテネグロ〜コソボ間の国境越え

少し不便なものの国境越えが可能なのが、モンテネグロのウルツィニ〜ポドゴリツァ〜ぺヤ〜プリシュティナの国際バス。

本数が少なく料金は少々高めですが、どうしてもこのルートで移動したい場合は利用価値があります。

所要時間:7時間半~
料金:€17~(=¥2040)

4.セルビア〜コソボ間の国境越え

地理的には隣同士なものの、心の距離はものすごく遠いのがセルビアとコソボ

そもそもセルビアはコソボの独立を認めておらず、あくまでも自国の領土内という扱いなので、国境も何もありません。
(とはいっても「検問」という名の実質出入国審査はある)

セルビアの首都・ベオグラードからセルビア南西部のノヴィ・サドや南部のニシュを経由し、コソボのプリシュティナに至るバスが運行されています。

所要時間:6時間~
料金:€15~(=¥1800)

セルビアとコソボの国境地帯には、外務省からの注意喚起が出ています。

セルビアの過激派やコソボの過激派がゲリラ的にバスを襲撃するという事件が起こったこともあるので、このルートでの国境越えには注意が必要です。

また、コソボやセルビアでの政治状況によって、外国人の国境越えが不可能になる可能性も考えられます。

現地で最新情報の入手を心がけましょう。

コソボ入国前にはプランニングをしっかりと!

基本的にプランニングをしないのぶよ。
というかプランニングしてもその通りに行動できないタイプです(笑)

それでも、コソボ入国に関しては、どこの国から入ってどこの国へ抜けるのか絶対に計画しましょう

というのも、コソボへ入国したことで、国境を越えて出国できない場合があるためです。

コソボからの出国に問題がない場合

あらゆる国からコソボに入国し、セルビア以外の第三国(モンテネグロ、アルバニア、マケドニア)へ抜ける場合は何の問題もありません

モンテネグロ→コソボ→アルバニア
マケドニア→コソボ→マケドニア
セルビア→コソボ→アルバニア

などいろいろなルートが考えられるものの、いずれも問題なしに出入国可能です。

コソボから出国できない場合

コソボからの出国時に問題となるのが、セルビア以外の第三国(モンテネグロ、アルバニア、マケドニア)からコソボに入国し、セルビアへ出国しようとする場合

この場合は問題になるどころではなく、セルビアに入国できません

というのも、コソボを自国の領土とみなしているセルビア。
第三国からコソボへ入国してコソボの入国の記録が残っていても、セルビアへ入国した記録は残りません。

つまり、セルビア的には「入国の記録がないのに、自国の領土(コソボ)に不法に入国している」とみなされるわけです。

ただし、セルビアからコソボへ入国し、再びセルビアへと出国する場合は問題ありません

あくまでもコソボ(自国の領土)へ行っただけとみなされるためです。

まあ、わざわざセルビア滞在中にコソボに往復する意味もあまりないので、セルビアの旅行とは切り離してコソボへ訪れるのがいいでしょう。

コソボ入国後、第三国経由の後のセルビア入国

旅行者の間でよく囁かれているのが、

「コソボに入国して第三国に出国した後でセルビアに入国はできない」
「アルバニア入国の記録があるとセルビアに入国はできない」

といったもの。

結論から言うと、これらは全てただの噂です。
普通に入国できるそうです。

ただ、コソボやアルバニアはセルビアとは犬猿の仲。
セルビア入国時にもの凄く嫌な顔をされたり、なぜか一人だけバスから降ろされて質問責めにあったなんて旅行者がいたのも事実です。

リスクを負いたくないなら、先にセルビアの観光を済ませてから、コソボやアルバニアに入国するのがいいでしょう。

まあ、たとえアルバニアやコソボに先に入国していても、99%問題なくセルビアに入国できるでしょうが。

実際にコソボへ行ってみた!出入国レポート

というわけで、出入国ルートには少し注意が必要なコソボ。

のぶよはアルバニアの首都・ティラナからコソボの古都・プリズレンへと向かいました。

果たして国境越えはスムーズにいくのでしょうか。

ティラナのインターナショナルバスステーションへ

ティラナのインターナショナルバスステーションからは、2時間に1本の割合でコソボの首都・プリシュティナ方面へのバスが出ています。

プリズレンはプリシュティナの手前にあたるので、途中下車する形になります。

チケット代は、ユーロだと€10(=¥1184)、レクだと1300Lek(=¥1300)と、ユーロ払いの方がお得。

他のバルカン諸国では、現金払いの荷物代がチケット代と別途かかり、乗車前にその国の通貨を使いきってしまうのが難しいのですが、アルバニアでは荷物代システムはほぼ存在しません

なので、チケット購入後は余ったレク(アルバニアの通貨)を全て使い切ってしまって問題ありません。

時間通りに到着したバスは、アルバニアではなかなか見られないような大型バス。

冷房も完備でなかなか快適です。
もしかしてコソボ、アルバニアより発展してる?

ティラナを出発したバスは、新しく作られた高速道路をスイスイと入っていきます。

出発して1時間ほどで、乗務員がチケットの回収とパスポートのチェックにやってきます。

全員のIDカードやパスポートの情報をリストに記載していきます。

ティラナの周辺は渋滞がひどく、3時間半ほどかかった道のり。
いよいよコソボとの国境に到着します。

アルバニア〜コソボ間出入国審査(20分)

ようやく到着したアルバニア側の出国審査場。

モンテネグロからアルバニアへの入国時は、もはや入国審査が存在しなかったアルバニアですが、出国時はちゃんと出国審査所があります。

そして、係員がバスに乗車してきて、乗客全員分のパスポートを集めていきます。

そして今度はコソボ側の係員がやってきて、バスの周りを点検しはじめます。

とはいってもかなり雑な点検で、荷物が入ったトランクをざっと見ただけで、一つ一つの荷物検査は行われませんでした。

20分ほど待たされて、急に出発するバス。

数10m先にはコソボ側の入国ゲートがあるのですが、まさかのスルー

そう、アルバニアの出国審査とコソボの入国審査は一度に行われるのです。

まさにモンテネグロ〜アルバニア間と同じシステム。

だからコソボの係員がバスを点検していたんですね。

他の国でも導入したら便利なシステムなんでしょうが、二国間の関係性や税関システムからなかなかそうもいかないのでしょう。

アルバニアの出国スタンプは押されず、コソボの入国スタンプのみでコソボ入国です。

プリズレンに到着!しかし…

国境を通過したバスが走ること15分ほど。
プリズレン近郊の、高速道路を降りたところにある駐車スペースにバスが停車します。

プリズレンのバスステーションまではまだ5km以上ある場所だったので、ここで人を降ろした後にプリズレンの中心街まで向かうものだと思っていたのぶよ。

しかし、バスの乗務員は
「プリズレン!降りろ!」と言ってきます。

頭の中は?マークでいっぱいだったのですが、とりあえずバスを降りて荷物を引き取ります。

そこで待ち受けていたのは一台のタクシー。

バスの乗務員は、このタクシーでプリズレンの中心街まで行くように言ってきます。

いや、のぶよユーロ持ってないし、ここはATMすらない駐車スペース。
タクシーに乗っても払うお金がないんですが。

そんなのお構いなしに、乗務員は「ノー マネー!」と言いながらとにかくタクシーに乗るように言うと、そのままバスに乗り込んで去っていきました。

頭の中は??マーク。
もちろんその場にいる誰にも英語なんて通じません。

しかし、この何もない駐車場にいても仕方がないので、他に降りた数人の乗客とともにとりあえずタクシーに乗り込みます。

タクシーの車内では、何かのぼったくりじゃないかと疑心暗鬼。
のぶよともう一人のベルギー人の他の乗客は皆アルバニア人で、どんどん途中で降りていきます。

最終的に車内に残ったのは外国人二人だけ。
正直、絶対法外な値段を請求されると踏んでいました。

しかしユーロを持っていないので、どうしようもありません。

30分ほどプリズレンの郊外をまわって乗客を降ろしたタクシーは、ようやくプリズレン中心街のバスステーションに到着します。

そこで運転手が一言。

「うぇるかむ とぅー こそぼ!」(満面の笑み)

そして彼は1ユーロも請求することなく、タクシーで颯爽と去っていきました。

のぶよも、一緒にいたベルギー人も、???だったのですが、とにかく、そういうものらしいです(笑)

おそらく、プリズレンの中心街まで大型バスで行くと遠回りになり、かなりの時間がかかってしまうため、プリズレンで降りる乗客が中心街へと向かう用のシャトル的なサービスなのではないかと思います。

全てのバス会社が同じシステムを実施しているのかどうかはわかりませんが、とにかくアルバニアからコソボへ国境を越えてプリズレンへと行く場合は、そういうこともあり得ると念頭に置いておきましょう。

おわりに

渋滞にはまったこともあり、ティラナを出発してプリズレンに到着しるまでの時間は5時間ほど

首都のプリシュティナまで行くなら、+1時間多くかかります。

プリシュティナではちゃんとバスステーションに到着するそうなので問題はありませんが、プリズレンで下車する場合は少々トリッキーなので注意してください。


この記事に関連したおすすめ書籍

旅人マストの一冊、「地球の歩き方」
写真が多く、訪れる場所のイメージがわきやすいです。安心して旅行したい人にオススメ。

英語ができるなら、“Lonley Planet”は世界最強の旅人のバイブル。
とにかく情報量が半端じゃありません。人と違う場所へ行ってみたい人は是非!

Ça voir! - さぼわーる- の最新情報を受け取る

Ça voir! - さぼわーる -をフォローして最新情報を受け取ろう!
           

Category New Article